PAGE TOP

男性不妊を自分で改善するための簡単な方法8つ

2018年4月15日12:44 AM カテゴリー:不妊鍼灸,男性不妊

こんにちは 鍼灸院 天空の冨田です。

女性と違い、治療法の選択肢があまりない男性不妊ですが、自分でできる効果的な改善法をご紹介します。

お仕事が忙しく、妻のために何かしないといけないと思いつつも、時間が許さないというあなたは、取り敢えずこの方法を試してみてはいかがでしょうか?

精子の数や運動率など、質を少しでも改善したい人は必見です。


【メタボ気味ならまずはダイエット】

精子の質は、皮下脂肪の量と相関関係があります。特にウエスト周りが気になっている方は、是非体脂肪を減らす努力をして下さい。
それだけでも、精子の質は良くなる可能性が高いようです。目安としては、BMIで25を超えると、精子の質が悪くなる傾向があります。

BMI=体重÷{身長(m)×身長(m)}

例  170cm 60kg  60÷1.7×1.7≒20.76
170cmでBMIが25であれば、72.25kg以上となります。

【亜鉛を摂りましょう】

中国での研究では、男性不妊2600人と正常な精子を持つ男性867名を比べたところ、不妊男性では精液中の亜鉛濃度が少ないことが分かりました。

生殖医学の現場では、亜鉛の摂取が、受精、着床、妊娠予後に有利に働きことが知られています。

亜鉛を食品で摂る場合には、牡蠣、かつお、パプリカ、牛肉などに多く含まれています。
特に燻製や干物の場合には、水分が無くなり濃縮されるため、摂取しやすいようです。

またマルチミネラルなどのサプリメントには、必ず亜鉛が含まれています。

【圧迫と熱を避ける】

精巣は、圧迫と熱が苦手です。締め付けのきつい下着を履いていたり、高温環境が続くと、精子の質は明らかに悪くなります。

・温泉
・岩盤浴
・サウナ
・長時間のサイクリング
・長時間のドライブ
・長時間の座り仕事

こうしたお仕事や趣味の方は、できるだけコマメに立ち上がったり、精巣の圧迫を取り去りましょう。

サウナや入浴も、あまりおススメはできません。

【ビタミンDは精子の成長にも重要】

このブログでは、何度も卵胞の成長や受精卵の着床に、ビタミンDが必要であることは記事にしました。

ビタミンDが働くところには、ビタミンDの受容体があります。男性では、精子や精巣にビタミンDの受容体があります。

血液中のビタミンD濃度が低くなると、増精機能の低下が起こるため、精液所見が悪化します。

ビタミンDは食事やサプリメントでも摂取できますが、これからの時期であれば、天気のいい日に戸外へ出て頂くだけでも、皮膚でビタミンDを合成してくれます。

【心のケアも大事です】

男性不妊は、様々な原因で起こりますが、心理的な影響で男性ホルモンの低下を起こすことで、精子の質が低下することが分かっています。

検査などで精子の質が悪いと分かると、妻に対して申し訳ない気持ちや、自分の精子に異常があると信じたくない気持ちが、大きなストレスになります。

こうした悩みを誰にも打ち明けられず、1人で悩んでしまうことも多いようです。

こうした強い心理的ストレスは、軽い運動で解消できることが分かっています。

お休みの日は、是非軽い運動を心掛けて、ストレス解消をしてみて下さい。

【禁忌も知って下さい】

精子の質を悪くするものとして、タバコ、アルコール、などがあります。

タバコに関しては、受動喫煙も含めて、妊活中は禁止です。少しなら良いという考えは止めて下さい。


子どもを欲しいと考えたら、禁煙以外はあり得ないと考えて下さい。喫煙は、妊娠率を下げるだけではなく、孫の代まで残る不妊傾向を遺伝子に刻み込みます。

アルコールに関しては、1日にビール500mlで1本程度として頂いて、週1日の休肝日を設けて下さい。

【できるだけ早く入れ替えましょう】

精子の質を良くするには、できるだけ多く精子を入れ替えることが大事です。

精巣に長く精子を留めておくと、古くなった精子から出てくる活性酸素が、新しい精子までも傷付けてしまいます。

数多く射精すると、精液の量や精子の数は少なくなりますが、精子の質自体は良くなりますので、妊娠しやすい精子になります。

【自宅でお灸】

鍼灸師のようなプロがするお灸とは違いますが、自宅でもお灸はできます。

治療効果は人にもよりますが、鍼灸院に通院をする時間が取れないという人には、入り口として自宅でのお灸はおススメです。

使用するお灸は、ネット通販や薬局などで購入することができます。昔からある、せんねん灸などで結構です。

使用するツボは、腰に4か所です。


上のラインにある二つの点が、腎兪というツボです。コリコリした筋の上にお灸を置いて下さい。

下のラインが、大腸兪というツボです。共に腰痛のツボでもありますので、腰痛持ちで精子の質が悪いという方なら、一石二鳥で良くなります。

【鍼灸治療は精子の質を劇的に改善する?】

鍼灸治療は、男性不妊を改善する非常に効果的な治療法です。

海外でも、男性不妊に対する鍼灸治療の効果は、広く認められています。

特に精索静脈瘤に対する鍼灸治療は、西洋医学的な手術療法よりも高い効果を挙げたという論文もあるくらいです。

私自身も男性不妊に対して鍼灸治療を行いますが、驚くほどの効果を出すことがあります。

精子の質は、運動率や奇形率だけでは分かりません。本当の精子の質とは、染色体や遺伝子の異常がなく、情報を上手く卵に伝えられるということです。

今までもご夫婦で鍼灸治療を受けて頂くと、女性だけで治療を受けて頂くよりも、妊娠しやすいことを多く経験しました。

自分だけではどうしようもないという方、少しでも自分の能力を上げたいという方は、できるだけ早く鍼灸治療を受けて下さい。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。