PAGE TOP

不妊治療に迷ったら男性不妊を考えてみましょう

2018年7月20日4:31 PM カテゴリー:男性不妊

今までに数々の不妊治療を受けたにも関わらず、妊娠には至らないという方や、少しでも早く妊娠がしたい、或いは出産がしたいという人は、迷わずに男性側の体調管理を行いましょう。

男性側の不妊因子は、女性側の不妊因子と比べて軽く見られがちです。それは精子の状態が非常に変動しやすいということと、射精と排卵の頻度が全く違うことから、女性側の因子の方が大きいと誤解されているからではないでしょうか?

でも実際には、不妊の決定的な因子を、精子が持っていることも少なくないのです。妊活は本来、ご夫婦で行うものです。



【精子は健康状態を表す】

精子の状態は、その男性の健康状態を表すパラメーターになると言われています。海外では、精子の質と健康状態に関する、様々な研究報告がされています。

・高血圧の男性は精子の質が悪くなる。
・糖尿病の男性は精子の質が悪くなる。
・高脂肪血症の男性は精子の質が悪くなる。
・精子の質が悪い人は寿命が短い傾向がある。
・精子の質が悪い人は、癌になる確率が高くなる。

こうした研究報告を見ていると、精子の質と健康状態は非常に密接な関係であることが分かります。

もしあなたやパートナーが、このような身体の症状を抱えているなら、男性不妊を疑って、何らかの対策を立てた方が良いのかもしれません。

もし女性が孤軍奮闘で妊活をしているカップルなら、是非男性の健康状態を調べてみて下さい。

【精子の質を決める要因】

・精巣の血流が悪いと質が悪くなる。
・栄養状態が悪いと精子の質は悪くなる。
・男性ホルモンの分泌に問題があると、精子の質が悪くなる。

こうした要因は、一つ一つを見ると、上でご紹介した、健康状態とリンクしていることが分かります。

例えば、糖尿病患者は血行障害を起こしやすく、栄養の摂取も不適切なことが多いでしょう。

また高血圧の原因になる動脈硬化を起こすと、全身の血流は悪くなります。

性ホルモンの分泌調節は、脳の視床下部が行っている点は、男女とも変わりません。


視床下部は、生殖だけではなく、生命活動全てをコントロールしています。そのため、生命に危険が及ぶ環境では、生殖能力は著しく低下します。

ホルモン分泌の異常により、精子の状態が悪くなる場合には、あなたやパートナーの健康状態が危険な状態だということかもしれません。

【男性不妊は遺伝する】

精子は、あなたやパートナーの遺伝情報を、女性の卵子に伝えます。受精卵となった後も、遺伝情報は細胞分裂のために伝えられますので、射精後は男性の介入できる余地はありません。

卵子は、受精卵となった後も細胞分裂を繰り返しますが、この際に、遺伝子や染色体異常の細胞を、胚の外に放り出してしまうことが分かっています。

男性は射精と同時に役目を終わりますが、女性はそこからも胚の中を補正しているのです。

よくあるご相談で、男性が禁煙してくれないというものがあります。喫煙は、精子のDNAを断片化させます。傷付いた精子のDNAは、その後も修復されることはありません。

この傷付いた精子で赤ちゃんができてしまうと、その影響は代々受け継がれることが分かっています。

特に喫煙男性の精子では、その子に不妊傾向が出ることが分かっています。大変な不妊治療を、自分の子や孫に背負わせることになるのです。

勿論、喫煙男性のご夫婦は、妊娠率が通常の50%になることは有名ですので、そもそも妊娠ができるのかが分かりません。(体外受精の成功率も50%減)

妊活をしている女性は、自分のパートナーが喫煙者であれば、あなたの努力の50%は無駄に終わることを知って下さい。

【男性不妊を解決するには】

男性不妊が大変な事態であることは、十分にお分かり頂けたかと思います。男性不妊を改善するだけで、不妊全体の、かなりのものを解決できるはずです。

ところが男性不妊を解決する方法は、あまり多く紹介されていません。そこで、精子の質を改善し、少しでも妊娠に近付くように、様々な方法をご紹介します。

自分やパートナーにに当てはまりそうなものがあれば、是非積極的に摂り入れて下さい。

〇自分の健康状態に関心を持つ:まずは気付きからです。
〇肥満傾向ならまず痩せる:運動と栄養の両面から痩せることをお勧めします。
〇睡眠不足は解消する:夜寝ることは非常に重要です。
〇甘い物は控える:インスリンをあまり長時間分泌させないことは重要です。
〇基礎疾患はしっかり治療:慢性疾患は精子の質を落とします。
〇ストレスは解消:ストレスは視床下部の働きを乱します。

更なる精子の質改善のためには、鍼灸治療をお勧めします。鍼灸治療をご夫婦で受けて頂いている方は、女性のみと比べて妊娠率が高く、しかも短期間で妊娠される傾向があります。

当院でも、ご夫婦で来院されたご夫婦の、殆ど全員が妊娠されています。この事実を、あなたはどうお考えになりますか?

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。