PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)による排卵障害を鍼灸治療で改善

2018年1月9日11:11 AM カテゴリー:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),不妊鍼灸
PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は、排卵障害の中でも、比較的よく見られる症候です。 PCOSでは、ネックレスサインと呼ばれる、排卵されずに残った小さな卵胞が、卵巣内に観察できます。   このPCOSには鍼灸治療が効果的に働きます。鍼灸では、PCOSをどのように考えて施術していくのかをご紹介します。 【PCOSとは】 PCOSでは、血液検査でFSH(卵胞刺激
▼続きを読む

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の最新治療と鍼灸治療のご紹介

2017年12月20日9:22 PM カテゴリー:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),不妊鍼灸
PCOSは非常に多彩な症状や、原因が存在するため、一筋縄ではいかないことがあります。 投薬の治療でも、色々な試みがなされていますが、最近高い臨床効果が認められた治療薬に、フェマーラという薬があります。 【フェマーラとは】 フェマーラは、乳がんなどの治療薬として使用されているお薬です。女性ホルモンである、エストロゲンの生成を阻害するお薬です。 卵胞の中には、莢膜細胞と
▼続きを読む

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)への鍼灸

2017年12月10日8:45 AM カテゴリー:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),不妊鍼灸
PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は、非常によく見られる排卵障害の一つです。 PCOSは、東洋医学的な概念である「痰湿(たんしつ)」と症状の相関性が高く、鍼灸でPCOSの施術をする際には、痰湿を取り除く施術を行うと、上手くいくことが多いようです。 この痰湿という東洋医学独特の概念と、痰湿を改善し、PCOSを克服して妊娠する方法をご紹介します。 【PCOSとは】 PCOS(多
▼続きを読む
3 / 3123

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。