PAGE TOP

先生紹介 先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

【花粉症】兵庫県在住、30代男性、鍼灸治療のケース

2014年2月7日10:08 PM カテゴリー:症例,花粉症

花粉症へ鍼灸治療:患者様の感想「夜の鼻づまりがほとんどなくなりました!」

・今までの経過
ある日、突然、くしゃみが止まらず、鼻水もたれだした。

初めは、花粉に時期だけだったが、徐々に1年中、鼻炎になった。

目のかゆみもひどく、目薬を月に2つも使う。

薄い鼻水が止まらず、仕事がはかどらない。

夜寝る前に、鼻づまりになり、なかなか寝付けない。
来院当日は目のかゆみがひどく、目が充血していました。

またくしゃみを繰り返し、鼻水も出ていました。

仕事がはかどらないので、ストレスを感じているようでした。なにより鼻をかみすぎて、鼻腔が少し切れていました。

花粉症への鍼灸治療と施術後の状態について

初回の鍼治療

手や足のツボから4ヶ所を選択し、直径0.16ミリ、長さ15ミリの鍼を刺し、「気(エネルギー)の調整をし、そのまま、約30分間、寝てもらいました。

途中、「気」の具合を確認し、再調整をしました。

治療後は目のかゆみが無くなり、鼻がすっきりとした感じになっていました。

2回目の治療

初回の治療後、夜に鼻づまりになることが少なくなり、寝やすいとありました。

くしゃみの回数も減ったようです。

治療は初回と同じです。

治療後は目のかゆみや充血は改善されていました。

鼻の感じも自然になってきたようです。

3回目から9回目の治療

目のかゆみは楽になり、目薬を差すことを忘れることもあるそうです。

くしゃみをする回数も減り、同時に、鼻水も改善されてきたようです。

治療は初回と同じです。

10回目の治療

職場のある大阪から出張した時に、花粉に反応したようで、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水がひどくなったようです。

初回の治療に、脳血流を改善するツボに鍼を刺すことを加えました。使用した鍼は、初回と同じです。

治療後は目のかゆみは治まっていました。

鼻は通り、すっきりとした感じのようでした。

11回目から16回目の治療

くしゃみをすることがほとんどなくなり、同時に鼻水も出なくなり、仕事が捗るようになったようです。

目薬は、必要なくなったようです。

治療は、10回目の治療と同じです。

治療後は鼻炎の症状は、ほとんど治まり、夜の鼻づまりもなくなったので、16回目で一旦、終了としました。

施術者の感想

花粉症(アレルギー性鼻炎)はその症状も辛いですが、場合によって、今回の例のように仕事に支障をきたすことがあります。

鼻炎の症状と仕事がはかどらないストレスから、さまざまな症状を引き起こし、治り難くなる場合もあります。

この患者さまの場合は、ストレスは感じているものの、肩凝り、腰痛などのからだに症状は出ていませんでしたので、比較的早く、改善できました。

花粉症は、現在、分かっているところでは、免疫物質である、Th1,Th2のバランスの崩れにあるとされています。

Th2が増えたことにより、体内に入ってきた異物に対して、過敏に反応した結果が、花粉症といえます。

鍼治療は、このTh1,Th2のバランスを元に戻すことができます。

手や足のツボにごく軽い刺激の鍼をしますと、Th1の働きを強めることが知られています。

Th1,Th2はシーソの左右のようなもので、互いに牽制しあいながらバランスを保っています。

このため、Th1が強くなれば、自然に、Th2の働きが弱くなります。

鍼治療のこの作用により、花粉症が改善できるわけです。

一般には、大阪のような排気ガスの多いところが、花粉などのアレルギー物質にNOxなどがくっ付き、症状が激しくなりやすいとされています。

この患者さまは、大阪から地方に出張した際に、症状がひどくなっています。

地方で、多くの花粉を一気に吸いこんだことが原因と考えられます。

鍼治療により、Th1,Th2のバランスが整えられますと、花粉やほこりなどのアレルギー物質を吸い込んでも、アレルギー反応は起こらなくなります。

東洋医学からの視点

古代の医学では、目と「肝」、鼻と「肺」が相関しているとあります。

また、「肝」と「肺」も、その形から相関していると考えていました。

正常な状態であれば、「肺」が「肝」を抑制しています。

「肝」は伸びやかな状態を好むとされ、ストレスや日常生活の乱れなど、緊張感を強いられると興奮するとあります。

この状態が続きますと、「肝」の力が強くなり過ぎ、「肺」に影響を及ぼすようになります。

「肺」の働きが落ちたことにより、花粉やほこりなどに敏感になり、鼻の機能も乱れ、鼻炎症状になると考えています。

この時に、「肝」も興奮していますので、「肝」とつながりが深い目の症状も、出現するわけです。

古代の医学では、呼吸は「肺」が吸い込み、「腎」がからだの奥深くに納めて完成するとあります。

これは、空気を「宗気」とし、からだの働きに必要な「気」の一つとして考えていたからです。

「肺」の働きが落ちますと、当然、「腎」の機能も下がります。

この「肺」と「腎」の働きが悪くなったことにより、からだの上下の巡りが悪化します。

からだは「気」、「血」や「津液」(水分)巡ることにより、正常に働くことができます。

この巡りが悪くなれば、「気」だけでなく、「血」、「津液」という水分の循環も悪化します。

停滞した水分は、「湿」というドロドロしたものに、時間をかけて変化します。

からだは、当然、この「湿」を排泄しようとします。

目から出れば涙に、鼻から出れば鼻水になります。ドロドロしていますので、すっきりと出ることはありません。

目ヤニや鼻づまりとなります。

鼻炎の場合は、鼻の機能が落ちています。

「湿」のような病的な物質は、体の弱っているとこところに、移動しやすい傾向にあります。

このようなことから、花粉やほこりなどを吸い込み、時間が経った後、寝るころに鼻づまりになるとしています。

東洋医学から花粉症を診てみますと、くしゃみ、鼻水と目のかゆみと、一見、関係の内容なことも、上手く説明がつきます。

今回の患者さまの場合は、まさしく、上のパータンでした。

鍼治療で、「肝」の興奮を抑え、「肺」と「腎」の働きを活発にしていきました。

また、からだの巡りも良くなるようにし、「湿」をなくすようにしました。

鍼治療では、やはり、東洋医学的に病気を診て、治療法を考えることが大切になります。

花粉症だからといって、鼻や目の近くのツボに鍼を刺す必要がないことも、理解して頂けると思います。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2017/11/10
不眠に悩む現代日本人:症例
2017/11/9
【多嚢胞性卵巣症候群 人工授精と鍼灸の併用の症例 30代女性】
2017/8/23
機能性不妊 鍼灸のみで妊娠した30代女性の症例
2017/8/3
【めまいと頭痛、肩こり・腰痛】大阪府在住、60代女性、鍼灸治療の例
2017/1/2
【線維筋痛症】大阪府、40代、女性、鍼灸治療のケース
2016/12/22
【多嚢胞性卵巣症候群による不妊症】大阪市在住 20代後半女性のケース
2016/4/6
【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース
2015/11/4
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2015/8/13
【再燃性うつ病】 大阪市、40代、男性、鍼灸治療のケース
2015/1/11
【慢性広範囲疼痛症候群】大阪市在住、20代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。