PAGE TOP

不妊鍼灸における遠隔治療と局所治療の違い

2018年7月17日1:24 PM カテゴリー:不妊症

 

不妊鍼灸だけではなく、東洋医学的な鍼灸治療には、遠隔治療と局所治療があります。これを東洋医学では、本治法と標治法と言います。

本治法は、手足の末梢近くにあるツボを刺激して、脳を仲介して五臓を整える方法です。そのため、手首や足首の周囲のツボを刺激するだけで、内臓を動かしたり、ホルモン分泌を調整したりできます。

標治法は、標的とする内臓などを直接的に刺激する方法です。不妊鍼灸の場合には、目的とする子宮や卵巣の近くにあるツボを利用します。海外の文献などを見ても、比較的似たツボを利用することが多いようです。

よく使用されるツボとしては、関元穴、天枢穴、子宮穴、腎兪穴、関元兪穴、次髎穴、中髎穴、命門穴などが多いようです。

これらのツボは、大体腹部ではへそから恥骨辺りまで、腰では第2腰椎から尾骨辺りまでとなっています。

この本治法と標治法を、私たち鍼灸師は少し違った意識で治療しています。その違いについて、ご紹介します。

 

【標治法】

 

標治法は、先ほどご紹介したように、いわゆる局所治療です。そのため西洋医学的に不妊原因がある程度分かると、子宮や卵巣など標的を絞って施術を加えることができます。

どうしても分からなければ、子宮と卵巣の両方に施術を加える目的で、広い範囲に施術すれば大丈夫です。

骨盤や腹部周辺に加えられた刺激により、周辺の交感神経の働きを制限し、その結果、副交感神経が優位になることで、毛細血管が拡張して血流が良くなります。

標治法は、比較的分かりやすいため、簡単に誰でも行うことができます。不妊鍼灸専門治療院ではなくても、鍼灸免許を持つ鍼灸師さえいれば、行いやすい方法だと言えます。

ただ本当に高い効果を出そうとすれば、ツボの位置や深さ、方向、刺激量などの調整が必要ですので、高い技術が必要です。

より高い効果を出すためには、不妊鍼灸を専門的に行う鍼灸院の方が良いと思います。


 

【本治法】

 

本治法は、遠隔治療が主となります。肘や膝よりも遠位にあるツボを使用し、少ない刺激量でも大きな反応を得ることができます。

鍼灸業界では、本治法ができる鍼灸師が、より高いレベルの施術をすることができると考えられています。

そのため知識や経験が問われる、非常にレベルの高い施術が、この本治法だと言えます。当院でも、この本治法を習得するために、非常に長い研修時間を設定しています。

毎週水曜日は、朝10時から夜7時までを、全て研修時間に当てて、社員全員のレベルアップを図っています。

本治法は、その人によって違う経絡と経穴(ツボ)を使用するため、より正確な東洋医学的診断が必要になります。


正しく本治法を使用すると、西洋医学では苦手とする機能性不妊を、妊娠に導くことができます。形になりにくい本治法を正しく伝えるため、当院では後進の育成に時間を掛けているのです。

 

 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。