PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

子宮内フローラ(乳酸菌)が体外受精を妊娠に導く?

2018年8月24日9:54 AM カテゴリー:不妊症
子宮内フローラを整えて妊活を成功させる   【膣内の酸性環境と殺菌作用】   女性の膣の中には、乳酸菌を中心とする細菌叢があることが知られていました。細菌叢とは、フローラとも言われ、大腸内の腸内フローラが有名です。 大腸内では、特定の細菌が住み着くことで、腸内環境を整え、便通や免疫などに影響を与えていると言われています。 こうした細菌叢が膣内にもあり、乳
▼続きを読む

西洋医学では得られない不妊鍼灸の効果とは

2018年8月20日4:46 PM カテゴリー:不妊症
【不妊鍼灸の効果とは】     不妊鍼灸とは、西洋医学的に不妊だと診断されたり、或いは不妊傾向にあるとされている人に対して行う鍼灸治療です。 西洋医学的には、避妊などをせずに、健康な男女が1年以上性交をしても妊娠に至らない場合を、不妊であるとしています。 不妊については、イメージとしては理解できても、一語一語を考えていくと、少し意味合いが変わって来るか
▼続きを読む

お腹の中を温める鍼とは

2018年8月17日2:38 PM カテゴリー:不妊症
【お腹の状態と妊娠しやすさ】   お腹の皮膚温は、子宮や卵巣などの生殖器の血流状態を表すことがあります。鍼灸の古典書の中では、ふくよかで温かいお腹(下腹)は、妊娠をしやすいお腹だとされています。 解剖学的にも、脊髄から分岐した脊髄神経は、同じ高さの内臓や筋肉、皮膚を支配するため、内臓器の状態は、同じ高さにある皮膚や筋肉の状態に反映されることが証明されています。 これは
▼続きを読む

残暑(9月・10月)が残る時期の妊活

2018年8月16日8:38 AM カテゴリー:不妊症
【残暑の妊活】   長いお盆休みが終わり、本日より鍼灸院 天空も平常通り開院致します。お盆明けは込み合うため、できるだけ余裕をもってご予約をお取り下さい。 本日のお話は、まだ残暑が強い日本で、どのように妊活を進めていくかという話題です。一般的には、こうした暑さや寒さが強い時期には、生殖能力が低くなります。 自分が生活するだけでも大変な時期ですから、生殖能力が落ちること
▼続きを読む

不妊鍼灸の通院患者さまに関するデータ

2018年8月10日10:37 AM カテゴリー:不妊症
【通院範囲】   今回ご紹介するのは、当院へ通院して頂いた患者さまのデータです。これから通院する患者さまや、現在通院している患者さまも、気になるところなのではないかと思います。 当院は、大阪市内でもかなり交通の便が良いところにありますので、かなり広範囲の地域から通院して頂いています。 大阪メトロの御堂筋線、堺筋線、長堀鶴見緑地線の駅から徒歩で5分以内で着きますので、現
▼続きを読む

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。