PAGE TOP

3カ月の鍼灸治療で卵胞の発育が良くなり卵の質も改善されます

2018年6月18日1:03 PM カテゴリー:不妊鍼灸

不妊治療を長期間続けていると、徐々に採卵ができなくなる方がいます。

あなたの採卵ができないのは、薬が効かないせいでしょうか?薬を変えると、あなたの採卵は進むのでしょうか?

実際には、薬を買えただけでは解決できない原因があるのです。あなたの卵が育たない本当の原因とは何でしょうか?

【卵胞を育てるのは栄養とホルモン】

 

卵胞は、原子卵胞と言う状態で、卵巣の中で長期間待機しています。

毎月数十個の卵が成長を始めますが、その中で半年以上掛けて卵胞は成長を続け、最後の2週間で急激に大きくなり成熟していきます。


殆どの方は、排卵前2週間だけの卵胞を意識しています。この時期の卵胞は、1日に約2mmずつ急激に大きくなるため、この時期だけ卵胞は成長をしていると勘違いしているからです。

ところが実際には、排卵の3ヵ月前から栄養やホルモンを受取りながら成長しており、この時期の栄養状態やからだの状態は、卵胞の成長や卵の質に大きな影響を与えています。

卵の質が悪い人や卵胞の成長が悪い人は、排卵前3カ月の卵胞を意識して育てるだけで、卵の質や卵胞の成長が変化するとも言えます。

【栄養とホルモンは血液の循環で卵胞に届きます】

 

栄養やホルモンは、血液の中に存在して、血管内を移動して目的の場所に送られます。そのため、血液循環は、卵胞の成長や卵の質に、大きな影響を与えます。

海外の臨床研究でも、卵胞周囲の毛細血管の血流量が多いほど、卵胞の成長や卵の質が高いということが分かっています。

卵胞周囲の血流は、自律神経の副交感神経が優位であると弛緩し、血液を豊富に送ることができます。副交感神経は、リラックスした時に働く神経です。


皆様は、お仕事が終わり、自宅に帰ってから十分にリラックスできていますか?自宅に帰ってからも、不妊の記事ばかりせっせと検索していては、あまりリラックスしている状態とは言えません。

こうした検索は、できるだけ時間を決めて行い、自宅ではリラックスした状態を持てるようにしましょう。

一日数時間、あなたがリラックスするだけでも、妊娠する力は高まると思います。

【鍼灸治療は栄養の吸収と卵胞の成長を助けます】

 

鍼灸治療は、内臓器の働きや血流をコントロールする、自律神経の働きを正常化することができます。

鍼灸刺激は、末梢の神経から脊髄、脳の視床を通じて、脳内の様々なところに影響を与えます。

その中に、自律神経の中枢である視床下部があります。視床下部は、自律神経を始めとして、生命活動全ての中枢でもあります。


また視床下部は、ホルモン分泌の中枢でもあり、生理周期も視床下部がスタート地点となっています。

鍼灸治療は、視床下部の働きを正常化して、卵巣の血流を増やし、ホルモン分泌もバランスよく増やします

また鍼灸治療では、局所的に卵巣や子宮に繋がる血管を弛緩させ、血液を増量することもできます。

こうして遠隔と局所の両面からアプローチすることで、卵胞の発育、質の良い卵の成長が見られるようになります。

鍼灸治療では、自然に血流が良くなるため、少し時間は掛かりますが、約3カ月で根本的な卵の質を改善を行うことができます。

卵胞の成長もスムーズになるため、卵胞で作られるAMHの値も改善することが分かっています。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。