PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

【多嚢胞性卵巣症候群 人工授精と鍼灸の併用の症例 30代女性】

2017年11月9日11:49 PM カテゴリー:不妊症,症例
不妊鍼灸は、単独でも高い治療効果を発揮しますが、病院で受ける不妊治療との併用はより効果的とされています。 今回の患者さんは、初めてのステップアップで人工授精を受ける前に来院された患者さんでした。 人工授精は妊娠率が低いと言われますが、条件が揃えば決してそんなことはありません。   「お腹の張りには気付いていませんでした…。」   来院された経緯 ・
▼続きを読む

胚盤胞移植当日、鍼灸による妊娠例

2017年8月18日4:40 PM カテゴリー:不妊症
胚盤胞移植当日の鍼灸 機能性不妊 大阪市在住 30代女性   沢山あった凍結保存の胚盤胞も残り、あと一つになりました   当院の不妊鍼灸治療の基本的方針は、質の良い卵を作るお手伝いをすることです。 質の良い卵を作るには、卵胞細胞の成長が著しくなる「今回の排卵」の約3ヶ月前から、鍼灸治療や栄養指導を受けることが大切になります。 この考え方を基本的な妊活
▼続きを読む

不育症は鍼灸で改善できる!?

2017年5月16日6:19 PM カテゴリー:不妊症,生理不順,生理痛
  今回は、不育症への鍼灸治療の症例をご紹介しながら、鍼灸が不育症の改善に繋がるのかを綴っていきます。 症例は、大阪市内在住の30代後半の女性です。 初回時の患者さんの感想 「流産を繰り返し心身共に疲れ果てていました。これでダメなら諦めようと思っていました。」 この患者さんが来院されたのは、妊娠初期の流産を3回、経験された直後でした。 病院での不育症検査で
▼続きを読む

不妊に悩む働く女性:鍼灸で卵の質は改善できるのか?

2017年3月25日2:43 PM カテゴリー:不妊症
  目次 1.卵子の質とは? 2.「今回の排卵」までの卵胞(卵子)の成長過程 ☆卵胞の成長過程 3.鍼灸で卵の質を改善するには? ①鍼灸で質の良い卵胞にするには? ②鍼灸で質の良い卵子(卵)にするには?   1.卵子の質とは? あなたは、100~200万個の卵子を持って生まれてきていますが、その後、卵子が新しく作られることは
▼続きを読む

不妊に悩む働く女性、鍼灸の効果は?

2017年2月23日7:11 PM カテゴリー:不妊症
  -目次- 1.不妊症とは? 2.不妊症に効果のある鍼灸治療 3.鍼灸が効果のある不妊症のタイプ ⑴排卵障害 ①高プロラクチン血症 ➊機能性高プロラクチン血症 ❷薬剤性高プロラクチン血症 ❸腫瘍性高プロラクチン血症 ②多嚢胞性卵巣症候群 ③卵巣機能不全(卵巣機能低下症) ➊視床下部の機能低下 ❷卵巣の
▼続きを読む
12 / 13« 先頭...910111213

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。