PAGE TOP

先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 眼科疾患
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

妊娠するにはこのままではダメだと分かっているあなた

2018年5月5日2:00 PM カテゴリー:不妊症

こんにちは『鍼灸院 天空』の冨田です。

 

妊活はしているが、このままでは妊娠できそうにない。それは分かっているものの、体外受精や大量の薬を飲むことには抵抗があるというあなた。

できるだけ自然にとは思うものの、何から始めるべきか分からないというあなたは、鍼灸治療と栄養療法から始めてみてはいかがでしょうか?
 

【不妊鍼灸とは】

 

不妊治療をしようと決心して通院を始めても、思ったような効果が出ないと、あなたの心の中は不安で一杯ではありませんか?このまま同じ治療を継続するべきか、病院の言う通りにステップアップをするべきか。

ステップアップをしても、絶対に成果が出るとは言えませんし、かと言って、このまま同じ治療を繰り返しても、自分の年齢を重ねるだけのような気がすることでしょう。

同じ治療でも、違った条件で受けることで、今までになかった効果を期待できます。つまり、鍼灸治療を受けて頂くことで、今までと同じ治療においても、違った結果を期待できるということなのです。

 

【タイミング法と鍼灸】

 

タイミング法は、病院にもよって幾つかの方法があります。現在、最も効果があると言われているのは、最低限の排卵誘発剤を使用しながら排卵を誘発し、卵胞の成長を経腟超音波エコーで観察しながらタイミングを計り、最後の排卵をhcg注射で行います。

病院によっては、排卵後に黄体ホルモンの補充を行うこともあります。黄体ホルモンは、卵胞期の卵胞がしっかり成長していれば必要ありませんが、統計的には使用した方が妊娠しやすいと言われています。

タイミング法の場合、お薬以外は、全て自分たちの状態で妊娠するかどうかが決まります。男性であれば、精子の量や運動率、奇形率、遺伝子や染色体。女性であれば、卵の質や子宮内膜の質、卵管の疎通性、子宮の運動性、ホルモンバランスなどが正常である必要があります。

鍼灸治療では、この多くの要素を改善する働きがあります。

・精子の質を改善
・性欲の上昇
・卵の質を改善
・子宮内膜の肥厚を助ける
・子宮内膜の免疫改善
・子宮の運動性向上
・ホルモンバランスを整える
・子宮や卵巣、精巣の血流向上

こうした機能を改善することで、最低限の投薬で高い効果を発揮します。タイミング法で使用する薬剤は、あなた自身のからだの状態に合わせて使用するべきで、鍼灸治療で機能回復して減らすことができれば、投薬は必要ありません。

そのため、鍼灸治療を受けて頂きながら行うタイミング法では、投薬を使用せずに経腟超音波エコーで、タイミングだけを指導してもらう方法も可能です。

 

【人工授精と鍼灸】

 

人工受精は、タイミング法で効果が得られない場合や、子宮頚部から分泌される頸管粘液が上手く分泌されず、精子が子宮に入っていけない場合、精子に問題があって、自然では妊娠の可能性が低い場合に行われます。

また男性が上手く性交や射精をすることができない場合にも、人工受精が行われます。人工授精は、生殖補助としては、比較的補助する部分が少ないため、上に挙げたような明確な問題がない場合には、あまり確率の良い治療法ではありません。

人工受精は多くの病院で行われますが、実際に成功率は高くなく、重要視されないことが多い生殖補助です。そのため、6回程度人工授精をしても妊娠に至らなければ、体外受精へのステップアップを薦められます。

鍼灸治療は、人口受精と非常に相性がいい治療法です。当院では、人工受精前に鍼灸治療を受けて頂くことで、何度も人工授精で失敗した方が、数回で妊娠に至ることは珍しくありません。

 

【体外受精・顕微授精と鍼灸】

 

体外受精は、成長した卵胞から卵子を取り出し、精子と受精させる方法です。卵子に対して、精子を振りかけるようにシャーレ上に注入する方法を体外受精と言い、顕微鏡下で選んだ精子を、直接卵子の中に注入する方法を、顕微授精と言います。

体外受精では、排卵する必要がないため、卵管が詰まっていても関係ありませんし、精子の量が少なくても構いません。但し、卵の質や精子の質、そして着床障害などは、体外受精でも顕微授精でもフォローできません。

繰り返し体外受精に失敗する方の場合、殆どが精子や卵子の質、そして着床障害が原因で妊娠には至らないと思われます。

鍼灸治療では、こうした精子の質や卵子の質を改善し、子宮内膜の免疫バランスを整えることで、着床しやすい子宮内膜を作ることができます。

<不妊鍼灸の効果>

・3カ月前から鍼灸治療を受けることで、卵の質が改善します。
・精巣の血流が改善することで、精子の質が改善します。
・子宮内膜の免疫バランスが取れることで着床しやすくなります。
・体外受精に対する不安感やストレスが軽減し、妊娠率が高まります。
・胚移植当日に鍼灸を受けることで、妊娠率が高まります。

【新たな一手としての鍼灸】

 

今までに色々な病院で、様々な不妊治療を受けてきて、どんどん成績が悪くなってしまったというあなたは、他の治療法を模索しているかもしれません。ところが、根本的なあなたのからだの問題を解決しなくては、あなたの本来の力は発揮できない可能性があります。

本当はあと少しで妊娠できるのに、あと少しを改善することなく、必要のない治療を重ねてはいませんか?薬やサプリメント、不妊グッズを集めるだけでは、根本的な解決をすることはできません。

最低限の努力で、最大限の効果を出すためには、あなたが今まで受けて来なかった、本当の不妊鍼灸や生活指導が必要です。

諦め切れないけれど、何からやるべきか分からないあなたは、まず当院で妊活カウンセリングを受けてから、今後の方針を決定すれば良いと思います。

そして必要であれば、当院の不妊鍼灸を受けて下されば結構です。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
2017/12/25
2017年下半期に妊娠された患者さま一覧
2017/12/13
最後の1個に望みをかけて 【2人目不妊、初期胚移植、内膜症】
2017/12/8
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2017/11/10
不眠に悩む現代日本人:症例
2017/11/9
【多嚢胞性卵巣症候群 人工授精と鍼灸の併用の症例 30代女性】
2017/8/23
機能性不妊 鍼灸のみで妊娠した30代女性の症例
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。