PAGE TOP

先生紹介 先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース

2016年4月6日4:44 PM カテゴリー:不眠症,症例

不眠症への鍼灸治療:患者さまの感想「すっかり良くなり、よく眠れるようになりました。」

 

ストレス社会といわれる現在、不眠症は年々増加しています。

厚生労働省の疫学調査で、5人に1人が、慢性の不眠症ということが推定されています。

大阪 心斎橋の鍼灸院 天空にも何らかの形で不眠症を訴えられ通院される方が、増えてきています。

不眠症は、不眠だけで止まらず、肩こり・腰痛や胃腸症状などのさまざまな症状を引き起こします。

また、糖尿病、認知症を悪化させることも知られており、体温、血圧、呼吸数に次ぐ、生命に関する重要な指標と、考えられようになってきています。

今回は、強いストレスから不眠症になり、自律神経失調を引き起こされた患者さまが、鍼灸治療で改善されたケースを、ご紹介します。

 

○今までの経過

・以前より、右の腰の痛みがあった

・2か月ほど前に、当時、付き合っていた男性と別れ、肩こりを感じだした

・しばらくしたら治るかと思っていたが、不眠になった

・心療内科で入眠導入剤と抗不安薬を処方され、服薬している

・入眠導入剤は必要な時だけ服用している

・抗不安薬は副作用が出たので、飲んでいない

・以前より、明日の仕事が大変と思った時は、睡眠薬を飲んでいた

・別れた後、数日間はショックで微熱があった

・食欲もなかったが、今は戻った

・喉が乾燥する

・頭がボーとし、歩いている時にふらつくことがある

・できるだけ歩くようにしている、スポーツクラブにも通っている

・最近は、入眠障害があり、熟睡感がない、中途覚醒もある

・神経質なところがある

・鍼治療は初めてなので、少し不安感と緊張感がある

 

初診時は、気持ち的には、前向きになろうとしているの感じられ、上手くいきそうな印象でした。

不眠に対する不安が強く、このままならどうしようと悩んでおられました。

 

不眠症への鍼灸治療と施術後の状態について

 

初回の鍼治療

肩こりと腰痛を訴えておられましたので、まず、うつぶせの状態で、肩・首と腰のツボ、左右合計で14か所に鍼を刺し、15分ほど、そのままの状態でいてもらいました。

使用した鍼は、直径0.18ミリ、長さ40ミリです。鍼を刺した深さは約5ミリと浅めでした。

鍼治療が初めてということもありましたが、肩・首を触りますとこり感がなく、逆に力がない感じだったからです。

ストレスから肩こり、不眠症へと進行していますので、筋肉の問題というより、交感神経が興奮し、筋肉のコリ感をつくったようです。

このような場合は、鍼を深く刺したり、強い刺激を与えますと、逆に悪化します。

ごく軽い刺激で治療することがポイントになります。

その後、すべての鍼を抜き、特に力がない処に、鍼を刺し、力が充実するようにしました。

次に、仰向けの状態で、不眠を解消するツボや呼吸をしっかりとできるツボを6か所選択し、鍼を刺し、20分ほど、そのまま、寝てもらいました。

使用した鍼は、直径0.16ミリ、長さ15ミリです。

鍼を刺した後に、交感神経の興奮を抑えるように工夫しました。

鍼治療の後は、呼吸が深くなった感じで、肩こり・腰痛も感じなく、身体がしっかりしてきたとありました。

 

2回目の鍼治療

脳に何かあるのではと、不安だったので、脳MRIを撮ったが、血管性の異常はないと診断された。

不眠は徐々に改善されてきているとのことでした。腰痛はすっかり良くなったようです。

鍼治療は、初回とほぼ同じですが、元気が出るツボを加えました。

鍼治療後は、こり感もなく、いい感じとのことでした。

 

3回目の鍼治療

睡眠の質が良くなり、中途覚醒がなくなった、熟睡感はもう少しという感じとありました。

鍼治療は、初回とほぼ同じですが、呼吸の働きを助けるツボを新たに加えました。

 

4回目の鍼治療

前回の鍼治療の後、忙しい日が続き、不眠が悪化し、やる気が出ないとありました。

うつぶせの状態で、やる気が出るツボや気力が増すツボを加えました。

また、力が充実するよな工夫をしました。

仰向けの状態では、からだ全体にエネルギーを行き渡せるツボを加え、十分に行き渡るよう工夫を加えました。

 

5回目の鍼治療

前回の鍼治療の後、睡眠が完全に安定化し、中途覚醒もなく、熟睡感があり、毎日、生き生きと生活できるとありました。

鍼治療は、4回目と同じです。

鍼治療の後、からだ全体に気力が漲っている感じとありました。

先週、1週間、睡眠の質が改善されていたので、今回で一旦、終了としました。

 

施術者の感想

今回の症例では、5回の鍼治療で不眠症が改善されています。

これは早く治ったケースといえます。

理由としましては、以下のようなことが考えられます。

・患者さまが、「治す」ことに意欲的であった

・不眠症になってから2か月と、あまり時間が経過していなかった

・ショックの後、肩こり感という、心の状態より筋肉の問題が生じた

・鍼刺激に対して身体の反応が良かった

・肩こり・腰痛などの身体の症状が、早く改善し、そのことにより、「負のスパイラル」が断ち切られ、精神的に安定した

 

今回のケースのように、患者さまご自身が「治す」ことに、前向きであることは大切です。

例えば、うつ病などでも、「現在の環境が変化しない限り治らない」と思い込みながら治療を受けるのと、「早く職場復帰して活動したい」と思いながら治療受けるのでは、後者の患者さまの方が、やはり、早く治っていきます。

