PAGE TOP

これからの冷える季節は、妊活に影響があるのでしょうか?

2017年11月14日8:25 AM カテゴリー:不妊鍼灸

11月に入り、大阪市内でも朝方は寒い日が増えてきました。こうした気温の変化は、妊娠率と関係があるのでしょうか?

結果から言うと、「あまり関係はない」というのが正解なようです。海外の論文では、IVFの場合には春が最も成功率が高いというものがありますが、日本国内ではあまり差がないと思います。




【実際の月別出生数の変化】

季節による妊娠率の変化は、発展途上国などではあるそうです。日本のような環境では、あまり妊娠率による差はないように思います。

 26年 1月  79 840
      2月  73 977
      3月  79 369
      4月  78 444
      5月  83 230
      6月  81 566
      7月  89 676
      8月  87 003
      9月  90 523
     10月  88 808
     11月  80 483
     12月  90 613
 27年 1月  80 580
      2月  76 165
      3月  82 287
      4月  82 858
      5月  83 602
      6月  83 142
      7月  88 857
      8月  86 255
      9月  86 570
     10月  85 995
     11月  81 127
<月別出生数 厚労省HPより>

こうして見てみても、そんなに大きな差はありません。

【自然界では季節差が存在する】

全く自然な状態では、季節による妊娠率には差が出ます。その理由の一つは、気温の変化です。

気温の変化を最も受けるのは、精巣温度です。精巣は高温に弱く、精巣内温度が1度でも上がれば大変です。

精巣温度が上がるサウナや入浴では、精子の数や運動率が悪くなることが分かっています。

イタリアの実験では、3カ月の間、週2回×15分間のサウナに入ってもらうと、精子濃度、総精子数、前進運動精子率は全て低下しました。

サウナを止めて3カ月すると、精子濃度と前進運動精子率が元の戻り、更に3カ月経つと全ての数値が元に戻ったそうです。

現代の日本では、冷暖房設備が当たり前の世界ですから、あまり外気温の変化の影響を受けないのではないかと思います。

外気温の変化よりも、職場の環境や生活習慣の影響で精子の状態が悪くなることはあります。

先ほどのサウナや入浴習慣、長時間の座り仕事、長時間の運転、膝の上にノートパソコンを置いての作業、締め付けの強い下着やズボンなど。

こうした精巣温度が上がりやすい環境下では、精子の質が悪化することが分かっています。

【現代の出生率の差は別の理由から】

現代の日本で妊娠率や出生率が季節により変わるのは、計画的な妊娠や出産の影響ではないでしょうか。

・早生まれは子どもが可愛そうという風潮。
・熱い時期に妊娠後期を避けたい。
・同じく、熱い時期に出産したくない。

その他にも、臨床的に感じるのは、GWやクリスマスから年末にかけては、飛び込みの新患予約が増える傾向があります。

恐らく、親戚との顔合わせや、行事ごとで、改めて妊活に意欲が沸くせいではないかと思います。

そこから数か月後に、妊娠のピークが来ることも考えられます。

【現代日本ではビタミンDに気を付けて】

現代の日本では、あまり気にせず妊活をして下さい。ただ気になるデータもあります。

それは卵胞の発育にビタミンDが関係するというものです。ビタミンDは日光に当たることで、皮膚で合成されるビタミンです。

そのため、紫外線量が減り日照時間が少なくなる冬に間は、ビタミンD不足になりやすい時期です。

ビタミンDを作るためには、冬場なら少し長めに日光を浴びる必要があります。

ただ美白の影響で、冬場でも紫外線対策を完璧にしている方がいらっしゃいます。こうした方は、ビタミンDが不足しがちになりますので、注意が必要です。

或いは食事で補給する場合には、イワシ、サンマ、鮭などの魚で補給する方法があります。

これから妊活を進める方は、冬場の栄養補給にビタミンDをお忘れなく。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。