PAGE TOP

先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

糖尿病の鍼灸治療について
糖尿病には、1型と2型がありますが、ここでは2型糖尿病について説明していきます。

糖尿病は、血糖値が高くなる病気です。食べ物や飲み物を消化しますと、からだを動かすエネルギー源となる、ブドウ糖が造られます。

ブドウ糖は、血液の流れに乗って、全身の細胞に運ばれ、筋肉や内臓で使われます。血糖値は、血液中にブドウ糖がどのくらいあるかを示すものです。

血液中のブドウ糖がからだが必要とするより、多くなり血液中にあふれている状態が、糖尿病です。

からだには、血液の中の糖分を下げる、インスリンというホルモンがあります。インスリンは、食後に血液中の糖分が急激に上がらないように調節します。また、血液中のブドウ糖を全身の細胞に送り、活動できるエネルギーに変えたり、脂肪などのエネルギーとして蓄えておく働きもあります。

血液中にブドウ糖が増えてきますと、対応しきれなくなり、インスリンが不足してきます。
インスリンが不足しますと、血液中のブドウ糖が使えなくなり、血糖が上がります。ブドウ糖が使えなくなり、筋肉や内臓にエネルギーの素が運ばれなくなります。全身のエネルギーが不足してきます。

この全身のエネルギーの不足により、さまざまな症状が、糖尿病では生じます。

血液中の余分なブドウ糖を大量に、排出しようとするため、尿の量と回数が増えます。尿量が多くなることにより、からだの水分が奪われ、喉が渇きます。

急激に痩せていくのは、食べてもブドウ糖が正常に利用されず、慢性的なエネルギー不足となるからです。

また、全身がだるく、疲れやすいのは、インスリンの不足で、ブドウ糖を利用できず、活動するためのエネルギーがたりないためです。




糖尿病を放っておくと?
糖尿病のなり始めは、あまり変化がないため、そのままにしがちです。

そのままにしていますと、さまざまな病気を引き起こします。糖尿病になってから、10~15年で、起こります。主なものが3つあり、3大合併症と呼ばれたりします。

1.糖尿病神経障害

 一番、最初に出てくる病気です。手や脚のしびれ、痛みです。ひどくなりますと、けがや、やけどをしても気が付きません。
 ほかに、筋肉が痩せてくる、力が入らない、立ちくらみ、インポテンツなどが生じてきます。

2.糖尿病網膜症

眼の底にある網膜という場所の血管が悪くなり、視力が落ちます。場合によっては失明することもあります。

3.糖尿病腎症

 尿を作る腎臓のごく小さな血管が悪くなり、だんだんと尿を作れなくなります。
尿はからだの毒素を排出する働きもありますので、それができないことにより、血液中に毒素が残ります。機械を通してこの毒素を取り除く、「人工透析」を受ける必要が出てきます。

3大合併症以外の危険性も

また、もともと、高血圧、脂質の異常、腎臓病があれば、これらの病気を悪化させます。残念なことに、糖尿病になる方は、これらの病気を持っている場合が多いです。
ほかには、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞があり、また、感染症にかかりやすくなります。


糖尿病になぜ鍼灸がいいのか? 「糖尿病に鍼治療」というと、なじみがないかもしれませんが、実は糖尿病に鍼治療は非常に効果が高い施術方法になります。

消化・吸収を改善し、余分な「熱」を取り除くことで、血流が改善され、余った糖分の取り込みが、また、行われるようになり、全身にエネルギー源を送り込むことができ、内臓や筋肉などが正常に働くことができます。

すい臓の状態が改善されることにより、インスリンを分泌する能力が活発になり、インスリン不足が改善されます。

肩こり、腰痛、足の痛みなどを取り除くことにより、自律神経のバランスが整い、全身の血流が改善していきます。

「糖尿病」への施術方法
糖尿病は、基本的には、糖分の摂り過ぎです。摂りすぎや糖分を消化、吸収できないことが、その発端です。また、余ったものを、何とか、消化症とするための内臓が働き続け、「熱」が生じます。

その消化・吸収を助け、「熱」を取り除く鍼治療をします。

内臓への血液の流れが良くなる、鍼治療をして、すい臓へ行く血管を拡張させ、血流を増やし、すい臓の状態を改善する鍼治療をします。

糖尿病から生じる様々な症状を改善する、自律神経にアプローチする鍼治療も加えます。
肩こり、腰痛、足の痛みなどがあれば、それに対する鍼治療をします。


病院での、投薬やインスリンの治療に鍼治療を加えることで、より相乗効果を発揮して、糖尿病のコントロールをしやすくなります。

「糖尿病が元の症状で悩んでいる」
「糖尿病予備軍・メタボと言われている」
「より早く、糖尿病を改善していきたい」
「食事の改善をしたいけど、なかなかできない」

と思われている方に、お勧めしたい施術です。


糖尿病関連記事-糖尿病克服へ向けて、知識を身につけましょう。-

診療時間のご案内 トップページへ戻る
妊活鍼灸
2017/08/18
起立性調節障害の鍼灸治療
2017/08/03
【めまいと頭痛、肩こり・腰痛】大阪府在住、60代女性、鍼灸治療の例
2016/12/22
【多嚢胞性卵巣症候群による不妊症】大阪市在住 20代後半女性のケース
2017/01/02
【線維筋痛症】大阪府、40代、女性、鍼灸治療のケース
2015/11/04
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2016/04/06
【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース
2015/08/13
【再燃性うつ病】 大阪市、40代、男性、鍼灸治療のケース
2015/01/11
【慢性広範囲疼痛症候群】大阪市在住、20代男性、鍼灸治療のケース
2014/11/19
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2014/02/07
【花粉症】兵庫県在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
当院アクセスマップ
トップページへ戻る
※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。