PAGE TOP

あなたは妊娠の先にあるもの(こと)を考えていますか?

2018年2月5日3:37 PM カテゴリー:不妊鍼灸

こんにちは 鍼灸院 天空の冨田です。

突然ですが、あなたは自分が妊娠した後のことを考えていますか?
妊娠の先にあるもの、

・妊娠の継続、妊娠中の体調、妊婦としての生活。
・出産、安産かどうか、無事産むだけの体力、体調は作れているか。
・元気な赤ちゃんが生まれてくるか。
・産後の体調管理、母乳が出るかな、母乳に自分の体力を奪われる、産後に体力が戻るか。

私たちは、こうした妊娠の先にあるものを考えて、あなたの妊活を支援します。私たちが目指すのは、あなたが妊娠するだけではなく、その先に幸せな生活、家庭ができることです。



【妊娠してからでは遅いこと】

もしあなたが、無事妊娠できたとします。自然妊娠であれば、生理が遅れた時点で、既に妊娠4週が過ぎていることになります。

病院のタイミング指導などで、生理が1週間遅れたら来て下さいと言われていれば、妊娠判定の時点で5週が経過しています。

妊娠5週目であれば、胎嚢確認を行う時期になります。胎嚢確認後は、1週間程度で心拍確認となり、早ければその時点で不妊専門病院から転院になります。
妊娠後、私たちが最も流産を目にするのは、この心拍確認までの間です。この時期までの流産は、殆どが先天的な要因によって決まります。

つまり受精卵の時点で、既に流産することが決まっていたことになります。こうした初期流産を防ぐには、質の良い受精卵を作るしかありません。

妊娠してからでは、受精卵を取り換えることはできません。妊娠する前からのからだ作りが大事だということです。

【妊娠中の体調やからだは、妊娠前から作るものです】

妊娠中に様々な体調不良を訴える方は、妊娠前も同様の訴えをしていることが多いものです。

ストレスに弱く胃腸が弱い人は、つわりを発症しやすく治り難い傾向があります。

特に心理的な不安を抱えやすい人は、つわりが重症化しやすいため、妊娠前に心身を整えておく必要があります。

また血液凝固傾向がある方なども、妊娠中に血栓等をつくる可能性があるため、血液凝固と関係が深い、自律神経の調節をしておく方が良いと思います。

私たちが行う鍼灸治療は、先に起こるからだの変化を予測して行うものです。妊娠13週までの施術は、あなたが無事安定期に入り、妊娠生活を心から楽しめるようにとの思いからです。


【安産から楽しい子育てへ】

妊娠中に体調管理ができていて、元気に妊娠生活を送ると、あなたの赤ちゃんは元気になり、分娩は安産となるでしょう。

妊娠前から出産の話をすることに、あなたは違和感を感じるかもしれませんが、私たちは常に先を考えて施術をしています。

これは、私が長い不妊鍼灸の臨床の末、辿り着いた結論です。正しい方法で妊活を行うと、安産になるのは当たり前のことなのです。

そして、元気で育てやすいお子さんを出産することで、あなたの子育ても楽しいものになることでしょう。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。