PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

精液の酸化を防ぐと妊娠率がUPします

精液の役割は精子を運ぶだけではありません   精液は、遺伝情報を運ぶ精子と、液体部分の精しょうという部分に分けられます。この液体部分である精しょうには、子宮内の免疫を緩めるという重要な役割があります。 精子は、女性のからだにとっては異物ですから、膣や子宮の中では、免疫による攻撃の対象になります。ところが女性のからだでは、精子の侵入を許すために、排卵の時期だけ免疫が弱まる、免
▼続きを読む

不妊の原因は1つとは限りません

あなたが妊娠できない理由は、1つとは限りません。もし一つだけの理由で、あなたが妊娠できないのなら、不妊の解決はそんなに難しくないかもしれません。 ところが複数ある原因が、複雑に絡み合いながら、長年相乗作用で妊娠しにくいからだを作っているとすればどうでしょうか? そうしたタイプの不妊は、鍼灸治療のような全体治療でしか効果が出にくい可能性があります。 【複数の原因がある不妊】 当院の来院患者さ
▼続きを読む

仲のいい夫婦ほどご夫婦で妊活するべき理由

ビタミンD不足は、男女ともに不妊の原因となると言われています。このビタミンD不足は、ご夫婦で似た傾向になることという報告がされています。 考えてみれば、同じものを食べ、同じような生活リズムで暮らしているのですから、同じものが足りなくなっても不思議はありません。 栄養の摂取や生活習慣が不妊傾向に関係するとしたら、ご夫婦で妊活する意味が更に深まることになります。 【不妊の夫婦は2人ともビタミンD
▼続きを読む

不妊治療を休むという積極的治療

妊娠しづらい方にとって、不妊治療は必須の治療のように思われがちですが、実際にはそうではありません。 特に機能性不妊と診断されている方にとっては、不妊治療を休むということが一つの治療として成り立つ場合もあります。 機能性不妊は決定的な理由がないにも関わらず、妊娠に至らない方のことです。 機能性不妊の中には不定期ではあるが排卵がある多嚢胞性卵巣症候群の方や、片側の卵管が詰まっている方、或いは卵管
▼続きを読む

不妊治療は確実性を重視して行うべきです

鍼灸治療を行うことで現れるからだの変化の中には、最初から狙って起こすことができるからだの変化と、意図せずに起こる変化があります。 狙って起こすことができる変化として、 ・痛みやしびれの軽減。 ・筋緊張の緩和。 ・血流量増加。 ・交感神経のブロック。 ・副交感神経の活動優位。 ・抗ストレス作用。 などがあります。 【変化が更なる変化を呼びます】 鍼灸治療が狙って起こす変化は、一見すると妊活
▼続きを読む
1 / 3123

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。