PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>

2018年11月20日5:59 PM カテゴリー:不妊症,不妊鍼灸,妊活全般,症例,自然妊娠

3年間の不妊治療の後

 

3年ほど前に、そろそろ子どもをと思い、今回の患者さんご自身なりに工夫、病院に通われたりしていたそうですが、結果は芳しくなかったそうです。

 

妊活を始めた当時に、生理に血の塊が混じり、婦人科を受診したところ子宮にポリープが見つかり、それを取り除いたそうです。

 

そのことで自分に何か問題があるのではと、お悩みになっていたそうです。

 

その後、不妊の専門医にかかり、検査でチョコレート嚢腫が見つかりましたが、十分な検査もないままに人工授精を受けそうです。

 

残念な結果に終わり、どうしようかと迷いネット検索している時に、大阪 心斎橋にある天空のホームページを見つけられ、鍼灸を試してみようと思われたそうです。

 

 

初回カウンセリング

 

初めてのカウンセリング時には、ご夫婦で来て頂きました。

 

ご主人が非常に熱心で、ご夫婦ともに、ご質問も含めしっかりとお話を聞いて頂きました。

 

ご主人は、説明もなく病院で不妊治療がステップアップしていくことに、あまり快く思ってらっしゃらないようでした。

 

そのことは正しいお考えですので、それに基づいてこれからの不妊治療をどう進めていくかをアドバイスさせて頂きました。

 

お時間や金銭面のことも含め、ご相談させて頂き、奥様への鍼灸施術を2週間に1回のペースで進めていくことにしました。

 

また、ご自身できることとして、定期的な運動と食事内容の改善をお願いしました。

 

ご主人にも積極的に参加して欲しい旨をお伝えし、次回以降に血液検査データを持って来て頂き、問題が見つかれば鍼灸を受けて頂くようにお願いしました。

 

検査

舌をみせて頂くと、舌の奥の方に裂紋(れつもん)という切れ目が入っていました。また色が全体に赤黒く、熱がこもった状態であることを示していました。

その割に力が無く、体力がない状態で生じる虚熱という状態であることが分かりました。


背中から腰に掛けてみさせて頂くと、骨盤の上部辺りには毛細血管が浮き出て見えます。こうした毛細血管は、細絡(さいらく)や血絡(けつらく)と呼ばれるもので、血行障害を表します。


今回の患者さまは、子宮内膜症によるチョコレート嚢腫がありますので、そのせいだろうと考えました。また、生理の時に血の固まりが混じるのは、血行障害があるためです。

東洋医学的にみるからだに現れている症状や徴候と、西洋医学的な考え方が一致しています。

 

鍼灸施術の内容

 

1回目の施術

まず、うつ伏せの状態で、次に仰向け状態で施術を進めていきました。

 

<うつ伏せ>

腰から骨盤部に掛けて3ヶ所に施術し、首こりを取り除くことを目的に、首に2ヶ所の計5本の施術。

<仰向け>

腹部に2ヶ所と下腿に2ヶ所の計4本の施術。

全体で9ヶ所のみに鍼施術をしました。

施術後は、からだが温まり、首こりもかなり軽くなったと喜んで頂きました。

 

2回目の施術

 

初回から2週間後

1回目の施術後、ご夫婦で話合われ、まずは、からだ作りを優先し、タイミングで頑張ってみることにされたそうです。

<うつ伏せ>

首に2ヶ所、背中に1ヶ所、腰から骨盤にかけて3ヶ所の計6ヶ所に鍼を刺しました。

<仰向け>

お腹に1ヶ所、下腿に2ヶ所の計3ヶ所に鍼を刺しました。

全身で合計9本の鍼をしたことになります。

 

3回目の施術

 

