PAGE TOP

男性不妊を改善する唯一の方法 【不妊鍼灸と生活改善】

2018年7月20日8:42 AM カテゴリー:不妊症

【精子の状態は生命力を表す】

 

不妊鍼灸に来院される大多数は女性ですが、妊娠の可能性を高くするためには、男性不妊の問題は無視できない問題です。

ここで一つの論文をご紹介します。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5586815/
<Sperm Parameters: Paradigmatic Index of Good Health and Longevity>

この論文のタイトルは、「精子のパラメーター:健康と長寿のパラダイム指標」と言います。この論文に書かれている内容を、少しご紹介します。

この論文の中では、精子が様々な健康や寿命の指標になっているということが、実際の研究論文を元に書かれています。

その例を挙げると、男性のBMIが増加すると、睾丸体積の減少、精子数の低下、精子の運動性の障害、精子のDNA断片化の増加、血清テストステロン値の低下、性欲の低下、勃起障害などが増加します。

当然ながら、こうした変化は、男性不妊と高い相関関係があります。肥満が高度になるほど、男性が原因の不妊は劇的に増えます。

また肥満度が高くなるほど、健康度は低くなり、寿命が短くなることは想像に難くありません。

更に、糖尿病や高血圧、性感染症、喫煙などは、精子の質を悪化させ、男性不妊を引き起こす原因となるだけでなく、寿命にも大きく影響を与えます。

つまり精子の問題は、全身の問題、更にはその男性の寿命をも表す、一種のパラメーターだというのです。


 

【男性の意識と精子】

 

男性にとっての精子は、心理的には非常に軽い存在です。恐らく大部分の男性は、出しても出しても尽きることなく、一生作ることができると思っているに違いありません。

最近でこそ、男性の精子も年齢と共に劣化すると言われますが、一昔前までは、男性は年をとっても、精子は劣化しないと信じられていました。

また女性と違い、射精は毎日でもできますから、月に1回しかない排卵と違い、どうしても精子に対する思い入れは深くありません。

そのため、精子の質が良くても悪くても、あまり男性は大きなショックを受けることはありません。唯一ショックを受けるとしたら、精液中に精子が全くないという場合だけです。

あるいは勃起障害や射精障害などの、見た目に分かるものだけは、男性のプライドを傷付けるようです。

ところが実際には、精子の状態が、その人の健康状態や寿命を表し、健康状態の変動に合わせて精子の状態も変化するのです。

妊活を行う男性は、先ず精子の問題を、自分の健康状態や生命力と重ねて見るということをするべきです。

あなたが考えるほど、精子の問題は軽い問題ではありません。

 

【精子の質を改善する生活習慣】

 

精子の質を良くするには、その男性の生命力を高めることをすれば良いわけです。逆に言うなら、生命力を弱めるようなことを止めれば、精子の質は高まってくることになります。

 

・禁煙(これは必須です)
・飲酒量を減らす。
・肥満を解消する。
・甘いものや油ものを食べないようにする。
・肉食よりも魚食を増やす。
・ビタミンC、セレン、亜鉛などのサプリメントを摂る。
・運動習慣を身に付ける。
・血圧を下げる。
・糖尿病を改善する。
・その他慢性疾患を予防する。

この項目だけ見ると、まるで中年男性の生活指導のようですが、これらが全て精子の質を上げることに繋がるというエビデンスが世界中から集まっています。

一つ一つの項目で記事が作れるほど、たくさんのエビデンスがあるのです。もし精子の質が悪く、この項目を見て当てはまることがあるようでしたら、速やかに改善の努力をなさって下さい。

間違いなく精子の質は改善し、あなた方ご夫婦の妊孕性は高まります。また、あなた自身の寿命も長くなるはずです。

これからお子様を持とうという男性は、父親になってから、お子様と共に楽しい生活を送る為にも、健康を意識した生活をするべきだと思います。

 

【男性不妊の鍼灸治療】

 

男性不妊の方に対する鍼灸治療は、大きく局所治療と全身治療に分かれます。局所的には、精巣の働きが良くなるように、腰や下腹部に鍼灸刺激を与えて、血流を良くして栄養をたくさん精巣に送り、活性酸素が精巣内に残らないようにします。

全身治療としては、ストレスの軽減やホルモン分泌の調節、更には自律神経の調節などを目的に、脳に影響を与えるようなツボを選んで刺激します。


特に視床下部、下垂体、扁桃体、前頭前野、海馬などの部位は重要ですので、そうした部位に影響を与えるツボを選ぶと効果が挙がりやすいと思います。

最も効果を体験しやすいのは、局所的な下腹部や骨盤周囲への鍼灸治療かもしれません。経験的にも、EDの患者さんに大変喜ばれたこともありますし、精子の質が大幅に向上したこともあります。

不妊鍼灸に男性はあまり来院されませんが、女性だけでの妊活には限界があります。特に精子は、自分でDNAを修復する働きがありませんから、傷付いたDNAを作った時点で、その精子は役に立ちません。

そうした精子の特徴を知らないからでしょうが、DNAを傷付けるタバコを吸い続けるなど、喫煙男性は妊活中の男性としては不適格です。

女性が頑張って妊活をしても、男性が喫煙をするだけで、妊娠する確率は50%減となります。健康なご夫婦の妊娠率を考えても、その50%減ということは、妊娠はほぼしないと考えた方が良いでしょう。

特に、高齢、肥満、高血圧、糖尿病、その他のリスク因子を持っていれば、喫煙をするだけで不妊治療の効果は0に等しくなってしまいます。

当然ながら、鍼灸治療の効果も果てしなく0に近付くでしょう。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。