PAGE TOP

先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

男性の約4倍!女性に多い片頭痛の特徴とは?

2013年4月13日8:13 AM カテゴリー:片頭痛

成人の約1割が、片頭痛持ちと推定されています。
女性に関しては、男性よりも多い病気でその差は約4倍ともされています。

片頭痛の起こり方には特徴があります。

1.少ない場合は、年に数回程度
2.普通は、月に1~2回程度
3.多い場合は、週に2~3回程度

この3タイプに分けられ、ほとんどが、発作的に起こります。
痛む場所も比較的はっきりしています。
多くは、頭の片側のこめかみから、目のあたりに起きます。
激しい場合は、頭全体が痛くなることもあります。
ただ、最近は、このような典型的な痛み方以外の、痛み方も増えてきています。


緊張型頭痛にも似た片頭痛の痛み方とは?

片頭痛発作の状態にも、特徴があります。

―片頭痛の痛みの状態―

1.痛みは数時間から3日間ほど続く
2.ズキン、ズキン、やガン、ガンと拍動するように痛む
3.痛みが強くなると拍動感がなくなり、持続的に痛む
4.吐き気をもよおすことがる
5.からだを動かすと痛みがひどくなる
6.音や光に敏感になる文字色 

片頭痛には、別の大きな特徴もあります。

―急激に痛くなる片頭痛の痛みの特徴―

1.頭痛発作時は、日常生活や仕事ができないほど痛くて辛い
2.痛みが治まると、全く普段と変わらない状態になる

このため、痛みのないときは、放っておき、痛くなると市販の痛み止めを飲み、対応する方が多くあります。
しかし、これが、混合型頭痛へと変化していく理由の一つでもあります。

混合型頭痛は近年増えつつある症状となります。
そうならないためにも早期の治療を行っていきましょう。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2017/8/23
機能性不妊 鍼灸のみで妊娠した30代女性の症例
2017/8/3
【めまいと頭痛、肩こり・腰痛】大阪府在住、60代女性、鍼灸治療の例
2017/1/2
【線維筋痛症】大阪府、40代、女性、鍼灸治療のケース
2016/12/22
【多嚢胞性卵巣症候群による不妊症】大阪市在住 20代後半女性のケース
2016/4/6
【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース
2015/11/4
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2015/8/13
【再燃性うつ病】 大阪市、40代、男性、鍼灸治療のケース
2015/1/11
【慢性広範囲疼痛症候群】大阪市在住、20代男性、鍼灸治療のケース
2014/11/19
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2014/2/7
【花粉症】兵庫県在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。