2回目の1週間後

ご夫婦で来院され、お二人ともに鍼灸を受けて頂きました。

ご主人の施術内容は改めて、ご紹介させて頂きます。

<うつ伏せ>

首に2ヶ所、背中に1ヶ所、腰から骨盤にかけて3ヶ所の計6ヶ所に鍼を刺しました。

<仰向け>

お腹に1ヶ所、下腿に2ヶ所の計3ヶ所に鍼を刺しました。

全身合計で9本の鍼を刺しました。

 

4回目の施術

 

前回から約1か月後

前回から約1カ月空きました。

患者さんご自身が全身疲労、腰痛、頭痛を感じられ体調は最悪だということでした。

3回続けて施術した後は、かなり体調が良かったので、鍼灸の必要性を実感されたそうです。

今回は不妊目的だけでなく、全身症状を取り除くことも考え施術をしました。

<うつ伏せ>

首に2ヶ所、背中に1ヶ所、腰から骨盤にかけて4ヶ所の計7ヶ所に鍼を刺しました。

<仰向け>

お腹に1ヶ所、下腿に2ヶ所の計3ヶ所に鍼を刺しました。

全身で10本の鍼を刺しました。

 

5回目の施術

 

前回から3週間後

今回もご夫婦で来院されました。

奥さまの体調は、かなり良い状態をキープしていました。

<うつ伏せ>

首に2ヶ所、背中に1ヶ所、骨盤部に2ヶ所の計5ヶ所に鍼を刺しました。

<仰向け>

下腿に2ヶ所、お腹に1ヶ所の計3ヶ所に刺しました。

全身に合計8本の鍼を刺しました。

ご夫婦での施術時には、お互いにパートナーのご様子を、客観的にお話して頂きます。

お二人とも、ほどよい運動と食事の改善に取り組んでおられるご様子がわかり、微笑ましかったです。

男性が、これだけ熱心に妊活に参加されることは少なく、非常にやりがいを感じながら施術を行っていました。

男性がやる気を出すことにより、妊活をする女性にかかる負担が少なく、楽しく進められるようです。

 

6回目の施術

 

前回から1週間後

施術の前に、今後の方針を改めて話し合う機会を設けさせていただきました。

そこで、年内はからだ作りをしながらタイミングを行い、結果が出なければ、12月末に婦人科で詳しい検査を受けた後に、体外受精にステップアップするということになりました。

また、年末までは、週1回のペースで施術を受けて頂き、しっかりとからだ作りをしようということにもなりました。

奥様から最近「主人が熱心にトレーニングをしている」とあり、ご主人からも「疲れていても運動をしないと気がすまなくなってきた」とありました。

とても大切なことですので、このまま頑張って続けてくださいとお話しました。

施術内容に、大きな変化はありません。

<うつ伏せ>

首に2ヶ所所、背中に1ヶ所所、腰から骨盤に2ヶ所の計5ヶ所に鍼を刺しました。

<仰向け>

足首に2ヶ所所、お腹に1ヶ所所の計3ヶ所に鍼を刺しました。

全身で合計8本の鍼を刺しました。

 

7回目の施術

 

前回から1週間後

ご夫婦で来院して頂きました。梅田から、天空のある心斎橋まで、徒歩で来たそうです。約30分程度だということですが、ご夫婦の本気度が凄いです。

ご主人のからだが、目に見えて締まってきました。

自宅でも運動を欠かさず、奥さまとも散歩を続けているそうです。本当に頭が下がる思いです。

<うつ伏せ>

首に2ヶ所、背中に1ヶ所、腰に2ヶ所の計5ヶ所に鍼を刺しました。

<仰向け>

足首に2ヶ所、お腹に1ヶ所の計3ヶ所に鍼を刺しました。

全身で8本刺しました。

次回の来院日が生理予定日ということでした。

 

8回目の施術

 

