PAGE TOP

不妊鍼灸の目標は高齢でも妊娠できるからだを作ること

2018年6月21日9:34 AM カテゴリー:不妊症

不妊鍼灸が目指すところは寿命を延ばすこと

 

【妊娠・出産と寿命の関係とは】

 

先日見た論文の中に、32歳以上で最後の出産を経験した女性は、寿命が長い傾向があるというものがありました。

出産の年齢が寿命と関係があるということが、あまりピンとこない方も多いはずです。現在の日本では決して32歳は遅い年齢ではありませんが、一昔前の日本なら高齢出産一歩手前という年齢です。

色々な論文を検索していると、お子さんが一人増えるごとに、少しずつ寿命が長い傾向があるという論文もありました。

果たしてこうした論文の意味することとは、どのようなものでしょうか?

 

【元気な人ほど遅くまで沢山出産ができる】

 

こうした論文で話題になるのは、出産をしたから寿命が長くなるのか、寿命が長い人は出産をたくさんできるのかという問題です。

勿論、条件によりこれは変わります。発展途上国の方と先進国の女性を、同じ土俵では比べられません。

発展途上国は、出産数が多く寿命が短い傾向がありますし、先進国はその反対になるからです。ところが条件を同じにしたところ、やはり出産数や出産年齢と寿命は比例関係になるようです。

但し一般的な数の場合にはです。生涯で15人というような出産数になると、出産と共にその人の寿命が長くなるという傾向は無くなるそうです。

結果から言うと、数多く高い年齢まで出産をできる人は、健康度が高く、寿命も長い傾向があるというのが正解だそうです。

確かに出産を繰り返すなら、飲酒や喫煙習慣も持てないでしょうし、生命の危機もあまり感じている状態ではないのでしょうから、寿命が長い傾向は頷けます。

 

【不妊鍼灸が目指すところは高齢出産ができるからだ作り】

 

私たち不妊鍼灸をしている人間が目指すべきことは、高齢でも出産ができるからだ作りであり、多産ができるだけのからだ作りです。

これは、女性の健康度そのものだからです。ただ単に体力があって長い距離を歩けるというだけではなく、命を作る力=命を維持する力だということになります。

私たちは、普段の施術の中で、血液検査を元にその人の体力を判断することがあります。これは、「自分の命をいかにコントロールできているか。」という、生き物としての基本能力を見ているのです。

自分の命を維持できなければ、新たな命を授かることができないというのが、私の持論です。日々の生活やお仕事で、身も心も疲れ果てている女性では、新しい命を授かることは難しいのです。

「自分の生命力を高める。」という最低限のことを、生活指導や鍼灸治療でおこなうことで、妊娠するだけの力を蓄えます。

外的な力で強制的に妊娠させるよりも、内側から生命力が湧き出ることで、結果的に妊娠できる方が、あなたは安心だと思いませんか?

鍼灸治療では、自律神経の調整をすることで、消化器の吸収を良くして栄養分をからだに取り入れ、取り入れた栄養を血液循環を利用して、必要なところに届けます。

卵巣は、栄養を受取ることで卵の質を改善し、その他の内臓器も活発に働けるようになりますので、からだ全体が元気になるというわけです。

また免疫バランスを整える働きから、病気にかかりにくく、アレルギーなども抑えられるようになります。

不妊鍼灸を受けて頂いた方の多くが、体質改善の効果を体感されるのは、こうした働きによるものだと思います。

免疫バランスが整えば、精子や受精卵に対して免疫が攻撃をしないため、受精卵が作られやすくなり、着床もしやすくなります。

全てからだが整うことで、結果的に妊娠がしやすくなるというわけです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。