PAGE TOP

先生紹介 先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 眼科疾患
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

薬の飲み過ぎでやってくる混合型頭痛とは?

2013年4月13日8:12 AM カテゴリー:片頭痛
混合型頭痛という言葉があります。 これは最近、増えている頭痛のパターンで主に緊張型頭痛と片頭痛の両方の頭痛のタイプを、持っていることを指します。 医学的には、いろいろな意見があり、はっきりと定義づけられていません。 しかし、訴える患者さんは、確実に増えています。 これは、現代社会が、様々のことで、ストレスが増えてきたことと、関係があるようです。 緊急性型頭痛になり、次は片頭痛にな
▼続きを読む

片頭痛とストレスの関係!?有力説をご説明します。

8:12 AM カテゴリー:片頭痛
片頭痛の発症の原因は、未だわかっていないというのが現状です。 ただその中でも有力な仮説が、「三叉神経血管説」と呼ばれるものです。 三叉神経血管説とは? この神経の興奮により、血管が広がり、血液成分の一つが漏れ、炎症を引き起こし、頭痛となるとされています。 この刺激は、脊髄から脳へと伝わります。 すなわち、脳は、痛みを感じるだけでなく、様々な反応を起こします。 脳幹という
▼続きを読む

なぜ糖尿病に鍼治療が効果的なのか?その原理教えます。

8:12 AM カテゴリー:糖尿病
「糖尿病に鍼治療」というと、なじみがないかもしれませんが、実は糖尿病に鍼治療は非常に効果が高い施術方法になります。 消化・吸収を改善し、余分な「熱」を取り除くことで、血流が改善され、余った糖分の取り込みが、また、行われるようになり、全身にエネルギー源を送り込むことができ、内臓や筋肉などが正常に働くことができます。 すい臓の状態が改善されることにより、インスリンを分泌する能力が活発になり
▼続きを読む

整形外科勤務時で知った「鍼を使わない鍼治療」の効果

8:12 AM カテゴリー:鍼を使わない鍼治療
整形外科勤務時は、患者数も多く、よくこの治療法を用い、良い効果を得ていました。この治療法をすることで、思わぬ副産物もありました。私の鍼治療の技術も同時に上がっていったことです。これは、指先で「気」をコントロールすることを覚えたから、鍼での「気」を動かす力も高まってきたことによります。 ただ欠点もあります。頑固な肩こりや腰痛などには、効果が鍼治療に比べて劣ります。どちらかといいますと、内科的な
▼続きを読む

仮面うつ病って何?実はあまり知られていない仮面うつ病について

8:11 AM カテゴリー:うつ病
抑うつ状態になる方が、年々増えているようです。 ただ、一般には、「うつ病」という病名に、日本人はあまり良いイメージを持っていないとされています。 そこで、近年では、仮面うつ、抑うつ状態などを、「心のかぜ」と呼んでいるようです。 うつ病も、このからだの症状を主にしている、仮面うつの状態で治療をすれば、早く解決することが多くあります。 多くの場合は、ただの疲れ、肩こりや、腰痛と考え、そのまま放
▼続きを読む

増えているこころの風邪を知っていますか?

8:11 AM カテゴリー:うつ病
戦後、日本を発展させたビジネスモデルや学校教育、価値観などが、近年、ドラスティックに変化しています。 また、新しいビジネスモデルや、教育方針などを確立しようとしていますが、混迷を深めているともいえます。 このような状況の中で、社会状況だけが、急速に変化していくということが、続いています。 これらの状況に対応できない人や、過剰に反応してしまう人が増えています。 このことにより
▼続きを読む
11 / 11« 先頭...7891011

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。