PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

着床前後のからだの変化を鍼灸で調整します【流産予防】

2017年12月21日9:48 AM カテゴリー:お勉強,不育症,卵の質

あなたのお腹に眠っている卵は、やがて静かに目を覚まし、卵胞の中で180日かけて大きくなります。

特に後半の3か月は、卵胞が急激に成長をして、血液から栄養や女性ホルモン受取り、更に卵胞は成熟をします。

成熟した卵胞は、卵を排卵し、黄体へと変化します。今回は排卵された卵のお話です。



【排卵後の卵の行方】

排卵された卵は、急激に劣化します。精子は、子宮の中で1週間生き延びることがありますが、卵は排卵された後、急激に劣化します。排卵後、わずか1日の間に受精や着床する能力を失います。

そのため、排卵後にタイミングを取ったのでは、卵の劣化が早すぎて妊娠する確率が非常に低くなります。

理想的なタイミングは、卵が排卵されてくるのを、複数の精子が待ち構えていることが重要なのです。

そのためタイミングは排卵よりもずっと前に取るべきです。排卵の2日前が最も妊娠率が高く、排卵の1日後であれば妊娠率は0%になります。一方、排卵前は妊娠率が高く、5日前程度なら妊娠が可能です。


様々な方法で排卵日を予想することができれば、排卵日前にタイミングを取ることが必要です。

これは着床とも関連しますので、たとえ受精卵となったとしても、時間的に着床の扉が開いていないと、妊娠をしても流産となります。

卵の劣化、着床の窓と、妊娠は時間との闘いでもあると言えます。

【受精卵となってから先のお話】

あなたの卵が、無事にパートナーの精子と出会えたら、受精卵となり卵管を移動して子宮に達します。

卵管の中では、繊毛に運ばれて移動するため、この繊毛運動が働かないと、卵管内で着床してしまい、子宮外妊娠となります。

無事に子宮内に移動できれば、子宮内膜の周囲を漂いながら、着地点に到達します。子宮内膜の着床時期(着床の窓)と適合すれば、無事に着床となり妊娠が成立します。

着床後は、子宮内膜の構造が徐々に変化をしていきます。子宮から内膜へ延びていたラセン動脈が、徐々に形を変えていきます。


ラセン動脈はその字の通り、らせん状にねじれた動脈ですが、徐々に緩やかなカーブに変化して、胎盤から伸びてくる動脈と血液の交換がしやすいようになります。

受精卵は、妊娠から数週間、母体と血液を交流させていません。つまり卵自身の栄養で、数週間は生き延びているのです。

そのため、妊娠前の卵への栄養供給は大事なわけです。卵の成長の過程で、十分な栄養が供給されていなければ、卵は細胞分裂して分化する材料がないため、成長が止まってしまいます。当院で栄養指導を行うのは、そのためです。

最近の研究では、7~13週程度で血液が母体から胎児に届くようになることが、モニターして分かったそうです。

妊娠7週は、心拍が確認されて、少し安定したころです。この時までに成長を害することがあれば、初期流産となります。

1.卵の成長過程での栄養不良
2.ラセン動脈の形態変化
3.その他胎盤の成長や胎盤付近での血栓症など

こうしたことがないように、妊娠前からのからだ作りが必要なのです。

【妊娠初期の鍼灸治療】

妊娠初期は、鍼灸学校などでは鍼灸治療を禁忌としているところもあります。

これは鍼灸をして流産をするということではなく、たまたま発生した妊娠初期の流産と、鍼灸の関連性を疑われる予防策としてだと思われます。

本来の鍼灸治療は、妊娠初期に起こる様々なトラブル解決をする効果があるため、もっと妊娠初期にも選ばれるべき治療法だと思います。

先程書いたらせん動脈では、特に曲がりくねった構造から、血栓が発生しやすい部位です。

胎盤形成の初期に、らせん動脈が上手く形成されなかったり、PCOSや内膜症の方のように血液凝固異常が出やすい方の場合には、得に血栓から流産に繋がりやすいようです。

http://s-igaku.umin.jp/DATA/63_04/63_04_03.pdf
(子宮腺筋症と血液凝固異常に関する論文)

鍼灸治療は、血液凝固異常に対する効果もあり、初期流産を予防する効果もあります。

個人的には、ぜひ鍼灸を安定期まで受けて頂きたいと思います。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。