PAGE TOP

欧米人は肩がこらないは都市伝説?

2013年4月13日8:14 AM カテゴリー:肩こり

肩こりは、欧米人にはなく、日本人特有のものと、よく言われています。
実際のところは、洋の東西を問わず、肩こりはあります。
確かに、肩こりに相当する英語はありません。

ただ、「肩」という場所の、認識に違いがあります。
日本人の言う「肩」は、西洋では、首あるいは胸郭に含められています。
すなわち、西洋人は、「肩こり」を「首のコリ」(stiff neck)と呼んでいます。

また、日本人の言う「肩こり」という言葉も、古くからあるものではありません。明治時代に、夏目 漱石が、命名したとされています。
肩こりは、人類共通の悩みともいえます。これは、古代ローマ帝国において、すでに、マッサージの仕事があったことからも、窺えます。

肩こりが、人類共通の悩みであるのはヒトが、進化の過程で二足歩行、立って歩くようになったからだといえます

ご存じのように、ヒトには背骨があり、その背骨が、支柱となって、ヒトは直立することができます。
この背骨は、頭のところからお尻のところまで含めますと、32~35個の小さな骨(椎骨)から成り立っています。

この椎骨(椎体)が、レンガのように積み重なって、背骨を形成しています。そして、上は頭蓋骨(とうがいこつ)、下は骨盤に連動しています。

椎体と椎体を繋ぐものに、椎間板と呼ばれるクッションがあります。このクッションにより、ヒトは背骨を曲げ、上体を動かすことができるわけです。

これらの、からだの構造は、人種によって違いはなく、人類共通のものです。
進化の過程からは、現在の背骨の基本的な構造は、ヒトが直立し、歩く以前に決定されたとしています。
ここに肩こりが、日本人特有のものではなく、西洋人にも、当然ある理由があるわけです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/11/20
3年間全く妊娠しなかったのに、通院8回で妊娠しました。
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。