PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

できるだけ自然に妊娠するとは?

2018年7月10日9:49 AM カテゴリー:不妊症

「できるだけ自然に」は逃げの言葉?

 

妊活の為に、当院の鍼灸治療に来院される方の、9割以上は女性です。つまり、来院される男性の割合は、1割にも満たないわけです。

ところが実際に来院された方にお話を伺うと、少なからず男性側に問題が見られるご夫婦の割合は、3~4割以上になるのではないかと思われます。

特に決定的な不妊原因がない場合には、ご夫婦ともに少しずつの原因を持っている場合が殆どです。

では何故男性は鍼を受けに来院されないのでしょうか?

・鍼が怖い。
・2人で受けると施術料が2倍になる。
・鍼に効果があると思っていない。
・仕事が忙しく時間がない。
・自分は悪くないと思っている。
・女性側の治療だけで十分だと考えている。
・興味がない。
・何となく逃げたい。
・できるだけ自然に妊娠すれば良いと思っている。

私は男性ですので、同性として敢えて予想すると、恐らくこの辺りが理由なのではないかと予想します。

その中でも、「できることなら、自然に妊娠すれば良いと思っている。」というのは、よく男性側から聞こえてくる意見です。

一見相手のことを思いやっているようで、実際には自分が治療を受けたくないという場合も多く、不妊治療を受けている女性のことは、あまり考えていない男性の意見ではないかとも思えます。


女性側の意見としては、「今まで自然にやって妊娠しないから治療をしているのに。」という現実的なものが多く、普段、論理的な話が好きな男性が、逆に論理的では無くなるのが不妊治療の不思議なところです。

ただ、できるだけ自然にということ自体は、決して間違っているわけではありません。このできるだけ自然にという部分を突き詰めれば、あなた方ご夫婦には妊娠のチャンスが高まってくるはずです。

 

自然に妊娠するとは

 

では自然な妊娠とは、一体どのようなものでしょうか?

・薬を使用しない。
・病院に通わない。
・タイミングを気にしない

これでは「自然に」というよりは、何もせずに妊娠するということになりそうです。

こうした環境で妊娠するには、それ以外の条件も考えてみた方が良さそうです。こうして、何もせずに妊娠をするためには、あなたやパートナーにも、ある程度の条件があります。

・自然な性行為が毎月複数回あること。
・生理不順がなく、ホルモン分泌や排卵が整っていること。
・子宮や卵巣機能に問題がないこと。
・男性機能に問題がなく、いつでも性交が可能なこと。
・精子や精液の異常がないこと。
・食事内容に不備がなく、バランスの良い食事を適量摂っていること。
・ストレス管理ができていること。
・肥満や痩せすぎが無いこと。
・喫煙習慣や過度の飲酒がないこと。
・できるだけ年齢が若いこと。
・先天的不妊原因がないこと

こうした条件が当てはまるなら、何も治療をしなくても大丈夫かもしれません。これに当てはまらない方は、できるだけ自然にという意味を考える必要があります。

 

できるだけ自然に妊娠するとは

 

自然に妊娠するということと、できるだけ自然に妊娠するということは、同じようで少し違います。

できるだけ自然にということは、必要最低限のサポート受けてということですから、その人により必要とするサポートはかなり違います。

ある人では、タイミング指導や生活指導だけかもませんし、ある人では体外受精であるかもしれません。

つまり、その人にとって適切なサポートを、見極める必要があるということです。

私は長年不妊治療を患者さまの傍で見てきて感じることは、女性は過度の治療を求める傾向があり、男性は過少な治療だけ受けるべきだ、という傾向があるということです。

そうした男女の違いを埋める仲介役として、私の存在があるのだと感じることは多々あります。必要のないステップアップをしようとする患者さまを、必要最低限の不妊治療に留めることは、妊活成功の秘訣です。

不必要な不妊治療を受けさせないことは、からだを傷付けることを防いだり、妊娠治療に対するネガティブな感情を抱かせないことに繋がります。

また妊娠中の健康を維持したり、産後の子育てをするだけの余力を残すことにもなります。妊活だけで燃え尽きてしまわないようにしなくてはいけません。

必要な検査や治療に関しては、できるだけ早く受けて頂くことで、1日も早く妊娠や出産の日を迎えて頂くことができます。

こうした適切な検査や治療のタイミングを見極める作業も、私たちの仕事ではないかと思います。

鍼灸治療は必要最低限の治療か

 

私たちが行う鍼灸治療は、必要最低限の治療なのでしょうか?

私たちが行う鍼灸治療は、あなたの生理周期を整え、あなたが本来持っている生殖能力を発揮するためのサポートです。

投薬をするわけではないため、あなたの能力以上のことはできません。あくまでも、発揮しきれていない能力を、発揮できるようにするだけです。

女性

・血流増加により卵胞を育てる。
・卵胞の成長を促すことで卵の質を上げる。
・視床下部や下垂体に影響が及び、ホルモン分泌のバランスが良くなる。
・排卵がしやすくなる。
・子宮内膜が肥厚しやすくなる。
・子宮の免疫環境が整いやすくなる。
・栄養の消化吸収がしやすくなる。
・ストレス耐性が上がる。

男性

・血流増加により精子の質が良くなる。
・血流増加によりEDの改善がみられる。
・自律神経のバランスが取れることで、性機能が向上する。
・ストレス耐性が上がる。

こうした働きを、投薬なしで実現するのですから、必要最低限にして、最大限の力を発揮すると言っても過言ではないでしょう。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。