PAGE TOP

排卵誘発剤の違いであなたの妊活が変わるかも!【クロミッドとフェマーラ】

こんにちは 鍼灸院 天空の冨田です。

当院に来院される患者さまには、排卵障害を抱えている方が多くいらっしゃいます。

こうした排卵障害の女性や、排卵時期をはっきりさせて、タイミングや人工授精を成功しやすくするために使用されるのが、排卵誘発剤です。

排卵誘発剤の中でも、非常によく使用されるのが、クロミフェン(クロミッド)とレトロゾール(フェマーラ)の2種類です。

処方される数は圧倒的にクロミッドの方が多いと思いますが、最近はフェマーラを使用する専門病院も増えてきました。

この両者は、似ているようで、全く違った性質を持っています。これから排卵障害の治療を受ける方や、今現在、この2つの薬を処方されている方は、是非ご覧下さい。



【排卵誘発剤のベストセラー:クロミッド】

クロミッドは、脳の視床下部にあるエストロゲン受容体に結合し、エストロゲンが受容体と結合ができないようにします。

すると視床下部は、エストロゲンが減ってしまったと勘違いして、脳下垂体にホルモン分泌を促します。その結果下垂体からLHとFSHというホルモンが分泌され、卵胞が育つというわけです。
このクロミッドは、非常に頻繁に使用されますが、エストロゲンの働きを阻害する作用があるため、結果的に低エストロゲン状態と同じような副作用を起こします。それが経管粘液不全と、内膜の肥厚が薄くなるというものです。

また一度に多くの卵胞が育つため、多胎妊娠の確率が上がります。多胎妊娠は、妊娠時や分娩時のリスクが高いため、安定期が無いと言われています。

経験粘液不全や子宮内膜が薄くなるという副作用は、それ自体が不妊傾向と関係するため、使用する時には、子宮内膜の厚さを経腟超音波でモニターしながら投薬する必要があります。

【多嚢胞性卵巣症候群に効果を挙げる:フェマーラ】

卵胞が成長する時には、脳下垂体から分泌されるLHとFSHというホルモンを受け取っています。LHは卵胞内の細胞に働きかけ、血中のコレステロールをアンドロゲンという男性ホルモンに作り変えます。

一方、FSHは卵胞内の別の細胞に働きかけ、アロマターゼという酵素を活性化します。このアロマターゼで、LHが作ったアンドロゲンをエストロゲンに変換するのです。

フェマーラは、このアロマターゼを活性化させないように働きます。その結果、エストロゲンが作られないため、低エストロゲンを感知した視床下部が、下垂体に命令を出し、FSHとLHを分泌させます。

こうして卵胞を成長させ、排卵を誘発するのです。フェマーラには、クロミッドと違い、子宮内膜を薄くしたり、複数の卵胞を育てて多胎妊娠がしやすくなるなどの副作用がありません。

【フェマーラとクロミッドの違い】

フェマーラは、現在がんの治療薬として使用されています。排卵障害の薬としては保険適応ではないため、全て自費扱いになります。

また病院によっては取り扱っていない病院もあるようです。排卵誘発剤としてだけではなく、子宮内膜を肥厚させる目的で、胚移植前に使用されることもあります。

フェマーラとクロミッドの一番の違いは、その半減期にあります。つまり体内から排出されるスピードが全く違うのです。

半減期とは、体内で服用量の半分になるまでの時間を言います。フェマーラは、半減期が45~70時間と、かなり早く体内から排出されます。

フェマーラの使用は、月経開始3日目から3日間の使用が多いのですが、この使い方なら、生理12日目までには、体内から完全に無くなります。つまり排卵までにはすっかり無くなっています。

そのためフェマーラには、エストロゲンが足りなくなることで起こる副作用が殆ど出現しません。フェマーラの副作用は、エストロゲンが分泌しすぎることで出るような副作用が出現します。

一方クロミッドは、生理5日目から5~7日間使用という一般的な方法で、その後5~7日間は体内に残っています。

つまり排卵時期には、しっかり体内に残っています。そのため排卵時期にエストロゲンが足りず、経管粘液不全や子宮内膜の薄さという副作用が目立ってしまうのです。

【実例】

つい最近、当院に通院されている2名の多嚢胞性卵巣症候群の患者さまに、フェマーラが処方されました。

この患者さま達は、他院でそれぞれ、クロミッドとFSH注射を受けていましたが、2名とも上手く排卵できず、生理周期も安定しませんでした。

そこでフェマーラを積極的に使用している病院にご紹介し、その病院で投薬を受けることになりました。すると2名とも安定して排卵するようになってきたのです。

全ての多嚢胞性卵巣症候群の方で同じ結果になるとは限りませんが、耐糖能異常をお持ちの方で、多嚢胞性卵巣症候群の方であれば、他の薬剤よりも改善する可能性はあります。

【鍼灸治療との併用】

多嚢胞性卵巣症候群に対する鍼灸治療は、鍼灸単独でもかなり効果が高いのですが、投薬と併用すると、妊娠率だけでなく妊娠継続率も上がります。

つい先日も、クロミッドと鍼灸治療を併用した患者さまが、タイミング法で双子を妊娠されました。

これからは、フェマーラとの併用で妊娠される方が増えそうです。それほど今回の患者さまを診ていると、切れ味の良い薬という印象を受けました。

何よりも投薬期間が少なくて済むため、副作用も少なく済み、鍼灸治療と相性が良さそうなお薬だと感じました。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。