PAGE TOP

意外な不妊原因【甲状腺機能低下症】をご存知でしょうか?

自覚症状もなく不妊傾向が出る甲状腺機能低下症

 

甲状腺ホルモンが、妊活と関係が深いことをご存知でしたか?

甲状腺の異常は、機能が亢進しても低下しても、殆どの人は気付きません。私は眼科鍼灸もよく施術するのですが、その大部分(恐らく全員)の方が、自覚症状では気付いていませんでした。

自分の眼球が突出してきても、自分ではなく、他人から指摘されて初めて気付いたというのです。

ましてや、自覚症状の少ない甲状腺機能低下症では、恐らく100%気付かないと思います。つまり、不妊専門病院や健康診断で指摘される以外に、甲状腺の異常に気付くことはないということです。

 

妊活中とそれ以外では基準が違います

 

甲状腺機能の難しいところは、妊活中とそれ以外の時では、基準が違うということです。なぜ妊活中は基準が違うのでしょうか?

それは、妊娠初期の胎児は、甲状腺ホルモンを作ることができないからです。妊娠初期には、甲状腺ホルモンを母体から補うことで、赤ちゃんは発達していると考えられています。

一般の方では、TSHの値が5.0μIU/ml以下で良いのですが、これから妊娠希望の方では、2.5μIU/ml以下にしようという、国際基準があります。

妊娠初期は、胎児に甲状腺ホルモンを送るために、お母さんの甲状腺ホルモンの分泌量を増やす必要があります。そのため、甲状腺ホルモンを分泌するための命令である、TSHやTRHが急激に上昇します。

元々甲状腺ホルモンの分泌量がが少なく、TSHやTRHが低い女性は、妊娠初期に急激にその分泌量が増えてしまいます。

そのため、予防的に甲状腺ホルモンを投薬で補うことで、あらかじめTSHやTRHを下げる措置が取られます。

 

甲状腺機能低下は不妊や流産の原因に

 

甲状腺ホルモン低下症の方は、不妊や流産の原因になる可能性が指摘されています。確かに不妊専門病院に通われている方の中に、甲状腺機能低下症の方は多く見られます。

甲状腺機能は、元々新陳代謝をコントロールするホルモンです。甲状腺機能が低下すると、新陳代謝が落ちるため、成長期においては、正常な発育が阻害される可能性があります。

甲状腺機能が低下した状態で妊娠した胎児は、知的能力が低下するという報告もありますので、妊活中の方は一度チェックしても良いと思います。

甲状腺ホルモンは、一般の健康診断などでも測ることもありますが、逆に不妊治療中でもあまり重要視していない病院もあります。

そのため、不妊治療をしていてもなかなか結果が出ないという方は、一度測ってみても良いかもしれません。また甲状腺ホルモンが低い人は、からだが慢性的に疲れている人にもよく見られます。

自覚的に、少し疲れ気味だと思う方は、測ってみても良いと思います。

 

TRHとTSHとT4

 

脳から分泌されるホルモンは、連動的に分泌されていくものが殆どです。甲状腺ホルモンの場合も、脳の視床下部というところから分泌される、TRHというホルモンが始まりで、次々に連鎖して分泌が行われます。

TRHが視床下部から分泌されると、その刺激でTSHが下垂体から分泌されます。TSHの指令を受けて、甲状腺からチロキシンという甲状腺ホルモンが分泌されます。


検査で測るTSHは、甲状腺ホルモンを出すための「指令」だということです。そのため、甲状腺ホルモンが低下すると、甲状腺ホルモンを分泌させるために、TSHやTRHは上昇します。

つまり、TSH、TRHの数値は、甲状腺ホルモンであるチロキシン(T4、T3)の数値と反比例の関係にあります。これは、卵巣機能が低下した時に上昇する、FSHの働きと同じです。

卵巣機能が低下したために、エストロゲン(E2)が低下すると、卵胞を育ててエストロゲンを作るために、FSHが高くなります。これと同じことです。

甲状腺機能が低下する理由

 

甲状腺機能が低下する理由ははっきりとは分かっていませんが、現在のところ、精神的ストレスや肉体疲労が原因だと言われています。

甲状腺ホルモンは、新陳代謝をコントロールするホルモンですから、心身共に頑張り過ぎると、甲状腺が疲れてしまい、甲状腺機能が低下してしまうのは納得がいきます。

当院に来院される患者さまも、仕事と妊活の両立で疲れてしまったり、妊活が上手くいかないストレスを抱えていたりすると、甲状腺機能が低下するようです。

 

甲状腺機能低下症の方は高プロラクチン血症になりやすい

 

TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)は、視床下部から分泌される、甲状腺刺激ホルモンを分泌するためのホルモンです。

このTRHの分泌が増えると、プロラクチンというホルモンが、高くなることが分かっています。プロラクチンは、乳汁分泌をさせるためのホルモンで、排卵を止める働きを持っています。

そのため、甲状腺機能が低下することでTRHの分泌が増えると、高プロラクチン血症となり、排卵障害を起こすことがあります。

 

まずは婦人科にも詳しい専門医へ

 

最初に書いたように、甲状腺機能は、一般の方と妊活中の方では基準が違います。そのため、一般の内科などで検査をしても、妊活中だと分からないと、見逃されることが殆どです。

また婦人科医の中にも、甲状腺機能に詳しくない方も多いようで、その基準はマチマチです。できるたけ不妊治療に詳しい病院か、専門病院で甲状腺機能を診てもらうことをお勧めします。

甲状腺機能は自覚症状に乏しいため、自分でチェックしてみて、怪しければ受診をして下さい。当院の通院患者さまの中にも、複数不妊専門病院に通っていたのに、ずっと見過ごされていたという方もいらっしゃいます。

その方は、甲状腺ホルモンを投薬で服用後、無事に妊娠に至りました。時間を掛けてでも良ければ、鍼灸治療でも対応出来ますが、投薬は最も早く確実な方法であることは確かです。


 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。