PAGE TOP

妊活は血液にこだわると上手くいく【栄養・ヘモグロビン・血流】

2017年12月6日9:08 AM カテゴリー:お話

こんにちは 鍼灸院天空の冨田です。


妊活中の女性は、是非自分の血液にこだわって下さい。

・あなたの血液には、しっかり栄養が含まれていますか?
・あなたの血液には、しっかり酸素が含まれていますか?
・あなたの血液は、しっかり流れていますか?

この3つが大丈夫なら、あなたの妊活は80%は成功したも同然です。



【血液の中に栄養が含まれていますか?】

血液の中に、十分な栄養が含まれているためには、栄養を十分に含んだ食事を摂ることと、その食事を消化吸収する必要があります。

妊活に必要な栄養は、特別なものではありません。あなたが生きていく上で、必要な栄養を少しだけ多めにとれば良いのです。

あなたと違い、お腹の中で育つ卵や赤ちゃんは、栄養の蓄えがありません。あなたは数日なら食事抜きでも大丈夫でしょうが、あなたの卵や赤ちゃんはそうはいきません。

あなたの食事だけが頼りなのです。

あなたの中の受精卵は、受精後分割を繰り返し、2週間後には数百個の細胞になります。その一つ一つの細胞は、あなたの血液から貰った、栄養そのものです。


さらに胎内で成長を続け、産まれる頃には40兆個ともいわれる細胞を持っています。

この栄養は、全てあなたの血液から貰わなくてはならないのです。

どうでしょうか?あなたの血液に十分な栄養は含まれていますか?

【血液に栄養を取り込む】

血液に栄養を摂り入れるには、消化器が十分に働く必要があります。

胃酸や腸液、膵液、胆汁などの消化液を分泌し、消化管から肝臓へ向けて栄養を含んだ血液を循環させる必要があります。

また肝臓で代謝を行い、様々なからだの材料を作って、再び血液中に送り出すのです。

こうした消化器の働きには、自律神経の命令が欠かせません。自律神経がしっかり働けば、消化器の消化吸収機能はしっかり働きます。


自律神経をしっかり働かせるには、メリハリのある生活が一番です。夜更かしをせず、しっかり夜は寝て、朝は陽の光を浴びて目覚める。

そして、からだを適度に動かすことも、自律神経を整えるには重要です。

それ以外にも、鍼灸治療で消化吸収機能を高めることもできます。


【血液の中に酸素を取り込む】

血液中の酸素は、赤血球の中にあるヘモグロビンに結合して存在します。

ヘモグロビンは鉄とたんぱく質でできているため、貧血気味の方は鉄分を多く含んだ食品を摂る必要があります。

鉄分を多く含む食品は、豚レバーや鳥レバー、パセリなどが有名です。鉄分以外にも、ビタミンB群やビタミンCなども必要です。

こうした食事を摂り、しっかり運動をすると、肺のガス交換で摂り入れた酸素と運動の効果で増えた赤血球のおかげで、血液中には十分な酸素が行き渡ります。

精神的なストレスが強い人では、知らないうちに呼吸が浅くなることがあります。

息が吸い込みづらいなと感じたら、しっかり息を吐きだすことから始めてみましょう。

また、腹式呼吸も効果的です。腹式呼吸でも、しっかり肺の空気を吐き出し、横隔膜を動かす意識を持って呼吸をしてみて下さい。


鍼灸治療でも呼吸機能をUPさせることができます。

何だか息が吸いずらいという方は、是非ご相談下さい。

<尺沢>
呼吸器のツボとしてよく使われるツボです。
喘息や風邪などにも使用します。

【血液を循環させる】

血液は、しっかりと循環していなくてはいけません。幾ら心臓が強くても、押し出すだけでは血液は循環しません。

血液が循環するためには、心臓に血液を戻す働きが重要になります。しっかり心臓に戻すことができると、渋滞を起こすことなく、血液が循環できるようになります。

また血液が心臓に戻るためには、足をしっかり動かす運動も必要ですが、血液の状態も重要です。

血液がスムーズに循環するためには、血液がサラサラで、血管が柔軟に伸縮することが必要です。

血液がサラサラになるかどうかは、食べ物よりも自律神経の働きが大きいようです。

交感神経が緊張すると、血液は一瞬で固まりやすくなります。つまりストレスなどで緊張するだけで、血液はドロドロになってしまうのです。

逆にリラックスしているときには、血液はサラサラで流れやすくなります。

血管も同様で、交感神経が働くと硬く細くなります。逆に副交感神経が働くと、血管は拡張して血液が隅々まで届きやすくなります。

血液を循環させるには、副交感神経を働かせるような、リラックス状態が必要だということです。

どうでしょうか、あなたは今、リラックスできていますか?リラックスの方法が分からないなら、鍼灸治療を受けてみて下さい。

少し慣れてくると、鍼灸治療の効果で副交感神経が刺激され、深いリラックス状態が得られるようになります。

もし妊活鍼灸を受けるのなら、こうした反応が得られる鍼灸院を選ぶことも重要です。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。