PAGE TOP

不妊治療の病院選びは難しいですね。

2018年2月27日2:42 PM カテゴリー:不妊症,未分類

こんにちは 鍼灸院 天空の冨田です。

先日から、体外受精を前に妊娠しやすくなるからだづくりで、お二人続けてご来院されました。
お二人ともちょうど同じくらいの年齢で、人工受精からステップアップして、初めての体外受精というところまでは、全く同じでした。

ところが、お二人は全く違う治療方針の病院だったため、ご来院頂いた時点でかなり知識や受ける治療の内容に差がありました。
お一人の患者さまは、ファイルに収まった、多くの説明資料を頂いたようで、丁寧な説明を受けていらっしゃいました。
ところがもう一人の患者さまは、あまり詳しい説明はされていないようで、今まで受けてきた治療の内容や、これから受ける治療の内容も全く知りませんでした。

病院の選び方次第で、同じような条件の方でも、受ける治療内容に差が出てしまい、結果T系に妊娠率にも差が出てしまいます。
あなたのからだの状態を正しく把握し、それに対して適切な治療を加えることは、妊娠への近道になります。

そこで病院を選ぶ際の注意点を少しご説明します。

1.説明をしてくれる病院を選びましょう

病院の役割は、あなたを妊娠に導けるかどうかなのですが、それは単に高度な医療を行うということだけではありません。

あなたのからだの状態を把握し、それに対する治療法の適応をしっかり説明できる能力は、病院の能力の高さを表すものです。

そのため、あなたに対する説明が、しっかりできるかどうかということは、非常に大切なことなのです。

治療法を変更するときや、投薬の種類を変更するとき、あなたが質問をしたときに、明確な答えを出すことができる医師は、恐らく信頼できる医師です。

これは不妊鍼灸を受ける際にも同じですので、ぜひ鍼灸師にも、質問を投げかけて下さい。

2.患者層は病院を表すことが多い

受付で何気なく時間を待っているとき、周囲の方を見てみて下さい。年齢層や雰囲気など、こうした何気ないものが、その病院を表していることがあります。

自分と同じような年齢層の方が多く来院されているようなら、ノウハウも多く持っている可能性が高いと思います。

若い人ばかりで、あまり40代以降の方がいない病院では、「年齢のせい」というお話をよくしているのかもしれません。

3.医師とスタッフの連携が取れていれば安心して任せることができます

医師と医師、医師と看護師、医師と受付などの連携がスムーズであるかどうかは、病院の内情を表す基準になります。

医師が変わるたびに、違う基準で診察や診断をされては、治療を安心して受けることができません。

ある病院では、予定されていた検査が中止になったり、医師の指示と受取った投薬の種類が違っていたりと、連携が全く取れていない病院もありました。

また投薬や処置の金額が、治療前に言われていた額とかけ離れていたという話も、病院の姿勢を表すものです。

しっかりと情報の共有ができている病院は、信頼のできるスタッフが多く、あなたにいい結果をもたらしてくれる可能性が高い病院です。

4.不妊治療の場合には、転院も一つの選択肢

病院を変更することは、一般的な医療の場合には、ドクターショッピングとしてあまり歓迎されませんが、不妊治療の場合には、必ずしもそうは言えません。

不妊専門病院は、病院による差が大きく、あなたに合う病院を探し当てることは、あなたの望む妊娠という結果を得るためには大事なことです。

そのためには、初診で合わないと感じた病院からの転院を選択することも、結果を出すためには必要になる場合があります。

医師やスタッフとのやり取りで感じた違和感は、あなたのモチベーションを下げてしまい、妊活に更なるストレスを与えるかもしれません。

特に体外受精や顕微授精では、トータルで1回50~70万もかかる治療です。病院によっては、諸々の検査や投薬を加えると100万円を超える病院もあります。

1回の治療にかける費用を考えると、病院を変えることは、決してマイナスな要素ではありません。ここに任せてみようと思える病院を、粘り強く探してください。

納得のいかない病院で高額の医療費を支払うことは、あなたの大きなストレスになるに違いありません。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。