PAGE TOP

二人目不妊を正しく理解して、新たな命を授かる方法をご紹介。

2017年11月12日10:26 AM カテゴリー:お勉強

二人目不妊にお悩みの方は非常に多く、ご相談もよく頂きます。

・一人目はすぐに妊娠したのに、二人目はなぜ妊娠しないのだろう?
・一人妊娠できたのだから、二人目もできるはず。

多くの方は、こう思うはずです。あなたも思っているのではないですか?



私は、そうは思いません。一人目を妊娠する前と、一人目を産んだ後は、からだの状態が全く違うからです。

【出産後、あなたのからだに何が起こったのか】

出産後、赤ちゃんに授乳するため、プロラクチンというホルモンが分泌されます。プロラクチンが分泌されている間は、それ以外の女性ホルモンの分泌が抑制され、生理を休止して、赤ちゃんを育てやすい環境を作ります。

妊娠前にも関わらず、プロラクチンが多く分泌される「高プロラクチン血症」では、排卵障害が起こり不妊となるのは、そのためです。

授乳が終わり、プロラクチンの分泌が減れば、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が再開され、元の生理周期に戻るのですが、この時に上手くホルモン分泌のリズムを取り戻せない方がいらっしゃいます。

一人目の子育てに忙しいあなたは、知らず知らずのうちにストレスをたくさん抱えてしまい、その結果ストレスから起こる様々なからだの不調を抱えている可能性があります。


高ストレスで生理不順や不妊傾向が出てくるのは、未妊の時だけではありません。産後のストレスは、多くの母親の悩みです。

出産からしばらくは、数時間おきの授乳やおむつ交換に忙しく、今までとは全く違う環境に戸惑ったに違いありません。

「楽しい」や「うれしい」だけで乗り切れるほど、子育ては簡単ではありません。

こうした積み重ねは、妊娠前のように自分のからだを労わることを忘れさせます。気が付くと疲れ果てていて、そのまま二人目妊娠を計画してはいませんか?

それでは中々妊娠はできません。先ずは、今の自分のからだを正しく知ることが大事なのです。その上で、しっかり妊活をすれば、あなたの願う、新しい家族が迎えられるはずです。

【産後のホルモンバランスを整える】

出産後、二人目の妊活を考えたときには、一旦からだをリセットすることを考えてみてはいかがでしょうか?

妊娠中や産後は、普段の女性のホルモン周期とは、全く違うホルモン分泌をしています。そのため、二人目の妊活をする時には、改めてからだを整えて、元の生理周期に戻す必要があります。

妊娠前に生理不順があった方の中には、妊娠や出産でリセットされ、逆に妊娠しやすくなる方もいらっしゃるのです。ただ、二人目不妊にお悩みということは、妊娠や出産が、プラスには働かなかったということです。

そうした場合には、改めてホルモン分泌を整えて、妊娠しやすいからだ作りをする必要があります。

ここでも一人目を妊娠した時と、出産した後は違うからだであるという認識が必要です。

【早期の職場復帰が更にあなたを追い詰める】

仕事をお持ちの女性の場合、本来はまだ授乳期であるにも関わらず、早期に職場復帰をされます。その結果、母親としての本能やホルモン分泌をお持ちのまま、未妊の頃のような生活になってしまいます。

しかも、家に帰ると母親の仕事が山積み。そのままで、身体のケアもせずに二人目の妊活をするというのは、心身ともに追い詰められても不思議ありません。

育児と仕事をしながら妊活をされる方は、是非一度ご相談下さい。育児をするだけの体力、仕事をするだけの気力、そして妊活のための妊娠力を一緒に作りましょう。

【先ずは体調を整えてから妊活】

二人目不妊にお悩みの方の中には、産後の養生が十分にできていない方がいらっしゃいます。

一人目のご出産から、十分に休むことなく、子育てや職場復帰をした方は、先ずはからだを整えることから始めましょう。

あなたのからだに起きている、肩こり、腰痛、頭痛、むくみ、冷え、倦怠感、生理痛、イライラなどをまとめて治しましょう。

こうした不快症状を無くすだけでも、妊活は一歩前に進みます。不妊鍼灸でも、こうした不快症状を一番に取り除きます。

それだけでもホルモン分泌がスムーズになるからです。

しっかり体調を整えてからでも、病院に行くのは遅くはありません。体調さえ整えば、病院で行う不妊治療は、あなたに効果的に働きます。

【二人目不妊解消法】

二人目不妊を解消するには、今までに書いていたこと以外にも重要なことがあります。

一つは、物質的な要素です。妊娠中、赤ちゃんを育てるための栄養は、胎盤を通してお母さんのからだから供給されています。


もし母体に栄養が足りていなければ、母体の細胞や組織を壊してでも、成長に必要な材料を赤ちゃんに提供します。

自分の赤ちゃんのために、からだを壊してまで栄養を提供したあなたのからだは、産後急激に回復期を迎えます。

また授乳期にも母乳から栄養素は奪われますから、産後にこれらの失われた栄養を補えているかを考えてみて下さい。

子育てや仕事を頑張りながら、自分のからだのことを考えて、失われたからだの材料をしっかり補えているでしょうか?

もしそれが足りていないなら、まずは必要な栄養を摂ることから始めて下さい。必要な栄養の摂取は、避けては通れない問題です。

そのため「鍼灸院 天空」でも、二人目不妊の方に、血液検査の結果を見せて頂いています。正しく栄養情報を得るためです。

また栄養の吸収をするために鍼灸治療を行い、栄養が含まれた血液を鍼灸で必要な臓器へ送り込みます。

栄養の摂取という物質的な問題と、血流という物質的な問題を、食事と鍼灸で同時に解消することで二人目不妊を解消します。

新たな命を授かり、育てるだけの余裕を、あなたのからだに持って頂くために、私たちがお手伝いいたします。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。