PAGE TOP

40歳以上でも妊娠できるからだ作りを目指しましょう

2018年5月18日12:00 PM カテゴリー:不妊鍼灸,体外受精・顕微授精,初期胚

体外受精や顕微授精では、回数を重ねるごとに成績が悪くなる方が殆どです。回数を重ねるごとに成績が良くなるというのは、若い年代でもほとんど聞くことがありません。

例外的に聞くのは、排卵誘発の方法を全く違う方法に変えた場合ですが、それも同じ方法を採っていると、徐々に採卵数や胚の質が低下することが殆どです。

高齢女性になると、更にその傾向が強くなります。ところが臨床的には鍼灸治療を受けている人では、同じ方法を採っていても、成績が上がることは少なくありません。

何故鍼灸治療では、そうしたことが起きるのでしょうか?



【海外論文では高齢の場合3回が限度と発表】

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29374882


こちらはイスラエルでの研究結果です。44~45歳の体外受精を受けている女性124人の累積妊娠継続率と累積生産率を調べたものです。

1周期~4周期の間、妊娠継続率を調べると、

1周期:5.6%
2周期:11%
3周期:17%
4周期:20%


となっており、その後のサイクルでは妊娠継続がなかったとしています。
更に生産率では、

1周期:1.6%
2周期:3%
3周期:7%


となり、その後の生産は見られなかったとしています。

この結果を得て、44~45歳の体外受精では3周期以上の体外受精は必要ないとしています。

【44歳以上の体外受精は本当に3回が限度なのか?】

このように、複数回の体外受精を受けることは本当に無駄なのでしょうか?

実際には複数回の体外受精でも、44歳以上でも妊娠や出産に至る例はあります。また44歳以上での自然妊娠でも、出産される方はたまにいらっしゃいます。
そこで考えなくてはいけないことは、

・複数回の体外受精で成績が下がるのは40歳以上だけか。
・自然妊娠の場合と体外受精の場合で、妊娠に差があるのか。
・条件を変えれば結果が変わるのか。

ということです。

私は臨床のお話として、体外受精や排卵誘発を続けていると、治療成績が悪くなるという場面にはよく遭遇します。

体調を整えることなく卵巣を刺激したり、脳機能を刺激することで、正常な働きができなくなってしまうからです。

こうした現象は、年齢を関係なく起こります。ただ影響度としては、高齢になるほど高くなる傾向はあります。

そこでからだ側の条件を変えることで、体外受精の結果を変えることができるのではないでしょうか?

【体外受精の結果は変えることができます】

体外受精で重要なことは、基本的なからだの働きが正常であることです。薬を使わなくても排卵があり、生理がしっかりと起こる状態であれば、体外受精の結果は良くなります。

逆に薬なしでは卵胞が育たず、排卵や生理すら起こらない状態であれば、薬を使用する度に、結果が悪くなっても仕方ありません。

卵胞が育つからエストロゲンが分泌され、エストロゲンが分泌されるからLHサージが起こり、LHサージが起こるから排卵ができる。

排卵した後の卵胞が黄体になり、黄体から黄体ホルモンやエストロゲンが分泌されるという、当たり前のことができなければ、薬に頼るほどに依存性は増していき、より事態は深刻になることは明らかです。

自力で生理周期が整うことを目標にからだ作りをして、その上で排卵誘発や体外受精を行えば、あなたにも妊娠や出産のチャンスは大いにあります。

【自分に合った体外受精を選べば更にチャンスが】

一般的には、高齢になるほど、顕微授精よりも体外受精、胚盤胞よりも初期胚の方が妊娠率が高くなります。

これはより自然に近い状態に近付けるという意味と、自然に近い状態でも妊娠ができるからだという二つの意味があります。

つまり自分に合った治療法の選択と同時に、あなた自身のからだの状態を改善すれば、更にチャンスが広がるということです。

知らなければ病院任せになりがちな体外受精ですが、自分たちで情報を得れば、妊娠の可能性はまだまだ広がる可能性があります。

自分で調べるのが難しい方は、私たちのような人間に頼ってみるのも、一つの方法です。

また二つ目の、自然に近い状態でも妊娠できるからだを作るという意味でも、鍼灸治療は非常に役に立ちます。

妊娠に必要な働きを正常化し、あなたが自然な状態でも妊娠や出産できるからだに近付け、その上で体外受精を受けて頂けば、結果は自ずと改善するはずです。

・自分に合った移植法の選択をする。

・体外受精のためのからだ作りをする。

この二つを行えば、あなたは高齢でも妊娠できます。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。