PAGE TOP

AMHを気にする必要はありませんが、どうしても気になるなら鍼灸を

2017年11月6日10:00 PM カテゴリー:不妊鍼灸

不妊専門病院に行くと、最近は比較的早い時期にAMH(アンチミューラリアンホルモン)の値を測ります。

このAMHというのは、卵巣予備機能とも言われますが、どうも言葉だけが独り歩きしてしまっているようです。

正しくAMHのことを知ることで、必要のない恐れを取り除きましょう。



AHMとは

AMHは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。

卵巣からは、毎月1個の卵が排卵されますが、準備段階の卵が常に数十個~数百個成長を続けています。


 

つまり排卵自体は1個でも、卵巣の中は育ちかけの小さな卵たちがたくさんいるのです。

この育ちかけの卵の周囲にある、顆粒膜細胞から出たホルモンがAMHです。

<トートラ解剖学より>

そこでAMHが高い女性は、卵巣で育ちかけの卵がたくさんあるということで、卵巣にたくさんの卵が残っていると評価されます。

AMHは変動します

AMHは育ちかけの卵胞から分泌されるホルモンです。そのため、測る時期や条件で数値の変動が見られます。

例えば冬季には、AMHが2割弱少なくなります。またHMGやFSHが上昇すれば、AMHも上がります。

また妊娠やピルの服用で低下します。最もAMHが高くなるのは、生理から生理の終了までの間です。

喫煙者や受動喫煙をする環境では、AMHは下がりますし、何かの病気に罹った時にもAMHは下がります。

AMHの数値を上げるには、ビタミンDの摂取が良いとされています。ビタミンDの受容体は、卵巣内の顆粒膜細胞に存在しており、卵胞の発育にビタミンDが関係していることが分かっています。

AMHは直接卵の質とは関係ありません

AMHの数値が高いと、卵の質が良いわけではありません。逆に、AMHの数値が低いからと言って、卵の質が悪いわけでもありません。

AMHは、あくまでも卵巣内の育ちかけの卵胞数と割り切って下さい。

例えば、排卵障害の一種であるPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)では、卵巣内に育ちかけの卵胞が多いため、AMHは非常に高くなります。

だからと言って、PCOSの女性の妊娠率が高いわけではありませんし、妊娠しやすいわけではありません。

強いて言えば、PCOSの方は、採卵をする場合には、比較的採卵数は多くなりますので、体外受精や顕微授精には有利な場合もあるということです。

AMHが低くても閉経するわけではありません

オランダで1992〜2001年に行われた調査では、AMHで閉経の時期を予測するのは難しいということが分かりました。

若年者の場合には、閉経が早いか遅いかという、「傾向」の判断は付くそうです。30代後半以降では、その傾向すらも、予測することもできないそうです。

また母親の閉経年齢が低い方で、自分のAMHが低い方では、閉経年齢が早くなる傾向があるそうです。

そうした条件に当てはまる方は、妊活をスピードアップして下さい。

スピードアップとは、体外受精をするということではなく、あくまでも、しっかりと体調管理するということです。

AMHが低くても妊娠します

現状では、AMHが低いからと言って妊娠しにくいとしたデータはありません。

私が今まで治療してきた女性も、AMHが1.0を切る人はかなり多く、それと妊娠はあまり関係ありませんでした。

ただAMHが低いという心理的ダメージは、かなり心に大きく響いていたように思います。

正しい事実を知れば、こうした間違ったイメージで負う心理的ダメージは、かなり軽減されると思います。

AMHが低くても妊娠はできます。

【体外受精に対する鍼灸治療の論文】

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26455718

こちらの論文では、体外受精で採卵を行う女性240人を4群に分けて調査しています。

1.鍼灸治療 2.偽薬での治療 3.投薬生理周期管理 4.コントロール群

この調査では、1と3の群で採卵数の増加、AMHの上昇が見られ、鍼灸治療の群では、著しく妊娠率が高かったそうです。

どうしてもAMHの数値が気になるなら、鍼灸治療も選択肢の一つだということです。

AMHの数値を上げながら、妊娠率自体も改善することができます。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。