PAGE TOP

胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由

2018年3月19日2:16 PM カテゴリー:不妊鍼灸,体外受精・顕微授精,子宮内膜,症例

 

不妊治療には、その時に注目されている治療法があり、そうした流行りの治療法は、ここ10数年でもかなり変化しているように思います。

それだけ生殖医学ということは、よく分かっていない分野なのです。よく分かっていないことを、試行錯誤を繰り返しながらアップトゥデートしているため、病院の検査内容や治療内容は日々進化します。

胚盤胞移植は、ここのところ最も妊娠率が高い方法として取り上げられ、できることなら受精卵は胚盤胞の状態で移植が試みられます。

ところが、胚盤胞移植でしか妊娠しないわけではありません。中には初期胚でしか妊娠しない人もいるのです。



【胚盤胞移植の問題点】

胚盤胞は、受精後5~6日後の分割が進んだ胚を言います。

自然な妊娠の場合、ちょうど着床する時期の胚が、胚盤胞という状態です。

そのため、子宮に直接戻す場合には、着床寸前の胚盤胞が最も適しているというわけです。

病院によって成功率は違いますが、大体3~4割程度の妊娠率となるようです。

ただし、採卵後に受精させた受精卵が、胚盤胞になる確率も3~4割程度となります。

すると、実際に妊娠するのは採卵10個に対して1~2回ということになります。

この胚盤胞にまで分割できない場合には、採卵だけ重ねて移植ができないということになります。

施設によっては、胚盤胞移植に育たない卵は移植しない病院もありますので、そういった病院の場合には、採卵のみ何年も重ねることもあります。

 

【初期胚移植でしか妊娠しない場合もある】

一昔前と違い、受精卵を育てる環境は大きく変化しています。採卵の技術(設備)向上や、胚を育てる培養液の進歩など、胚が育つ環境はかなり良くなっていると思われます。

そのため胚盤胞に育つ受精卵の割合は、徐々に良くはなっているようですが、健康的な子宮に勝るものではありません。

健康的な子宮環境さえ作ることができれば、やはり子宮内の方が胚は良く育つのだと思われます。

私自身も臨床の中で、初期胚にしか育たないにも関わらず、妊娠するという人を何名も経験しています。

培養液では育たないのに、子宮の中ではしっかり育ち、妊娠してご出産されるのです。

以前海外から治療を受けに来ていた方も、ご主人は無精子症でしたが、TESEで採った精子になる前の細胞を顕微授精させ、初期胚移植にも関わらず、お2人のお子さんを無事にご出産されていました。

この患者さまも、胚盤胞まで育たないため、苦肉の策として初期胚移植をしていたのですが、1度目の出産を経験して、自分には初期胚移植が合っていると確信されたそうです。

【成功の秘訣は子宮環境】

こうした初期胚移植を成功させるには、子宮内の環境を、培養液よりも、より妊娠に適した形にする必要があります。

そのためには、鍼灸治療で血液循環を良くしておき、栄養環境を整え、さらに免疫も整えるということが必要になります。

栄養はバランスよく、必要十分量摂ることが必要です。妊娠に必要な栄養だけを摂るのではなく、あくまでも全体的に摂るのです。

そうすることで、からだが優先順位が高いところから栄養を運び、最終的には、子宮や卵巣にも運んでくれるようになります。

それ以外の方法で、優先的に子宮や卵巣に送るには、鍼灸治療で卵巣や子宮周囲の血流だけを狙って、血流を増加させる方法があります。

子宮も卵巣も内臓器ですので、自律神経の命令で血流が増減するようになっています。鍼灸治療は、自律神経に作用するため、子宮や卵巣の血流を狙って良くすることができるのです。

最後の免疫環境は、着床ということに関しては、最も重要な要素になります。子宮内膜で免疫バランスが崩れると、胚や胎児を異物と認識して攻撃してしまいます。

鍼灸治療は、この免疫系のバランスを整え、妊娠しやすく流産しにくい胎内免疫環境を整えるのです。

 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。