PAGE TOP

先生紹介 先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

ご主人が積極的でない時の不妊治療とは?

2017年9月26日4:11 PM カテゴリー:不妊症
不妊治療は、本来、ご夫婦で取り組むべき問題です。それはWHOが出している統計からも明らかです。 WHOの統計では、男性側に問題がある不妊が24%、女性に原因がある不妊が41%、男女ともに原因がある不妊が24%、残りの11%が原因不明とあります。 これを見る限りでは、男性が関係する不妊は、約48%となります。 男性に原因がある場合もこのように多くある中で、女性ばかりが主体ではあまり
▼続きを読む

不眠に悩む現代日本人:睡眠時無呼吸症候群とは?

2017年9月12日9:24 AM カテゴリー:不眠症
睡眠時無呼吸症候群は、交通事故の原因の一つともされ、最近、何かと話題を提供しています。 近年、増加傾向にもあり、関心も高くなってきていますので、少し詳しく、ご紹介します。 睡眠時無呼吸症候群とは? 睡眠時無呼吸症候群→睡眠中に呼吸が止まる無呼吸、あるいは、喉の空気の流れが低下する低呼吸の状態が、1時間のうちに何回も起きる また、睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病との相関性が認められ
▼続きを読む

夫婦で乗り切る不妊

2017年9月7日10:31 AM カテゴリー:不妊症
女性だけが頑張っても無理なことも   WHO(世界保健機関)の統計では、女性側に原因がある不妊が約40%、男性に原因がある不妊が約25%、 そして男女ともにある場合が約25%、原因不明が約10%とあります。 理解して頂きたい大切なことは、何らかの形で男性に原因がある不妊は、約半分を占めているということになります。 男性側にも問題があるにも関わらず、女性のみが頑張って
▼続きを読む

不妊を改善する栄養とは

2017年8月23日9:36 AM カテゴリー:不妊症
不妊治療に限らず、栄養の摂り方でからだの状態は、大きく関わります。 それが特に、不妊治療を受けている場合では、結果に繋がりますから、無視は出来ません。 ではどのような栄養の採り方をすれば、あなたの不妊治療を成功に近付けるのでしょうか?   〇栄養素の摂り方の基本   大切な栄養の摂り方は次の3つになります。   1.基本は高タンパク
▼続きを読む

機能性不妊 鍼灸のみで妊娠した30代女性の症例

9:34 AM カテゴリー:症例
大阪府在住 30代女性 機能性不妊   産婦人科での投薬は不自然な気がして…   今回ご紹介するケースは30代前半に結婚後、ご自分で基礎体温を付けながら、自分なりにタイミングを取っておられました。 33歳で妊娠後、仕事を辞めましたが、妊娠8週で稽留流産になったそうです。投薬で胎嚢が出てきて以来、数回の生理が来たため、もう2度と流産を経験したくないということで、からだ作り
▼続きを読む

胚盤胞移植当日、鍼灸による妊娠例

2017年8月18日4:40 PM カテゴリー:不妊症
胚盤胞移植当日の鍼灸 機能性不妊 大阪市在住 30代女性   沢山あった凍結保存の胚盤胞も残り、あと一つになりました   当院の不妊鍼灸治療の基本的方針は、質の良い卵を作るお手伝いをすることです。 質の良い卵を作るには、卵胞細胞の成長が著しくなる「今回の排卵」の約3ヶ月前から、鍼灸治療や栄養指導を受けることが大切になります。 この考え方を基本的な妊活
▼続きを読む

不眠に悩む現代の日本人:あなたはどうして眠れないのか?

2017年8月17日10:20 AM カテゴリー:不眠症
なぜ、不眠になるのか、その原因はよく分っていません。 ただ、最近の研究で、不眠になる要因が5つあることが分ってきています。 〇不眠の要因  ~5つのP~ 不眠には5つの要因が関わっているとされています。それぞれをみていきます。 1.身体の不調(Physical) 身体の異常が不眠を引き起こすことはよくあります。 痛みやかゆみなどの身体の不調を原因にしています。 主なも
▼続きを読む

不眠に悩む現代の日本人:睡眠はあなたの脳を守る

2017年8月13日10:51 AM カテゴリー:不眠症
2種類の睡眠 眠る質は、よく知られていますように、「浅い睡眠」と「深い睡眠」があります。   これは、大脳が著しく発達し、体温の恒常性を持つ高等動物では、睡眠が浅い睡眠のレム睡眠と、深い睡眠のノンレム睡眠という状態に分化したことによります。   そして、それぞれ異なる役割を分担しています。それぞれは以下のようになります。   1.レム
▼続きを読む

不眠に悩む現代の日本人:あなたはなぜ眠らなければならいか

2017年8月8日6:07 PM カテゴリー:不眠症
○睡眠の質は時間より満足度   睡眠に必要な時間は8時間とか、6時間というような話がよくあります。 良い睡眠という睡眠の質は、時間ではなく、朝起きたときの「寝た感」によります。   例えば、不眠症は、朝起きたときのだるさ、眠気などの不快感や、日常生活を行う上で支障をきたすかどうかによって判断されます。   また、一般的に加齢ととも
▼続きを読む

眼科の鍼灸治療 ー中心性漿液性脈絡網膜症についてー

2017年8月6日10:40 AM カテゴリー:眼科疾患,眼科領域
中心性漿液性脈絡網膜症の鍼灸治療   中心性漿液性脈絡網膜症は、網膜の中心部である黄斑と呼ばれる部分に浮腫が出来るため、視野が歪んだり視力低下が起こる病気です。   比較的若い世代男性に起こりやすく、男女比では3対1となっています。 この中心性漿液性脈絡網膜症には明確な原因がありませんが、高ストレス状態であったり目を酷使する状態であると発症しや
▼続きを読む
1 / 1012345...10...最後 »

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。