PAGE TOP

これだけ知っていればあなたは妊娠にかなり近付くはず【栄養の秘密】

こんにちは 鍼灸院 天空の冨田です。

妊活中の方が栄養に気を付けようとすると、どうしても同じような考え方になりがちです。

・何を食べれば妊娠しやすくなるのか。
・何を食べれば卵の質は上がるのか。
・何を食べれば内膜は肥厚するのか。

こうした栄養の陥りやすい思考を取っ払い、本当に妊娠しやすい栄養の摂り方をご紹介します。



【からだにとって大事な栄養とは?】

栄養を摂取するということの目的は、まずは生命維持に必要なエネルギーや、細胞の維持に必要な材料を体内に摂り入れるということです。

少し難しく書きましたが、簡単に言うと、動くためのエネルギーと身体の材料を食事で摂っているということです。

成長期が終わるとあまり意識することは無くなりますが、食べたものはあなたのからだの一部になっています。

エネルギーと材料という両者を比べると、命にとってより大事なのは、エネルギーだと言えます。そのエネルギーの中でも、命に直結するエネルギーとなると、脳のエネルギーとなるブドウ糖が一番でしょう。


ブドウ糖は、炭水化物を最も細かく分解した時の分子で、炭水化物だけでなく、タンパク質や脂肪からも変換して作られます。

血液中にあるブドウ糖の値を、血糖値と言います。「血糖値が上がると糖尿病になる」というイメージがあるせいか、あまりブドウ糖にいいイメージを持たない方が多いのですが、実際には、脳の貴重なエネルギーであるということです。

ブドウ糖は、炭水化物だけではなく、脂肪やタンパク質からも合成できるため、あまり大事だと思っていない方もいますが、そうではありません。

ブドウ糖が安定供給されないということは、命にとっての一大事ですから、仕方なく他の栄養素から作っているのです。当然、他の栄養素からブドウ糖を作るということは、他の栄養素は足りなくなります。

全ての栄養素が足りているから、あなたは健康状態を保つことができるのですから、何かが足りなければ、どこかの働きが落ちるのか、どこかの組織が壊れるかしかありません。

栄養素が足りないことで落ちる働きは、生命維持から遠く離れた働きが落ちますので、生命維持に関係の無い生殖能力が落ちたとしても不思議ではありません。

実際に、栄養のバランスと量を適正化するだけでも、妊娠する力は大きく上奏します。私が今までに経験した栄養療法の効果には、次のようなものがあります。


・ホルモン分泌がスムーズになった。
・内膜の肥厚が厚くなった。
・採卵できる卵の数が増えた。
・胚盤胞まで育つようになった。
・胚盤胞の質が良くなった。
・習慣性流産が治った。


栄養の摂取を正しく行うだけで、こんなに妊娠しやすい状態になるのです。

【妊娠しやすい栄養とは必要十分量の栄養】

栄養の摂取で大事なことは、身体に必要な量と種類が必要十分であるということです。この必要十分という部分が大事なところです。

栄養が必要十分ということは、からだを動かすエネルギーと、からだを作る材料が必要十分に揃っているということです。

妊娠に特化したものではなく、あくまでも妊娠を望む女性が、健康に生きていくために、からだを動かし、からだを作るための栄養で良いのです。

妊娠は、健康的な女性の延長線上にあるものだということを忘れると、妊活サプリや妊活のためのお茶などという商品に惑わされてしまいます。

妊娠は、あなたが健康になった結果、しやすくなるということです。


【妊娠しやすい栄養摂取の仕方】

これからご紹介する栄養の摂り方は、あまり一般的な方法ではないかもしれません。私が長年の臨床で得た、効果が高く、しかもできるだけ楽をした栄養の摂り方です。

1.炭水化物はお米で摂る。

2.タンパク質は動物性がメイン。胃がもたれる人は魚で摂りましょう。

3.脂肪は特に意識しない。結果的に入ってくるものです。

4.ビタミンやミネラルは色の濃いお野菜で摂る。

5.足りないビタミンミネラルは、サプリメントで総合的に摂る。

こうした栄養を、血液に載せて運ぶことができれば、あなたの妊活はかなり成功に近付いたことになります。

血流を良くするには、鍼灸治療がお勧めです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。