PAGE TOP

自然妊娠を目指すあなたが受けておくと便利な検査【有効利用】

2018年1月12日9:54 AM カテゴリー:不妊鍼灸,自然妊娠

自然妊娠を目指すためには、多くのステップをクリアする必要があります。
正しいホルモン分泌、整った生理周期、経管粘液の分泌、精子の質、量、運動率、射精、受精、卵管通過性、卵管の運動、子宮の運動、子宮の免疫、受精、着床、妊娠継続…etc。


体外受精や顕微授精では、こうしたステップを幾つか人の手を借りるため、妊娠がしやすくなります。

自然妊娠を目指す場合には、多くのステップをクリアする必要があるため、あらかじめ受けておくと便利な検査をご紹介します。


【受けておくと便利な検査】

・生理直後に受けるホルモン検査
・フーナーテスト
・子宮卵管造影検査
・経腟超音波検査

こうした検査は受ける時期などが決まっているため、病院とご相談の上で受けてみて下さい。

後はこうした検査結果をどう生かして妊活を進めるかです。
順にご説明していきます。

【生理直後に受けるホルモン検査】

女性ホルモンは生理周期の中で数値が変動するため、最も変動の少ない時期に受ける必要があります。

まずは、LHとFSHの検査数値を診る必要があります。LHとFSHは共に卵胞に働いて、卵胞の成長や排卵に関わるホルモンです。

LHは黄体化ホルモンのことで、卵胞の中にある細胞に働きかけて、アンドロジェンという男性ホルモンを作る働きをしています。

FSHは卵胞刺激ホルモンのことで、同じく卵胞内の別の細胞に働きかけて、LHの働きで作られたアンドロジェンを、女性ホルモンであるエストロゲンに変える働きをしています。

LHとFSHがバランスよく働くと、エストロゲンが作られて卵胞が成長し、エストロゲンが一定量に達すると、LHが急上昇するLHサージという現象が現れます。

LHサージが起こると、卵胞は破裂して排卵が起こります。尿中のLHを測ることで、LHサージを計測して排卵を予測するのが、排卵検査薬の仕組みです。

LHサージが起こるためには、LHとFSHのバランスが重要になります。LHが多すぎると、男性ホルモンであるアンドロジェンが増えすぎてしまい、エストロゲンに変化させることができなくなります。

こうして卵胞が大きくならずに排卵障害となるのが、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と呼ばれる状態です。

血液検査では、LHがFSHに対して多くなってしまいます。LHとFSHの比率が1を超えると、排卵障害が起こりやすくなります。FSHはLHに対して常に多い方が良いのです。

高LHが見られる場合、あなたの排卵はスムーズにいっていない可能性がありますので、高LHに対する治療が必要になります。

病院では投薬で排卵を促しますが、鍼灸治療もその改善方法の一つです。鍼灸治療は、LHとFSHのバランスを整える作用があります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21816787
(多嚢胞性卵巣症候群の女性に対する鍼灸治療はLH/FSHを改善する)

【フーナーテスト】

フーナーテストは、診察の数時間前に性交をしてもらい、子宮内に活動性の高い精子が存在するかどうかを診る検査です。

病院にもよるでしょうが、大抵は検査日の早朝に性交をすることになるため、人によっては苦痛に感じる人もいるでしょう。

フーナーテストでは、男性が診察を受ける必要がないため、早朝性交をすることが抵抗なければ、是非受けて頂きたい検査の一つです。

フーナーテストの結果が悪い方は、子宮の入り口から分泌される頸管粘液の量が少ない可能性があります。

さらに全く活動性のある精子が認められない場合には、女性側に精子に対する抗体が存在する可能性があります。

精子に対する抗体が強く働いている場合、自然な妊娠は不可能と判断され、体外受精や顕微授精へのステップアップを勧められます。

精子に対して攻撃を仕掛けるため、人工授精も不適応となります。

一部の医療機関では、抗精子抗体に対しての治療を試みていますが、一般的には体外受精以上の高度医療の適応となります。

精子に対する免疫異常は、子宮内のリンパ球のバランスの乱れから生じます。Th1とTh2と呼ばれる2種類のリンパ球のバランスや、TregとTh17というリンパ球のバランスの乱れが原因とされています。

