PAGE TOP

天空ではPCOSをどのように考えて施術しているのか【YOUTUBE】

2018年10月18日5:10 PM カテゴリー:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),不妊鍼灸

【PCOSは3つの病態から出来上がる】

 

PCOSの病態の中で、最も特徴的なのは、次の3つです。

 

1.耐糖能異常

2.血液凝固異常

3.ストレスによる抑うつ状態

 

この3つをしっかり理解することで、西洋医学でも苦労するPCOSの治療を、私たちは鍼灸治療で行うことができるのです。

 

1.耐糖能異常

 

耐糖能異常は、血糖値が上がった時に働くインスリンが、上手く働かない状態を言います。耐糖能異常がある人では、血糖値の調節がしにくいため、インスリンが高い状態が維持されます。

血液中のインスリンは、視床下部に作用し、黄体刺激ホルモン(LH)の値を上昇させます。卵胞を育てる時期に高LH状態になると、卵胞の中でアンドロゲンという男性ホルモンが大量に作られるため、卵胞が上手く育ちません。

その結果、小さく未熟な卵胞が沢山作られ、PCOSという状態になってしまいます。

鍼灸治療は、昔から糖尿病を改善する治療法として古い書物にも記されています。海外の臨床試験でも、LHとFSHのバランスを改善し、耐糖能異常を改善する作用も記されています。

 

2.血液凝固異常

 

血液凝固の異常は、妊娠しにくいだけではなく、流産の原因にもなります。また体外受精での採卵の際に、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)になりやすいため、PCOSを持つ女性は、OHSSのリスクを抱えていることになります。

PCOSの女性は、国内でも海外でも体外受精になる確率が高いのですが、体外受精においては、採卵時にも妊娠中にもリスクを背負っているということになります。

東洋医学的な瘀血という概念は、この血液凝固異常と相通じるところが多く、海外の臨床試験でも、OHSSを防ぐ作用があることが確認されています。

血液循環を促進し、血液凝固異常を改善するため、OHSSの予防だけでなく、流産予防の働きがあり、体外受精での生産率が向上することが分かっています。

 

3.ストレスによる抑うつ状態

 

不妊治療は、非常にストレスのかかる治療です。中々結果が出ない焦りや、治療の痛みや精神的疲労から、ついつい抑うつ状態になってしまいます。

それだけではなく、元々の精神的傾向として、生真面目でネガティブ志向であることが国内外の臨床試験で分かってきました。

元々ストレスを溜めやすい上に、ストレスが溜まる状況なのですから、抑うつ状態になるのは、仕方がないのかもしれません。

鍼灸治療は、脳の情動を主る扁桃体に働きかけ、前向き感を作るホルモンである、ドーパミンの働きを改善することが分かっています。

あなたのストレスを改善するために、鍼灸治療を利用して見て下さい。

東洋医学では、ストレスに深く関係する臓腑は、肝と脾が考えられます。肝は「イライラ」「ウツウツ」、そして脾は「もやもや」「くよくよ」とした感情が関係しています。

 

【天空のPCOSに対する鍼灸治療】

 

今回の動画では、脾経の二つのツボを使いました。

1.公孫(こうそん)穴

2.陰陵泉(いんりょうせん)穴

この2つのツボを使用することで、脾と肝の2つの臓を同時に治療し、互いに治療効果を高めるさせました。この2つのツボを使った施術は、本治法という根本治療の施術です。

からだの根本的な改善をすることで、PCOSを内側から治してしまおうということです。また西洋医学と併せて施術することで、お薬の作用を高めて、副作用を減らす働きもあります。

もし病院で受けているPCOSの治療成果が出ないのなら、鍼灸治療を併用することを強くお勧めします。当院では、病院との併用や、鍼灸治療単独での施術でも対応が可能です。

お互いの良い所を取り入れれば、PCOSでも妊娠や出産はそう難しいことではありません。

 

【実際にPCOSの鍼灸治療を動画でご紹介】

 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。