PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

第1回妊活応援セミナーin長堀橋無事終了しました。

2018年9月9日2:00 PM カテゴリー:セミナー,不妊症

【皆様ありがとうございました】

 

 

昨日は、第1回の当院主催「妊活応援セミナー」を開催しました。

1人で開業していた15年前以来の開催で、正直少し焦ってしまい、早口で捲し立てるように喋ってしまい、後で聞き返すと、聞き辛いお話になってしまいました。

ご来場頂いた皆様申し訳ありません。

昨日の内容はというと、不妊治療や妊活において最も重要な生理周期やホルモン周期についてのお話で、かなり難解な部分を短時間に詰め過ぎた印象もありました。

反省ばかりですが、終わってから頂いたアンケートには、温かいお言葉を頂き、感謝です。次回以降の開催に、是非とも活かしたいと思います。

 

【セミナー内容】

 

今回のセミナーでは、主にホルモンに関することと、それに纏わる不妊のお話。さらに、不妊鍼灸とは何をしているのかというお話をさせて頂きました。


女性ホルモンは、卵胞の細胞で作られますが、皆様の意識の中では、あまり卵胞を育てて、女性ホルモンを作るという意識がないようでした。(当たり前ですね)

特に病院に通っている人は、「ホルモンが出るから卵胞が育つ」という意識が強く、脳から分泌されているホルモンと、卵胞で作られるホルモンの区別が、よく分からない方が多いようでした。

そこで、卵巣内での卵胞の発育のお話と、そこから作られる女性ホルモンのお話に、多く時間を割いてお話させて頂きました。

女性ホルモンは、「自分たちが卵胞を育てることで分泌させる。」という意識が強くなると、自然と他のホルモン分泌も整ってきます。


次に鍼灸のお話でしたが、こちらにはあまりお時間を取ることができずに、駆け足の説明になってしまいました。s参加者の皆様、申し訳ありませんでした。

その後、30分間の質疑応答をさせて頂き、幾つかご質問を頂きました。その中で、「酵素」というものについてお話をしました。

現在、健康食品や妊活サプリなどでも、「酵素」というものが販売されていますが、その実際の効能は、はっきりとしません。

私がイメージする酵素というのは、体内で様々な化学変化を起こす際に必要な物質です。肝臓で作られ、物質代謝やエネルギー代謝などに働きます。

これらは、あくまでも体内で合成して働かせるものであり、体外から入れたからといって、そのままの酵素としては働きません。

そのため、特定の酵素を摂ったからといって、消化吸収される過程で、全く違う形に変換されるため、酵素を摂る意味がないのです。

いわゆる「えせ科学」というものだと思われます。必死に妊活で摂っている方からすると、「そんなはずない!だってネットでは良いと書かれている。」と仰るかもしれませんが、こうした商品は、殆どが妊活の役に立たないことは、悲しいかな事実です。

口から入れるものに関しては、必須栄養素を必要な種類、必要量摂ること以外にはない、と考えた方が良いと思います。セミナーでも、同様のご説明をさせて頂きました。

 

【次回の妊活セミナーはお灸講座】

 

次回の妊活セミナーは、誰にでもできるお灸講座にしようかと考え中です。煙の出ないお灸を使用して、屋内でも気にせず、皆さんでお灸ができればと思っています。

お灸は、民間療法としては鍼よりも普及しており、独自に解説書やネット情報で行っている方も多いでしょう。妊活や不妊鍼灸のプロである当院の鍼灸師が、ツボの取り方や自分に合ったお灸の方法についてお話と実技をさせて頂きます。

次回開催予定日時:平成30年10月13日(土)15:00~

   開催予定地:長堀橋近辺

参加希望は、改めて募集させて頂きます。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。