PAGE TOP

不妊鍼灸の専門家が卵の質を改善する方法を教えます。

2017年9月30日10:03 AM カテゴリー:卵の質

妊娠をするためには多くの要素が働きます。それらの要素のうち、最も大きく働く要素は卵の質です。

卵の質が悪ければ、受精や卵の分割がスムーズに進まず、例え上手く妊娠しても、初期流産をする確率が高くなります。

一般的には年齢と共に悪くなり、一旦悪くなると良くなることはないといわれています。その一方で、鍼灸治療では卵の質が良くなるという論文も海外では見られます。本当に卵の質は良くなるのでしょうか?



卵の質は何で決まるか

教科書的に言うなら、産まれた時から女性の卵巣にある卵子は、年々古くなり、新しく生まれることはないとされています。そのため、卵子は、年齢と共にどんどん質が悪くなり、一旦悪くなると良くなることは無いとされているのです。

ただ実際には、体外受精や顕微授精の採卵に合わせて鍼灸治療を行うと、今まで採卵していた卵よりも、グレードが良くなることはよくあります。また、今までは採卵できなかった方から、採卵できるようになるといったケースも、よく経験しました。これは、「卵の質が良くなった」という、客観的な証拠と言えそうな気がします。

では、卵の質はどのようなことで決まるのでしょうか?

生まれた時から卵巣に備わっている卵子は、減数分裂を2回した後に、分裂や成長を休止し、初潮までは活動しません。

初潮後は、選ばれた卵だけが成長を再開し、約3ヶ月かかって排卵します。排卵自体は毎月起こりますが、その卵は3ヶ月前から成長していたということです。

卵胞の中で成長する3ヶ月間、卵は、卵胞液から栄養や女性ホルモンを受け取って成長しています。この卵の成長する3ヶ月間に、如何にスムーズに卵が栄養を受取るか、女性ホルモンを受け取るかが、質のいい卵を作る重要な要素です。

質の卵にするには

質の良い卵を作るには、十分な栄養素と栄養を運ぶ血流が必要です。栄養をたくさん取っていても、血行が悪ければ、卵巣の中まで栄養を届けられません。逆に、血行は良くても、栄養失調であれば卵巣の中に栄養は届きません。

血行と栄養の二つの条件を満たした上で、3か月間しっかり卵を育てれば、質の良い卵が育つようになります。できるだけ良い条件で、長期間卵を育てることが重要なのです。

更に鍼灸を足すと

鍼灸治療は、卵巣付近のツボを刺激することで反射的に血流を増加させたり、手足の末梢になるツボを刺激して、脳を通じて女性ホルモンの分泌をコントロールさせたりするこができます。

また精子の質を良くすることも可能ですし、受精卵を受けとる子宮の運動性や子宮内膜の肥厚もコントロールすることができます。正に一石二鳥にも三鳥にもなります。

海外論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26054202

こちらでは多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)の女性で、体外受精を行った患者さんの統計を取っています。
その結果として、鍼灸治療を行った群では、良質の卵が採れる確率が高くなり、卵胞液に含まれる幹細胞因子が多かったとのことです。

PCOSの方は、排卵がスムーズできないために、卵胞が破裂しないまま卵巣内に残ってしまいます。無排卵となりやすため、体外受精の適応になることがあります。

ただ、実際には全く排卵されないわけではなく、排卵が起こりにくい程度の方も存在します。そのため、経産婦が排卵期の腹痛や腰痛で婦人科を受診して、初めてPCOSを指摘されることも少なくありません。

海外の文献を見ていると、比較的PCOSで体外受精を受ける方は多いようです。PCOSの方は卵胞が多く育つため、採卵数が多いことも、体外受精を勧められる原因かもしれません。

採卵数が多ければ、確率的には体外受精の成功率は上がります。その一方で、採卵数の多さに比べると、質のいい卵が取れにくい場合も多いようです。そのため、鍼灸治療で質のいい卵をたくさん採ろうというわけです。

今回の論文では、鍼灸治療の効果により、採卵数や卵の質が改善し、妊娠率も高くなったそうです。

鍼灸治療は、卵の質を改善する働きがあるということです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。