こうした免疫の乱れにも鍼灸治療は効果を発揮します。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24617225
(過敏性腸症候患者に対する鍼灸治療の効果とTh1/Th2バランスの調節)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26612993
鍼治療は、漢方医学における喘息治療の有効な治療法である。ここでは、気道過敏性(AHR)に対する鍼治療の効果、および関連する炎症性変化ならびに卵白アルブミン(OVA)誘発実験喘息におけるTh17およびTreg活性を評価した。この実験の結果は、鍼治療が実験的喘息マウスのAHR、肺の炎症、および粘液分泌を有意に阻害することを明らかにした。さらに、鍼治療を受けたマウスの気管支肺胞洗浄液(BALF)において、リンパ球および好酸球ならびに好中球の減少が観察された。鍼治療は、実験的喘息マウスの血清中のIL-17A、IL-17FおよびIL-22を含むTh17サイトカインレベルと同様に、OVA特異的IgEレベルを低下させた。鍼治療群でも、BALFではCD4 + IL-17A +細胞数が減少し、CD4 + Foxp3 +細胞数が増加しました。さらに、鍼治療は、IL-17R、RORγt、p65、およびNF-κBキナーゼ-α(IKKα)タンパク質発現の阻害剤を阻害する可能性がある。我々の結果は、鍼治療が、Th17およびTreg活性およびNF-κB経路の調節に関連し得るOVA誘導性の実験的喘息におけるAHRおよび炎症の阻​​害に有効であることを示した。

【子宮卵管造影検査】

子宮卵管造影検査は、卵管の詰まりや子宮の状態を検査します。卵管の詰まりは深刻な不妊原因ですので、できれば最初に検査しておいた方が良いかもしれません。

卵管造影検査後は、しばらく検査で機械的に拡張された卵管のせいで妊娠率が高まることがあります。

卵管造影検査には、油性と水性の検査薬がありますが、胎児への影響から水性を勧める医療機関が増えているようです。

一昔前は、油性の方が卵管を刺激して妊娠率が高いと言われていましたが、この辺りは医療機関の認識の違いがあります。

卵管造影の結果、卵管の詰まりが指摘されたとしても、片側のみの詰まりならあまり問題ありません。

排卵さえしていれば、片側の卵管が詰まっていても、反対側の卵管采でキャッチできりことが分かっています。

【経腟超音波】

経腟超音波は、子宮や卵管の状態をリアルタイムで観察できるため便利な検査です。

子宮や卵巣の病変を診ることができるため、子宮腺筋症やチョコレート嚢胞、卵巣嚢腫なども見付けることができます。

またタイミング法には欠かせない、排卵チェックをリアルタイムでできるため、便利な検査法です。

自然妊娠を目指すときに、最も難しいのは、排卵の予想です。排卵した後の卵は、非常に早く劣化するため、排卵日を間違うと妊娠することは難しくなります。

しっかり排卵している場合、排卵日の2日前にタイミングを取ると、最も妊娠率が高くなります。


逆に排卵日から1日過ぎると、妊娠率は殆ど0%になります。この排卵日を知るのには、経腟超音波が最も便利で正確な測定法です。

利用できる方は、是非利用して下さい。

【検査の意味を知ると有効利用ができます】

不妊専門病院で受ける検査は、これ以外にも複数あります。ところが本当に必要な検査かというと、少々疑問なものも含まれます。

特に自然妊娠を最初から計画している場合や、鍼灸などで根本治療をしながら妊活をする場合には、必要のない検査もあります。

自分にとって必要な検査は何かを知ることは、妊活において天敵の「迷い」を減らすことにもなります。

あまり意味のない検査結果に一喜一憂するよりも、自分にとって必要な検査だけを受けることで、ストレスを軽減して妊娠力の低下を防ぎましょう。

あなたが受けるべき検査が分からなければ、不妊専門鍼灸をしている鍼灸院などで聞いてみるのも良いと思います。

あなたに寄り添う治療院であれば、きっと相談に乗ってくれるはずです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。