PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

妊娠しにくい人を妊娠に近付けるのが不妊鍼灸のプロ

2018年10月22日4:58 PM カテゴリー:お話,不妊症,不妊鍼灸
【治療をして直ぐに妊娠する人は不妊ではない】   当院のデータを見ても、不妊専門病院のデータを見ても、治療歴の短い人ほど妊娠しやすいのは明確です。 治療歴が短い人の中には、元々不妊ではない方も含まれているため、妊娠率が高くなるのは当然です。そのため、私たちのように不妊治療を専門にしていない鍼灸師や、柔道整復師の中にも、 「うちの治療を受けている内に妊娠した!」
▼続きを読む

10月4日の治療院日記 PCOMの症例

2018年10月5日3:07 PM カテゴリー:AMH,PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),不妊症,不妊鍼灸
PCOSではなくPCOMの患者さま   昨日、初めてご来院頂いた患者さまは、非常に勉強熱心な患者さまでした。 患者さまにお持ち頂いた検査結果を見せて頂きながら、血液検査や、色々な検査のことを問診で伺いながら、今までの妊活について伺いました。 すると、非常に良く自分の状態を把握していることが分かりました。まずご自身のAMHの状態をよく理解していらっしゃいました。
▼続きを読む

当院の多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸治療をご紹介します

2018年9月29日11:56 AM カテゴリー:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),不妊症,不妊鍼灸
【気付かない内にPCOSになっていることも】   PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は、卵胞の成長が上手くいかないため、排卵障害や生理不順が起こる状態を言います。 PCOSには、起こりやすい方とそうでない方がいらっしゃいます。PCOSになりやすい方は、遺伝的に耐糖能異常(たいとうのういじょう)をお持ちの方です。 耐糖能異常は、簡単に言うと、インスリンの働きが悪く、血糖値の
▼続きを読む

鍼灸治療でなぜ妊娠しやすいからだになるのでしょうか?

【病院では妊娠できない理由とは】   当院が開院する大阪市内では、体外受精や顕微授精を行う高度生殖医療専門病院が、非常にたくさん存在します。数十万円から、時には100万円を超えるような治療費を使って、様々な検査を行い、沢山の注射や飲み薬を服用しても、全ての人が妊娠できるわけではありません。 日本国内で不妊治療により妊娠・出産する人の数は、年々増えていますが、その一方で全く妊
▼続きを読む

鍼灸院 天空の不妊鍼灸で不妊治療の疑問を解消しませんか?

2018年9月22日9:43 AM カテゴリー:セミナー,不妊症
【不妊鍼灸はあなたに必要な施術でしょうか】   私たちが開院する大阪には、不妊治療の専門病院が数多くあります。恐らく世界的にも珍しいほどの、乱立地域といっても良いと思います。 その大阪で、私たちのような一鍼灸院が求められる理由とは何でしょうか? 「病院には行ったけれど、説明も満足にしてもらえない。」 「病院では妊娠できない理由を教えてくれなかった。」 「何年も病院
▼続きを読む
2 / 1312345...10...最後 »

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。