PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

着床前後のからだの変化を鍼灸で調整します【流産予防】

2017年12月21日9:48 AM カテゴリー:お勉強,不育症,卵の質
あなたのお腹に眠っている卵は、やがて静かに目を覚まし、卵胞の中で180日かけて大きくなります。 特に後半の3か月は、卵胞が急激に成長をして、血液から栄養や女性ホルモン受取り、更に卵胞は成熟をします。 成熟した卵胞は、卵を排卵し、黄体へと変化します。今回は排卵された卵のお話です。 【排卵後の卵の行方】 排卵された卵は、急激に劣化します。精子は、子宮の中で1週間生き延びるこ
▼続きを読む

血液凝固への鍼灸とは【不育症に対する鍼灸】

2017年12月9日8:08 AM カテゴリー:お勉強,不育症
今回は血液凝固のお話です。妊娠中は血液凝固が起こりやすく、血栓症などになる恐れがあります。 こうした血栓症が臍帯(へその緒)や胎盤でできれば、赤ちゃんは無事に育ちません。 習慣性流産とも密接な血栓と、鍼灸についてのお話を書いていきます。 【血液凝固と不育症】 不育症の検査には様々なものがありますが、その中でもプロテインSやプロテインCと呼ばれるタンパク質の検査は、非
▼続きを読む

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。