PAGE TOP

チーズや牛乳を多く摂ると男性不妊になる?

2017年10月24日10:17 AM カテゴリー:お勉強

かつてイギリスでは、牛を早く育てるために、成長促進作用がある薬剤を大量に使用していた時期がありました。その影響は人体にも及んでしまい、そうした牛から搾った牛乳を飲んでいた女児の初潮が早まり、わずか5歳で初潮が始まるといったことが続発しました。

現代においては、そうした薬剤の使用はかなり制限されているようですが、今注目されているのは、乳製品による男性不妊との関係です。
乳製品を多く摂る男性では、精子の不良が多くなるというのです。



乳製品の何が影響するのか

乳製品と言えば、牛乳やバター、チーズ、生クリームなどが有名です。特に牛乳やチーズは、私たちに最も身近な乳製品です。

この乳製品は、牛の母乳から作られます。母乳を出すために、女性ホルモンが必要なのは、牛も人間も変わりません。そのため牛乳には女性ホルモンが含まれています。

日本乳牛協会のHPによれば、この牛乳に含まれる女性ホルモンの量は微量なので、健康には影響がないとされています。

また「牛乳に含まれるエストロゲンは、体内に吸収された後不活化されるため、からだには影響がない。」とする、ドイツの研究機関の報告も載せています。

ただ、牛乳に含まれる女性ホルモンには、2種類あります。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

エストロゲンは、女性ホルモンとしては最も有名で、女性ホルモンと言えばエストロゲンを思い浮かべる人が多いでしょう。

エストロゲンは、乳がんや子宮筋腫などの婦人科疾患とも、関係が深いホルモンです。また、大豆やザクロなどに含まれる植物性エストロゲンは、女性のための健康食品としても有名です。

ただ今回の乳製品による男性不妊の原因と考えられているのは、このエストロゲンではなく、黄体ホルモンであるプロゲステロンです。

プロゲステロンはなぜ問題なのか

プロゲステロンは、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンです。黄体ホルモンは、排卵後の卵胞から分泌されます。

28日周期の女性であれば、14日前後で卵胞から卵子が排卵されます。排卵後の、卵胞という卵の殻に当たる部分は、その後黄体というものに変化します。この黄体から分泌されるのが黄体ホルモンです。

黄体ホルモンは、高温期を維持して、妊娠の継続に働くホルモンです。この黄体ホルモンが牛にも存在しています。

エストロゲンは女性ホルモンですが、男性のからだにも一定量存在しています。ところが黄体ホルモンは、黄体期のない男性には存在しません。

この黄体ホルモンが、少量とはいえ男性の体内にあることが、男性不妊の原因ではないかと言われています。

本来、男性の体内には存在しないホルモンの為、エストロゲンのように元々存在するホルモンとは違い、体内で不活化されないのかもしれません。

少し違うデータでは、ベジタリアンの男性と肉類を多く摂る男性では、どちらが精子の状態が良いのかという統計がありました。その中では、3つのグループに分けて精子の質に関する統計を取りました。

1・菜食主義
2.乳卵製品+菜食主義
3.非菜食主義

この中で言うと、成績が最もよかったのは3の非菜食主義の方でした。また、総合的に一番悪かったのが、1の菜食主義の方でしたが、精子濃度だけは、2の乳卵製品+菜食主義の方でした。ひょっとすると、乳製品の影響かもしれません。

乳製品にどこまで気を付けるべきか

普通の食生活をしている分には、ほとんど気にすることは無いと思います。精子の質を左右する因子は他にも多数あります。

 
・肥満
・運動不足
・ストレス
・精巣温度(長時間の座位、サウナ、入浴など)
・低栄養(ベジタリアンでは質が低下)
・乳製品の摂取

あくまでも、こうした因子の1つであるという認識で良いと思います。こうした原因が、複数重なって精巣に影響を与えたり、一つの因子が極端に多くならない限りは大丈夫です。

乳製品で言うなら、他の食品の摂取量が極端に少ない中、牛乳やチーズを大量に摂る場合や、水分は全て牛乳で摂るといった場合でないと大丈夫だと思います。



宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。