PAGE TOP

元気な赤ちゃんを産むための3つの秘訣

2018年3月23日2:06 PM カテゴリー:不妊鍼灸

こんにちは 鍼灸院 天空の冨田です。

元気で育てやすい赤ちゃんを授かるためには、幾つかの秘訣があります。

あなた方ご夫婦の、未来を受け継いでいくお子さんに、あなた方ができる最良のこととは。


これから親となるお二人にできることは、大きく3つのことに代表されます。

1.健康な母体(母胎)を作る

2.健康な精子を作る

3.妊娠中の過ごし方を考える

1.健康な母体を作る

健康な母体を作ることで、赤ちゃんはに送られる血液には、豊富な栄養や酸素などが行き渡ります。

使い終わった血液は、お母さんのからだで老廃物をしっかり排除し、再び赤ちゃんへ新鮮な血液を送ることができます。

また血液を通して送られるのは、良いものだけではありません。

お母さんが強いストレスを感じていれば、ストレスによって分泌されたホルモンなども、胎児に送られます。

つまり血液を介して、赤ちゃんもストレスを感じるのです。そのため、妊活中に、お母さんが、痛みや体調不良などの不快要素を、しっかり治療をしておくことも大事です。

また最近の研究では、今までは害がないとされていた鎮痛薬なども、胎児に影響を及ぼす可能性が示唆されています。


アセトアミノフェンは、今まで妊婦には無害とされていた、最も安全な鎮痛薬です。

こうした無害とされていたものでも、飲まないに越したことはないのです。妊娠前に、薬の要らないような健康状態を作るのは、お子さんへの何よりもの贈り物になります。

2.健康な精子を作る

赤ちゃんへの影響というと、どうしてもお母さんのことを想像しがちです。ところが、精子が赤ちゃんの健康状態や、成長に与える影響も無視はできないものです。

例えば、父親が喫煙者の場合、遺伝子に付いた傷は、そのまま孫の代まで続くと言われています。

またタバコの成分は、血液中を流れて生殖器官に集積されるため、精子や卵子に悪影響を与えます。

喫煙者のお子さんは、流産率が高く、奇形率も上がることが分かっています。不妊治療までされる方が喫煙者だとは思えませんが、念のために、ご夫婦での禁煙は必須であることを再確認して下さい。

元気な精子を育てるためには、新鮮な血流が重要です。特に、精巣から血液を排出する静脈では、血行障害から静脈瘤を作りやすいため、長時間の座り仕事の方や、自転車が趣味の方などは注意が必要です。

3.妊娠中の過ごし方を考える

妊娠中の過ごし方は、妊活中と同様だと考えて頂ければ良いと思います。規則正しく、常に赤ちゃんと一心同体だと思えば、それほど難しいものではありません。

妊娠中に、飲酒や喫煙をされる方はいらっしゃらないと思いますが、くれぐれもご注意下さい。

食事に関しても、妊活中の食事を継続して頂ければ結構です。

お薬に関しても、できるだけ飲まない方が安心です。どうしても体調がすぐれない時には、鍼灸治療をお勧めします。
私自身、妻が妊娠中には、全ての健康管理は鍼灸治療で行いました。4人の子は、生まれる前から鍼灸治療を受けていたのです。

つわり、逆子、肩こり、腰痛、腱鞘炎、胸の張り、お産が遅れたとき、早まりそうなとき、全ての管理を鍼灸で乗り切りました。

お蔭さまで4人とも、殆ど病院要らずで育っております。薬を飲んだことがないため、薬を飲むことに憧れているくらいですから……。

妊娠前や妊娠中の生活は、子育てをする基準になるため、妊娠前や妊娠中に安全だろうと薬を飲む人は、お子さんにも小さい頃からお薬を飲ませる傾向があります。

健康的な子育てを目指すなら、妊活中から薬を頼らない生活を目指してみて下さい。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。