PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

不妊治療で不妊になることも

2017年10月7日8:39 AM カテゴリー:症例

きっかけ

きっかけはふとしたことでした。結婚した年齢が30代後半だったAさんは、手遅れになってはいけないと思い、産婦人科を訪れました。

ニュースやネットでは、年齢とともに卵子の質が悪くなると書いてあります。それでは、最初から専門病院の方が良いのかと思い、高度生殖医療を扱う不妊専門病院に通い始めました。



病院では、最初にホルモン検査や基礎体温を調べました。特に問題は無かったのですが、年齢を考えて、3周期程度でステップアップをするように勧められました。この時点で、ご主人は、仕事の都合や本人の意向もあり、検査等は行いませんでした。

最初は、タイミング法で始めることになり、排卵誘発剤(クロミッド)を処方されました。あっという間に3ヶ月が経ち、タイミング法の3周期が終わりました。

ステップアップ

タイミング法の3周期が終わった段階で、Aさんには少し気になることがありました。それは生理の量が極端に少なくなってきたことでした。医師に相談しようと思ったのですが、いつも忙しそうで、質問をする雰囲気ではありませんでした。そして医師に促されるまま、人工授精にステップアップが決まりました。

人工授精になると、排卵誘発剤の種類が変わり、注射(hMG)で誘発を行い、排卵(hCG)まで注射で行うようになりました。そして、人工授精で採った旦那さんの精液を調べると、精子の数や運動率、奇形率に問題があることが分かりました。

その後3周期の人工授精を続けましたが、妊娠には至りませんでした。この頃になると、生理の量がかなり減っていて、エコーでも内膜の薄さを指摘されるようになりました。

鍼灸院に来院

体外受精には踏み切れないまま、人工授精を続けて6回行いましたが、6回目には排卵していないため、キャンセルとなってしまいました。このまま続けていいものかと悩んでいたところ、知り合いに勧められて鍼灸を受けてみる気になり、当院に来院されました。

来院時、この女性は少し「冷え症気味かな」と思う程度で、大きな体調不良は感じていませんでした。ところが問診を進めていくと、不妊治療にかなり大きなストレスを抱えていることや、ご主人が喫煙者であること、女性がダイエットをしているなどの問題が分かりました。

実際にからだを触って診察をさせて頂くと、問診で聞いていたよりも下半身の冷えが酷く、お腹も固くなっていました。腹診の胃腸に関連するところ、子宮や卵巣に関連するところも、冷えて固くなっていました。そのため、自分の能力を発揮できていないようでした。

そこで,まず鍼によりお腹を柔らかくしながら、子宮や卵巣へ新鮮な血液を送り込むように鍼灸治療を施しました。食事内容も変えて頂き、ダイエットは産後にして頂くことにしました。妊娠すれば太りますから、産後の養生が終わってから,考えていただくことにしました。

できれば、ご主人と共に通院して頂くようにお願いしたのですが、これは叶いませんでした。ただ資料をお渡しして、禁煙だけは頑張って頂くようにお願いしました。

その後、数ヶ月は月経周期の乱れはありましたが、約半年程度で妊娠されました。この頃には、流されるままに通っていた病院での治療を中止され、自力での妊娠となりました。

考察

この女性の場合、必要のない投薬治療を始めたことや、不妊治療へ通うというストレスが、より妊娠しにくいからだを作り出したようでした。

自力で排卵も月経もあることを確認していながら、タイミングが取りやすくなるということだけで、患者さんの能力を低下させてしまった責任は、非常に大きい様に感じます。ただ、現在の不妊治療のマニュアル的には、当たり前のことなのかもしれません。

こうした例は、私たちのように不妊鍼灸をしていると、当たり前のように遭遇します。怖いことですが、医療が不妊を生むこともあるのです。できるだけ、自分の妊娠能力を活かして治療することは、副作用を防ぐ意味でも、順調な出産や元気な赤ちゃんを産む意味でも重要です。

流されて治療を受けていると思われる方は、是非参考にして下さい。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。