PAGE TOP

先生紹介 先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

不妊症の鍼灸治療について 「不妊症」になる5つの原因 不妊症には、女性だけでなく、男性の不妊症もありますが、ここでは、女性の不妊症について説明していきます。ちなみに、男性が不妊の原因である割合は、全体の約3分の1程度です。

不妊症の原因の本当のところは、現在のところよく分っていません。排卵がなぜ起こるのかが、よく分っていないからです。

不妊が起こる原因としては、大きく5つあります。

1.子宮と膣の間の管を覆っている粘液の異常

  この粘液の異常により、精子の侵入を拒否したり、行動を止めさせます。

2.卵巣機能の低下

  受精可能な状態に卵子を成長させる女性ホルモンの異常により、卵子が成長できない

3.排卵の機能不全

  卵子を育て排卵させる女性ホルモンの働きが鈍くなり、生理不順となり妊娠しにくい

4.卵管の機能不全、骨盤の病変

  クラミジアなどの感染により卵管が狭くなり、卵子が通過できない

5.原因不明の不妊

  脳から卵巣に至る神経の命令系統に異常が生じ、妊娠いたる過程のどこかに異常が生じる
  子宮内膜症、子宮筋腫などにより、卵巣の機能に異常が生じる
  子宮に奇形があり、構造的に妊娠しにくい

原因が本当によく分かっていないのは、上の5つの条件が当てはまっても、妊娠することがあるからです。


不妊症を放っておくと? 女性ホルモンの働きの異常によるものは、治療しないと、閉経時に更年期障害がひどくなったり、動脈硬化になりやすい。

脳から卵巣に至る命令系統の異常は、自律神経の働きが乱れ、さまざまな病気を引き起こします。病気になる以外にも、45歳を過ぎますと、自然に妊娠する可能性は、ほぼ0%です。
顕微鏡を用いて受精をさせるなどの高度生殖医療によっても45歳以上での妊娠率は10%以下です。
42歳を超えますと、受精しても、着床するのが、難しくなります。
40歳を超えますと受精しても、流産の可能性が50%を超えます。

子どもが欲しいという年齢は高くなっており、35歳位から不妊治療を始める方が多いですが、少し遅いというのが産婦人科学会などの判断です。


なぜ、不妊症に鍼治療が良いのか? 手や脚のツボへの鍼治療は、脳に直接働きかけ、脳から卵巣に至る命令系統の乱れを改善します。また、骨盤内の血流を良くします。これにより、子宮に栄養が行き渡り、妊娠する力が上がります。

自律神経の乱れで冷え症が生じます。冷え症は血流の流れが悪くなっていますので、当然、子宮への血流の流れも悪くなっています。自律神経の働きを良くすることで、冷え症が改善され、子宮への血液の流れが良くなります。

からだの症状を取り除いたり、脳から卵巣に至る命令系統の改善をすることで、女性ホルモンの分泌が正常になったり、その性質が良くなり、妊娠する力が上がります。

鍼灸治療は、全身の機能を高める(若返らせる)働きが強くあります。エビデンス(科学的根拠)では、計れない力を引き出すことが可能です。

実際、不妊治療で、一番最初に鍼灸を選択される方は、ほとんどいません。一般の不妊治療、体外受精など受けてみたが…という方が、最後に、鍼灸なら、鍼灸でもと来られる場合がほとんどです。年齢も高い方です。

その中でも、ある一定の効果を出しています。これは、鍼灸治療が卵巣の働きを調えたり、骨盤への血流を改善したりできるだけでなく、全身の機能を高め、若返らせる働きがあるからです。

年齢が高い方こそ、西洋医学での不妊治療と鍼灸での不妊治療を併用される、あるいは、鍼灸治療のみでの不妊治療を選択されるとよいといえます。

「不妊症」当院の施術方法 手や脚のツボを選択し、脳に働きかける治療をします。

からだの症状のあるところに適切に鍼治療をし、自律神経のバランスを調えるようにします。

慢性の病気がありからだ全体の働きが落ちている場合は、その病気を改善し、からだの機能を上げていく治療を加えます。


不妊治療に対する院長の思い 当院、院長は「心療内科医」を目指していた時期もありました。

心の問題や、悩みについて少しでも力になりたいという思いは今も強いです。

「子供ができる」ということは、本当に嬉しいことです。

「本当にできるのかな?」といった、不安な気持ちや、不妊治療を継続していくことでの精神的な疲れもあると思います。

「不妊治療をしているが、なかなか結果が出ない」
「体外受精の前に、少しでも体の調子をよくしておきたい」
「妊娠はした事があるのだけれど、流産をしてしまった」
「ストレスが多く、自律神経が不安定と言われる」

そんな、お悩みを解決できるよう、二人三脚で歩んでいけたらと思っています。

不妊症関連記事-不妊症改善へ向けて、知識を身につけましょう。-

診療時間のご案内 トップページへ戻る
妊活鍼灸
2017/11/10
不眠に悩む現代日本人:症例
2017/11/09
【多嚢胞性卵巣症候群 人工授精と鍼灸の併用の症例 30代女性】
2017/08/18
起立性調節障害の鍼灸治療
2017/08/23
機能性不妊 鍼灸のみで妊娠した30代女性の症例
2017/08/03
【めまいと頭痛、肩こり・腰痛】大阪府在住、60代女性、鍼灸治療の例
2016/12/22
【多嚢胞性卵巣症候群による不妊症】大阪市在住 20代後半女性のケース
2017/01/02
【線維筋痛症】大阪府、40代、女性、鍼灸治療のケース
2015/11/04
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2016/04/06
【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース
2015/08/13
【再燃性うつ病】 大阪市、40代、男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
当院アクセスマップ
トップページへ戻る
※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。