PAGE TOP

排卵のことを理解すると、妊娠への道が開けるかもしれません。

2017年11月21日9:42 AM カテゴリー:お勉強

排卵を正確に予測するのは至難の業です。尿中のLH値を目安にする排卵検査薬は、便利ではありますが、確実ではありません。

そのため、検査薬を信じて行うタイミング法では、短期間で妊娠するのは難しいのです。

排卵というものを正しく理解すると、妊娠への道のりはグッと近付くはずです。



【LHサージはあてにならない?】

生理が28日周期の方では、生理の後、排卵までの間を卵胞期と言います。

卵胞を育てている卵胞期には、脳下垂体からLHとFSHという2種類のホルモンが分泌されています。

卵胞の中には、LHとFSHの受容体(感じるところ)を持つ細胞がそれぞれあり、その二つの細胞の働きで、卵胞からエストロゲンが分泌されます。

エストロゲンが一定量に達すると、それに反応して、脳下垂体からLHが大量に分泌されます。

これをLHサージと言います。LHサージが始まった約36~40時間後、LH分泌のピークを迎えてから、約10~12時間後に排卵が起こるとされています。

そのため、LHが尿中に出てくる量を調べると、排卵が起こるタイミングが分かると思われています。

ところが、排卵期を迎えている女性の血液を詳しく調べると、LHの急激な上昇が2回ある人や、3回ある人も存在することが分かりました。

つまり、1回の卵胞期の中で、LHサージが複数回起こっている場合があるのです。

LHサージを尿で検査しているのでは、排卵の予想は効率の悪い作業だと言われても仕方ありません。

【基礎体温表と排卵予想】

LHサージを目安にできないとすると、基礎体温表はどうでしょうか?

排卵後、残った卵胞は黄体となります。黄体からは、黄体ホルモンであるプロゲステロンが分泌され、黄体期を作ります。

黄体期には、基礎体温の上昇が見られるため、基礎体温表を付けていれば、体温上昇の様子から、排卵を知ることができるというものです。

ところが体温上昇や、体温上昇前に見られる一時的な体温低下は、個人差や状況により変わるため、排卵日を厳密に知ることはできません。

確率だけで言うと、排卵日にタイミングを取るのと、排卵2日前にタイミングを取るのとでは、約4倍の違いがあります。

排卵の予想がピッタリなら、排卵日前にタイミングを取ると、妊娠率がグッと上がるのです。

基礎体温表で予想した排卵日は、前後数日のずれが生じる可能性がありますので、効果的な予測法とは言えません。

基礎体温表は、あくまでも排卵をしているかどうかの予測や、大体の排卵の予測をしていると思って下さい。

【病院でのエコー検査と投薬について】

病院での経腟超音波検査(エコー検査)は、卵胞の成長を直に見ることができるため、排卵の予測には有効な手段です。

眼で見る検査であるため、大きさからの排卵予想ができます。ただ排卵は18~24mm程度で起こるため、1日に2mm大きくなる卵胞では、前後1~2日くらいは予想がずれる可能性はあります。

2日排卵の予想がずれると、妊娠率はグッと下がりますので、病院ではその誤差を無くすために、排卵誘発や排卵惹起のために投薬を行います。

つまり卵胞を育てるために投薬を行い、予想通り排卵させるために投薬を行うのです。

それをモニタリングしながら、タイミングを取ったり、AIH(人工授精)を行います。

確率からすれば、それが最も正確な方法でしょう。

【タイミングを外さない為には】

最も効果的にタイミングを外さない方法は、投薬ではありません。絶対にタイミングを外さない方法は、毎日タイミングを取ることです。

毎日タイミングを取れば、子宮内に常に精子がいることになりますから、タイミングを外すことはありません。

基礎体温を付けている方で、毎月のリズムが決まっていれば、排卵前後の数日間だけでも毎日タイミングを取れば良いのです。

排卵さえ起っていれば、この方法は、投薬もエコー検査も必要がないため、病院に通うことなく、効果的なタイミング法が取れます。

【排卵期の鍼灸】

排卵期の鍼灸治療は、スムーズな排卵が起きるための治療と、卵胞が急激に大きくなるための栄養補給やホルモン調節を行う治療です。

この時期は複雑にホルモン分泌が絡み合うため、性ホルモン分泌の中枢である視床下部と、性ホルモンを実際に分泌する、卵巣がしっかり働けるように治療を施します。

卵巣に働きかけるためには、腹部や腰部に治療を加えることが多く、視床下部に働きかけるには、足のツボを利用することが多くなります。


<鍼灸治療常見病症図解 江西科学技術出版社より>

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。