PAGE TOP

イノシトールの続報とサプリメント

2018年1月17日9:08 AM カテゴリー:お勉強,お話,妊活全般

こんにちは 鍼灸院 天空の冨田です。

さて先日、記事で紹介したイノシトールに関してですが、海外では多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という排卵障害に利用されている、とご紹介しました。

ところがイタリアの研究チームが行った調査では、必要のないサプリメントを足した人は、妊娠率が下がるのではないかというデータが出たそうです。

妊活でもサプリメントを利用する方は多いはずです。こうした記事をどう読み解けば良いのでしょうか?



【まずは食事と5大栄養素】

私は以前、栄養療法と不妊鍼灸を組み合わせて使っていたことがありました。10年あまり行ってきましたので、臨床例としてはかなり多く経験しました。

そこで感じたことは、

1.栄養療法は不妊鍼灸と非常に相性がいい
2.栄養療法の効果はかなり人による
3.卵の質を良くしたり、排卵数を増やす効果は高い
4.サプリメントはビタミン、ミネラルだけのシンプルなものでいい
5.アレルギー疾患、炎症性疾患を持つ方は注意が必要
6.子宮内膜症の方は悪化することがある

このような経験から、現在は栄養療法は行わず、栄養指導として個人で摂って頂いています。

鍼灸治療を併用すると、栄養の吸収が良くなり、血流が良くなることから、必要なところへ栄養を運ぶことができます。

そのため、それほど多くの栄養を摂らなくても、大量摂取と同程度の効果を出すことができます。

こうした経験から、食事指導の方へ力を入れて、サプリメントはご希望に応じて指導をするようにしています。

多くの人は、食事内容を多少変えて、必要最低限のサプリメントで栄養を補えば、十分にからだを変えることができます。

問題は、栄養を運んだ組織や細胞が、どう反応できるかというのが重要です。極端に言えば、5大栄養素だけ十分にあれば、体内の新陳代謝で必要なものは全て作り出すことができます。

そこで食事ではどうしても不足しがちな、ビタミン、ミネラルだけを補うのです。食が細い人にとっては、たんぱく質なども摂りづらいかもしれませんが、それをプロテインで補うのは健康的であるとは思えません。

【葉酸は?】

葉酸のサプリを妊娠前に摂る方は多いはずです。葉酸は、ビタミンB群に入れられることが多い栄養素です。

私が言う、サプリメントはビタミンとミネラルだけで良いという範疇に入ります。

食事でも摂ることができますが、食事として摂ったものを、からだで必要な形に変換する際に、変換効率が悪い傾向があるため、日本人は葉酸不足になりやすいというデータもあります。

葉酸は、もし妊娠時に足りないと、胎児の重大な先天異常の原因になりますので、心配ならサプリメントで摂ることは良いと思います。

葉酸は水溶性ですから、過剰症の心配もあまりありません。

【昨今の事情から不足するものも】

一昔前なら全く関係なかった栄養不足が、ここ最近問題になっています。それはビタミンDです。

ビタミンDは、一昔前なら老人の骨粗しょう症のために、老人病院や整形外科で使用していたものでした。

それが、現代女性では不足しがちになっているのです。ビタミンD不足を起こしている主な原因は、女性が過剰に紫外線を嫌がることからです。

美肌や美白がブームになり、必要以上にメディアが皮膚がんを煽り立てるせいで、本来は問題の無い程度の紫外線を、女性が避けるようになりました。

SPFの高い日焼け止めや、夏以外でも日傘を差すせいで、紫外線に当たる量が極端に減っているのです。

そのため、胎児や乳児のくる病が、非常に増えているようです。くる病は、骨の成長障害です。

母親がビタミンD不足の為、それを母親からもらうはずの胎児や乳児がビタミンD不足に陥るのです。

またビタミンDは、様々な臓器に受容体があります。ビタミンD受容体があるということは、ビタミンDがその場所で働いているということです。

妊活にも関係のある、卵巣や子宮内膜、精巣などにもビタミンDの受容体があります。最近の不妊専門病院では、ビタミンDの血液濃度を測る検査もあるくらいです。

ビタミンDは、卵の質や着床に深い関係があるため、ビタミンDが少ない人に関しては、サプリメントで補うことで卵の質を上げたり、採卵数を増やしたり、不育症や着床障害を防ぐ効果があるとされています。

【まとめ】

・サプリメントは必要最低限にした方が良い。
・摂るのであれば、ビタミンとミネラルだけでいい。
・紫外線対策をしている方はビタミンDのサプリメントが必要かもしれない。
・葉酸サプリは心配なら摂っておけばいい。
・まずは食事内容の見直しと必要ないものを削除することを優先
・イノシトールの日本人に対する効果は不明
・イノシトールを飲んだからと言って不妊傾向が出るかどうかも不明

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。