これは、鍼治療には、前向き感を出す物質を放出させる働きがありますが、この時に、ご自身に前向き感があれば、その作用は強くなります。

逆に否定的であればバイアスがかかり、放出量が少なくなったり、分泌されるまでに時間がかかったりするからです。

不眠症に限らず、自律神経失調症や抑うつ症、うつ病などでは、肩こり・腰痛などの身体の症状を伴う場合、鍼治療はより効果的なる傾向にあるようです。

これらの「心の病」は、気持ちの問題でなく、身体の症状を伴うことが多くあります。

気持ちの落ち込みと身体の痛みなどの症状を伴うことにより、不快な刺激が持続的に続きます。

身体の症状により落ち込み、その落ち込みにより、また、身体の症状がひどくなるという、「負のスパイラル」が形成されます。

この負のスパイラルが、不眠症、うつ病などを治りにくくしています。

このような病気には、負のスパイラルをどこかで断ち切ることが、大切になります。

あなたもよくご存じのように、鍼治療は肩こり・腰痛などの身体の症状に効果的です。

鍼治療により、これらの症状が改善されますと、負のスパイラルをそこから断ち切ることになります。

実際、肩こり・腰痛を取り除くだけで、自律神経失調症や不眠症、抑うつ症が改善することもあります。

今回の症例でも、初めの2回の鍼治療により、肩こり・腰痛が改善されており、そこから不眠症状も良くなっていっています。

ただ、ご本にも仰っていたように、不眠の原因が「失恋というショック」、また、神経質であり、仕事も忙しくなり、気力が不足していました。

「ショック」が強かったり、神経質なタイプの方は、呼吸が浅くなりがちです。

呼吸が浅くなりますと、残気量が多くなり、酸素と二酸化炭素のガス交換がうまくいきません。

それにより身体の隅々へ酸素が十分に行き渡らなくなり、筋肉の働きや脳の働きが低下します。

このなんとなく「重だるい感じ」がやる気不足や気力の不足につながります。

また、ガス交換が不十分なため、身体が真から休めずに、熟睡感の不足にもつながります。

3回目の鍼治療時に、呼吸の働きを助ける治療を加えたのは、このことによります。

また、元気が出る鍼治療も加えています。

これらのことにより、比較的早く、不眠症が改善したと考えられます。

今回の症例のように、鍼治療には症状を改善するだけでなく、前向き感を出すこともできます。

この前向き感を引き出すことができることにより、不眠症や自律神経失調症、うつ病などの改善が、期待できるわけです。

 

 

東洋医学からの視点

「素問」や「霊枢」という古代の医学書にも、不眠に対する鍼灸治療が記載されています。

そこにはさまざまな種類の不眠症が書かれています。

現代人は、ストレスフルな社会に生き、徐々に睡眠時間が短くなり、不眠症が増えていますが、決して現代病ではなく、古くから不眠に悩まされる方は、多かったことがそこから分かります。

今回の患者さまの場合は、もともと神経質で、仕事も忙しく、プライベートでもかなり、活発に過ごされていたようです。

このタイプの方は、頑張れるときは、行きつくところまで行ってしまいがちです。

ただ、持っているエネルギー量は少ないです。

車に例えますと、「軽自動車」タイプです。

この「軽自動車」で、時速100キロ以上を出し、1000キロを走るというようなことを日常的にしてしまうタイプです。

そのため、結構、仕事はできるのですが、続かず、燃え尽きやすい傾向にあります。

このような症状を古典医学では、「肝血虚」と呼んでいます。

肝臓には血液をどこにどれだけ送るかの働きがあります。

これを肝臓のプルーリング作用と呼んでいます。

古典医学では、肝は「対ストレス臓器」とされています。

肝が働くことにより、仕事や勉強に励むことができるとしています。

今回の症例では、失恋のショック、繁忙などに対応しようと頑張ったため、肝が興奮し、血液を消耗したしたために起きたと、古典医学では考えます。

そのため、脳や筋肉の十分に血液を送り込むことができず、不眠や肩こりなどの症状を引き起こしたわけです。

血液は水分ですので、それが不足しますと、体内での乾燥が激しくなり、熱が作られます。

この「熱」を古典医学では、「虚熱」と呼んでいます。

失恋後の数日間の微熱は、この虚熱が引き起こしたものです。

喉の乾燥も、同様です。

風邪の時の発熱で食欲がなくなるのと同じように、この虚熱でも食欲不振となることがあります。

このように、今回の患者さまの状態を、「肝血虚」という一つの症候に絞り込むことができますと、治療方針も立てやすく、改善も早くなります。

また、今回の患者さまは、早い段階で鍼灸治療を受けに来られましたので、あまり症状も重くなく、早く改善することができました。

早めの治療が症状を早く解消することは、西洋医学でも東洋医学でも、同じです。

 

 

 

 

 

 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2017/11/10
不眠に悩む現代日本人:症例
2017/11/9
【多嚢胞性卵巣症候群 人工授精と鍼灸の併用の症例 30代女性】
2017/8/23
機能性不妊 鍼灸のみで妊娠した30代女性の症例
2017/8/3
【めまいと頭痛、肩こり・腰痛】大阪府在住、60代女性、鍼灸治療の例
2017/1/2
【線維筋痛症】大阪府、40代、女性、鍼灸治療のケース
2016/12/22
【多嚢胞性卵巣症候群による不妊症】大阪市在住 20代後半女性のケース
2016/4/6
【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース
2015/11/4
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2015/8/13
【再燃性うつ病】 大阪市、40代、男性、鍼灸治療のケース
2015/1/11
【慢性広範囲疼痛症候群】大阪市在住、20代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。