PAGE TOP

不妊治療の様々な選択肢について考える【病院・検査・治療・】

2018年6月16日8:40 AM カテゴリー:お勉強,不妊鍼灸,子宮内膜,自然妊娠

不妊治療には選択することが沢山あります

不妊治療は、治療期間が長くなるほど次に受ける治療の選択肢が狭まります。

経済的な問題であれば解決できる方はいるでしょうが、時間の問題はどうしようもありません。

選択肢が狭まる中、その方が取ることができる選択肢を見付けるのも、私達の役割だと思っています。



【不妊専門病院の選択肢】

 

不妊専門病院の選択は、一般の方からすると非常に難しい問題です。ネット情報を当てにすると、あまり好ましくない事態になることもあります。

患者さまからのお話を伺っていても、殆どはネット情報か友人が妊娠できたからという方が大半です。

残りの方は、自宅や職場から近かったからという方です。

本当は、自分の状態に合う病院を選ぶのが一番なのですが、その方法が普通は分かりません。

そこで私は、その方の情報をお聞きして、患者さまに幾つかの選択をして頂きます。

・時間的余裕をどう感じていますか?
・どの程度の費用はお掛けになれますか?
・どこまでの高度医療を望みますか?
・パートナーの協力はどこまで得られますか?
・通院にどの程度時間を掛けられますか?

こうした質問に対するお答えと、患者さまのからだと心の状態を吟味して、私は病院をご紹介します。

【不妊検査の選択肢】

 

病院の不妊治療においては、検査結果は非常に大事なウエイトを占めます。検査結果に応じて、それに対応する治療を選択するからです。

病院で行う不妊治療では、最初に想定した以上の治療効果を発揮することはありません。

例えば、卵管が詰まった方に行うFT(卵管鏡下卵管開放術)というものがあります。

これは、卵管造影検査で、完全に卵管が詰まっている方の卵管を、顕微鏡下で拡げるための手術です。

この手術は、卵管を開放するための手術ですので、FTを受けたからといって、生理不順が治ることはありません。

生理不順に対しては、生理不順の治療をする必要があります。

鍼灸治療の場合には、生理痛の治療をしていたら、勝手に頸管粘液不全が治ったり、頭痛の治療をしていると、高プロラクチン血症が治っていたということが起こります。

これは西洋医学と東洋医学の違いでもあります。

ピンポイントで治療対象を絞り込むため、標的としている検査が外れると、不妊原因が分からないため、たまたま医師に知識がないだけで、原因不明の不妊と診断される方が出てしまいます。

こうした不妊検査に関しては、病院間での差が最も大きい分野です。A病院では日々当たり前に診断できることが、B病院では原因不明として扱われ、結果的に不妊治療が成功しないということが多々あります。

私はそうした現状をよく見るため、検査が不十分である方には、他の病院への検査目的での通院をお勧めすることがあります。

原因さえ分かれば、非常に簡単に妊娠することがあるからです。これを知らないまま、不妊治療を諦める方がいると思うと、非常に嘆かわしいことです。

【不妊治療の選択肢】

 

不妊治療には、現在病院で行うものだけでも、様々なオプションが増えてきています。

その中には、恐らく意味がないのに超高額なものから、安価でも効果的なものまであります。

ところが一つの病院で、様々な不妊治療を多数有効利用している病院は案外少なく、自分たちの得意な治療法や、自分の施設でできるものだけを、特別なものとして、大げさに宣伝している現実があります。

あまり効果が無いため他施設で行わないものを、当院独自の方法として紹介している病院もありますし、逆に、自分のところでは実施する設備や技術がないだけなのに、その技術を効果がないものとして、扱うこともあります。

また鍼灸治療や栄養療法に関しては、本当に理解して使用する方が少ないために、過剰な宣伝がされていたり、逆に過小評価がされている傾向があります。

鍼灸治療でできることやできないこと、栄養療法でできることやできないことを、しっかり理解して使いこなすことができる治療院を見付けると、あなたの妊活は劇的に変化します。

逆に過剰に演出された「妊活劇場」に嵌ってしまうと、あなたの妊活は泥沼に嵌りますので、客観的に判断できる根拠を提示してもらうことも重要です。

当院の場合には、初診時の血液検査のデータと、暫くしてからの血液検査のデータを比べることや、最初から未来像を提示して、その姿に近付いているかどうかを比べることで、客観的に見て頂くようにしています。

 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。