PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(月)~1月4日(土)までになります。

予めご了承ください。

【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース

2018年12月10日5:33 PM カテゴリー:うつ病,症例
大阪府の患者様:うつ病を改善して、元気になり仕事や遊びがしたい 社会問題ともなっているうつ病が今回の症例となります。 うつ病と一括りにいっても、子供から大人まで、また様々な原因やタイプなどがあります。 今回は30代の働き盛りの男性がうつ病にかかり、仕事を休むまでになったケース。 うつ病を改善するため、まずはうつ病になった経緯をお聞かせいただきました。 2年ぐらい前に、会社でプロジェク
▼続きを読む

自律神経失調症とうつ病の違い

2018年11月10日3:12 PM カテゴリー:うつ病,自律神経失調症
自律神経失調症とうつ病を混合してはいけません。   自律神経失調症とうつ病は、混同されることがよくありますが、全く異なる病気です。   簡単に言いますと、自律神経失調症は神経の働きの異常で、うつ病は脳内のホルモンの不足や、信号が上手く伝わらないことによります。   脳内のホルモンにはいろいろありますが、その中にセロトニンという物資があり
▼続きを読む

【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース

2018年11月5日9:37 AM カテゴリー:うつ病,症例
抑うつ症になり、毎日、楽しくないのが、鍼灸治療で改善され、結 婚もできました。 抑うつ症は、うつ病とは異なりますが、よく似た症状で、憂鬱感が生じます。 抑うつ症から、うつ病へと進むこともあります。 抑うつ症では、薬が効きにくいことがよくあり、患者さまもどうすればよいか、悩まれることがよくあります。 鍼灸治療が、どのように抑うつ症を改善できるかを、患者さまの症例を通じてご紹介し
▼続きを読む

2016年 鍼灸学会(北海道 札幌市にて) ―鍼灸師がうつ病患者を診るために― その3.うつ病に対する鍼灸治療のエビデンス

2016年8月28日1:29 PM カテゴリー:うつ病,学会・勉強会
うつ病に対する鍼灸治療のエビデンス   3席目は、うつ病に対する鍼灸治療のエビデンスに関してのレビューでした。 演者の先生は、明治国際医療大学の山崎 翼先生でした。 国内・国外を問わず、査読のある医学雑誌に投稿された、うつ病に関する鍼灸治療の効果についての論文は、2011年までと、それ以降に大きな変化があるとありました。 1.2011年までの傾向 世界的な医療
▼続きを読む

2016年 鍼灸学会(北海道 札幌市にて) ―鍼灸師がうつ病患者を診るために― その2.どのようにしてうつ病患者さんに向き合うのか

2016年7月21日9:46 AM カテゴリー:うつ病,学会・勉強会
1.臨床心理士の立場から「うつ病患者さんを見るにあたり欠かせない医療面接(問診)のポイント   目白大学教授 奈良 雅之先生 次席はうつ病患者さんとの医療面接いわゆる「問診」についてのお話でした。   演者の先生は、臨床心理士でもあり鍼灸師でもあるというユニークな先生でした。   うつ病といいますと患者さんとのコミュニケーションを
▼続きを読む
1 / 3123

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。