PAGE TOP

あなたにピッタリの施設と胚移植法を選んで下さい

2018年5月10日8:33 AM カテゴリー:不妊症

不妊鍼灸専門院である『鍼灸院 天空』は、大阪市中央区東心斎橋という繁華街にあり、地下鉄のアクセスも良いため、近隣の府県からも多く患者さまが来院されます。そのため京阪神地区の病院に関する情報は、実際に治療を受けている患者さまを通して、数多く寄せられます。

病院に中には、自分たちの施設によっての特性を持たせようと、

・施設の豪華さ
・ホテル並みの従業員教育
・医師の論文提出
・胚移植の際の独自オプション
・診療時間

などのサービスの個別化を図って、自分たちの特異性をアピールしています。

勿論、妊娠率や技術の高さなどで競争するのが本来の姿ですが、実際のところこの辺りは素人では判断が付きません。多くの通院患者さまは、HP上の実績や広告の出し方、患者向け説明会で判断し、通院を決定します。

そこで、私から一つの提案をしたいと思っています。

 

【体外受精の方は胚移植にこだわって下さい】

 

ここでは体外受精の方という限定された部分になりますが、一つの判断材料に使ってみて下さい。体外受精に限らず、不妊治療は、結果に個人差が大きい治療です。ある人には効果的でも、違う人では全く効果が無い場合があります。

特に体外受精の場合には、排卵誘発の方法や胚移植の方法だけでも、複数の方法があります。ここではその中でも、胚移植にこだわってみる方法をご紹介します。

胚移植には大きく新鮮胚移植と凍結胚移植があります。新鮮胚移植は、採卵して培養した胚(受精卵)を、凍結保存せずに、同じ生理周期で子宮に戻す方法です。

それに対して凍結胚移植は、同じ生理周期には子宮に戻さず、一旦生理が来てから、違う生理周期に胚を子宮に移植する方法です。

この二つの方法では、同じ胚で同じ子宮でも、妊娠結果が変わるとされています。一般的な日本人の場合には、凍結胚移植の方が妊娠率は高くなります。

ところが人によっては、凍結する際や解凍する際に、胚が崩れてしまい、妊娠に至るどころか移殖すらできなくなる方がいらっしゃいます。

日本の凍結や解凍技術は、世界でもかなりレベルが高いと思われますが、それでも凍結することで妊娠しづらくなる人がいらっしゃるのです。この場合、新鮮胚移植を選択する方が、妊娠率は高くなります。

その人の状態に応じて、移殖方法を選択する柔軟さが施設や医師に求められます。


移殖方法には、もう一つ大きな選択肢があります。

それは初期胚移植と胚盤胞移植です。初期胚は、受精後2~3日後の胚のことをいい、まだ細胞分裂がそう進んでいない状態の胚をいいます。それに対して胚盤胞は、受精後5~6日後の胚のことを指し、自然環境でいうなら、着床時の胚の状態を言います。

移殖する際には子宮内に移植するため、自然に近い形の胚盤胞の方が、妊娠率は高くなると言われています。施設によっても差がありますが、恐らく初期胚移植と比べれば、10~15%程度高くなるのではないでしょうか。

これだけの差があるのですから、全て胚盤胞移植を選択すれば良さそうですが、実際にはそうではありません。それは、採卵した卵に精子を受精させ、5~6日で胚盤胞になること自体が、かなり難しいことだからです。

年齢や条件、施設にもよりますが、受精卵が胚盤胞になる確率は、15~40%とかなり開きがあります。逆に言うなら、60~85%の確率で胚盤胞になれないのです。

折角採った卵が、移植することもなく廃棄処分になると思えば、「初期胚で移植すればよかった。」という方が多いのも頷けます。

統計上も、高齢の方の場合、初期胚移植の方が妊娠率が高いと報告されている施設もあります。これも人により差があるでしょうから、あなたにとって最善の方法を選択できる施設を選んで、移植法を自由に選択するというのが、最も妊娠しやすくなる方法だと思います。

施設によっては、胚盤胞移植しかしないという施設もありますので、予め医師への確認が必要です。

 

<まとめ>

・日本人は新鮮胚移植よりも凍結胚移植の方が妊娠率は高い。
・人によっては新鮮胚移植しか妊娠しない人がいる。
・胚盤胞移植は初期胚移植よりも妊娠率が確率が高い。
・人によっては初期胚でしか妊娠しない人もいる。
・施設によっては胚盤胞移植しかしないところもある。
・様々な移植法を試すことができる施設がお勧め

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。