前回から1週間後

生理予定日から3日経っていますが、まだ生理は来ていないということでした。

今回も梅田から30分かけて歩いて来て頂きました。ご主人も、自宅での運動を欠かさずしているそうです。

<うつ伏せ>

首に2ヶ所、背中に2ヶ所、骨盤に2ヶ所の計6ヶ所に鍼を刺しました。

<仰向け>

足首に2ヶ所、お腹に1ヶ所の計3ヶ所に鍼を刺しました。

全身で9本刺しました。

念のため、あと数日、生理が来なければ、妊娠検査薬をしてもらうようにお願いしました。

 

そしてついに3年の妊活が…

 

前回施術の翌日

患者さまから、妊娠のご報告と、写真がメールに添え付けられてきました。

ブログに公開する許可を得ていますので、掲載させて頂きます。


私にもハッキリと縦線が見えます!

朝一番に、ご報告メールを見て、朝から幸せな気分で一杯でした。

この幸せが、このブログを見て頂いているあなたにも訪れますように、心からお祈りします。(^^)

 

なぜ妊娠できたのでしょうか?

 

今回の症例は、かなり出来過ぎなくらいに、理想的な展開でした。今回の症例で感じたポイントを簡単にまとめます。

1.奥様に婦人科疾患があった。

子宮内膜症、チョコレート嚢腫、子宮ポリープ(切除済)

2.ご主人の血液検査が非常に悪かった。

実は、精子の質と体調は、密接な関係にあります。

3.婦人科で検査をしっかりしないまま、ステップアップをしていた。

人工授精はしたものの、上手くいきませんでした。

その原因が全く分からないまま、体外受精へとステップアップを考えておられたので、一度、お休みするようにお願いした。

4.しっかりからだ作りをするために鍼灸を始めた

ひとまず立ち止まって冷静になる時間ができたことと、鍼灸により体調が目に見えて良くなったことは非常に良かったと思っています。

5.夫婦で協力して妊活ができた

恐らく妊娠の一番の要因は、夫婦で協力して妊活をされたことです。

赤ちゃんができるには、卵と精子の両方の質が重要です。

鍼灸により質の良い卵が育ち、質の良い精子が育ったのだと思います。

一番の功労者は間違いなく、このご夫婦です。

 

鍼灸は高い施術でしょうか?

 

今回の症例では、鍼灸もそうですが、何よりもお二人の養生が素晴らしい成果を挙げたといえます。

無駄な治療を止めて、適切な生活改善をするだけでも、妊娠に至ることがあるという例になります。

鍼灸は保険も適応にならないため、非常に高価な施術費だと感じられることもあると思います。

しかし、実際に今回のケースで言うと、鍼灸治療がご夫婦合計で11回でした。

今回は、私(冨田)が施術しましたので、11万円の支出です。

一方、体外受精は、色々な検査やオプションなどを加えますと、50~70万円が平均的な治療費です。

今回のご夫婦の年齢や、基礎疾患、体調を考えれば、成功率は約30%を切る可能性もあります。

それを考えれば、鍼灸がコストの掛かる治療だとは決して言えないのではと思います。

鍼灸は医療費控除の対象にもなっていますので、交通費も含めて、年末調整で一部は、返還されます。

西洋医学的な不妊治療で、体外受精や人工授精をただ繰り返しているだけのご夫婦は、一度立ち止まって見て下さい。

何が問題なのか、本当に必要なことは何なのかをしっかり知ることが、あなたの妊活には必要なのではないでしょうか?


writer
院長 冨田 秀洋
業界歴25年。国家資格、鍼灸師、柔道整復師免許を所持。平成13年鍼灸陽和堂開業以来、15年間以上院長として不妊鍼灸、眼科鍼灸の研究を重ねてきたが、平成28年に師匠である夘野代表の下で、鍼灸院 天空の一員となる。現在は、鍼灸院 天空の院長として、かつての不妊鍼灸や眼科鍼灸だけではなく、広く痛みの鍼灸治療や自律神経失調症、精神科疾患の鍼灸治療の研究に取り組んでいる。
全日本鍼灸学会所属、日本カウンセラー学会所属、日本生殖医学会正会員。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。