PAGE TOP

基礎体温を高めることで妊娠しやすくするための方法

2018年6月29日10:00 AM カテゴリー:不妊鍼灸

基礎体温の測定は、妊活の第一歩としてされる方が多く、最近はアプリと連動して、全自動でグラフまで作成してくれる製品もあり、とても便利になっています

基礎体温の変化は、女性ホルモンの影響が大きいため、女性ホルモンの分泌を測る指標としても、妊娠しやすさの指標としても利用されています。

基礎体温と言えば、2層に分かれるかどうかだけが注目されますが、低温相の体温が上がるだけでも、あなたの妊娠する力は変化するのです。

基礎体温を上げることで、妊娠しやすいからだを作る方法をご紹介します。

【基礎体温とは】

 

基礎体温とは、寝起き直ぐに測った、活動前の体温のことを言います。動き出す前に布団の中で測るため、寝る前に枕元に準備して寝る必要があります。

基礎体温は、生理開始直前から排卵までの低温期と、排卵後から生理開始直前の高温期の2層に分かれます。

<病気がみえる 婦人科・乳腺外科より>

低温期は、卵胞期とも言われ、卵胞が急激に成長する時期です。卵胞が成長することで、卵胞から分泌されるエストロゲン(E2)の分泌量が増え、血中濃度が一定以上に達すると、排卵が起こります。

排卵後の卵胞は、黄体という組織になり、黄体ホルモンであるプロゲステロンを分泌するようになります。

<病気がみえる 婦人科・乳腺外科より>

そのため、排卵から体温が上がるまでには、時間差が生じる可能性が高く、個人差もあります。

これは自然な黄体期の場合には仕方がありませんので、ホルモン剤を使用した時のように、体温が切れ味の良い上がり方をしなくても、落ち込む必要はありません。

また、しっかり体温を上げるためには、プロゲステロンを分泌するための黄体細胞、つまり卵胞細胞が、しっかり育っている必要があります。

卵胞細胞がしっかり育って黄体を作るということは、中に存在していた卵もしっかり育っているため、高温期がしっかり上がることは、卵の質にも関係が深いと言えます。

 

【低体温は体内酵素の活性が低い】

 

今回のお話は、しっかり2層を作るという話ではなく、あくまでも体温全体を上げるというお話です。

基礎体温が高いと、体内で様々な酵素を使って行われる新陳代謝が、活発に行われるようになります。

体内の酵素が、最も活性化するのは37度と言われています。この前後が一番活性化が高いのですから、基礎体温がこの前後にあれば良いということになります。

低温期と高温期の体温差は、0.3~0.6度と言われていますので、低温期の体温が36.5~36.8度前後であれば、丁度いい状態と言えるかもしれません。

女性の中には、体温が35度台だという人もいらっしゃいます。こうした低体温気味の方は、酵素の活性が低いため、新陳代謝が悪い人が多いようです。

新陳代謝が高い状態にするには、体温調節の中枢である視床下部が、正常に働くことが重要です。

視床下部が正常に働いていると、ホルモン分泌や自律神経の働きで、体温を上げるように調節されます。

ところが視床下部が上手く働いていない人では、自律神経もホルモン分泌も上手く働きません。

そこで視床下部を乱れさせる原因を無くし、体温を正常化させることで、妊娠しやすい身体づくりをしましょう。

 

【視床下部に対するアプローチ】

 

視床下部は、脳の奥深くにあります。間脳と呼ばれる場所にあり、生命活動全般をコントロールする働きを持ちます。


視床下部の周りには、記憶の中枢として有名な海馬や、情動活動の中枢である扁桃体が存在します。

視床下部は、こうした部位からの影響を強く受けます。つまり感情的ストレスや負の記憶によって、視床下部の働きは乱されることが多いようです。

非常に簡単に言うなら、ストレスやストレス記憶の影響で、働きが乱れやすいということです。

もう1つ大きな要因があります。視床下部は、生命活動のリズムを作っているところでもあります。

そのためリズムが崩れた生活をすると、視床下部は影響を受けます。睡眠が不規則な仕事や、プライベートを送っていると、視床下部は働きが乱れ、低体温になることがあります。

<視床下部を正常化して体温を上げるには>

 

・ストレス対策を行う。
・ストレス記憶を解消するために、軽い運動をする。
・規則正しい生活を送る。

 

【基礎体温を上げる鍼灸治療】

 

鍼灸治療を受けている患者さまとお話をすると、「低温期なのに以前の高温期位の体温がある。」という方や、「高温期にからだが熱い。」と言われることが多々あります。

鍼灸治療を受けると、体温調節や自律神経の中枢に働きかけることで、基礎体温を上げると同時に、卵胞への血流が増すことで、卵胞細胞がよく成長するようになります。

その結果、卵胞細胞が排卵後に作る黄体細胞もしっかり作られるため、基礎体温だけでなく、高温期も更に体温が上がるようになります。

こうした体温は、からだの働きが活性化した結果ですので、ホルモン剤で作った高温期とは全く意味合いが違います。

あなた本来の力を高めたお陰で、体温が上がり、代謝が高くなり、ホルモンバランスも整い、妊娠しやすいからだが作られるのです。


 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。