PAGE TOP


【お盆休みについて】

当院のお盆休みは8月12(日)から16(金)までになります。

予めご了承ください。

理解されない長引く痛み ―痛みが長引く理由―

2018年11月30日6:09 PM カテゴリー:線維筋痛症,難治疼痛
痛みが長引く理由 長引く痛みは、以下のような順番で進行していくとされています。 慢性疼痛→慢性局所疼痛→慢性広範囲疼痛→線維筋痛症 慢性広範囲疼痛症候群の患者数は日本での調査はありませんが、アメリカでは調査されています。 それによりますと、痛みを訴える患者さんのうち1.7%が線維筋痛症、8%強が慢性広範囲疼痛症候群です。 ここから推定しますと、日本では、線維筋痛症の患者さ
▼続きを読む

【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース

4:31 PM カテゴリー:症例,逆流性食道炎
大阪府からのご来院:逆流性食道炎による治療 今回の症例は逆流性食道炎となった女性のケースです。 施術前に一番困っていることはとお聞きすると、「胃が痞え、痛くて耐えられない」とのこと。 カウンセリングを行い、計12回の施術を行うと、問題の症状の痛みもなくなりました。 今までの経過20代の初めに逆流性食道炎になった。原因はよく分からず、ストレスからではと言われた。 仕事が忙しく、帰宅が2
▼続きを読む

今月3人目の妊娠報告を頂きました。

2018年11月27日9:47 AM カテゴリー:不妊鍼灸,症例
妊娠の仕方もそれぞれ     今月に入り、3人の方から妊娠を頂きました。   1人目は体外受精での妊娠で、転院後直ぐに妊娠された患者さまでした。   ご主人は喫煙者で肥満体形、ご本人も独身の頃と比べてかなり体重が増えていて肥満になっており、条件としてはかなり厳しい状態でした。   そこで体重制限
▼続きを読む

理解されない長引く痛み  ―線維筋痛症とは?―

2018年11月22日5:07 PM カテゴリー:線維筋痛症,難治疼痛
増えている難治性の慢性疼痛   なかなか治らない痛みを訴える方が、近年、増えてきています。 医学的には、3ヶ月以上、痛みが続きますと、「慢性疼痛」と判断されます。 日本医科大学の岡 寛先生が調査された結果によりますと、10ポイント中5ポイント以上の痛みが、3ヶ月以上続く慢性の痛みを感じている方は、22.5%だったそうです。 約4人に1人の割合で、慢性の痛みを感じ
▼続きを読む

【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース

2018年11月20日4:47 PM カテゴリー:症例,頭痛
大阪府の患者様:「肩こりから頭が痛くなり眠れません。」 日常生活にとって身近な症状であり、頭が悩まされることが多い頭痛。 軽度であれば、なんとか我慢して仕事や勉強を続けることが出来るかもしれませんが、あの頭にガンガン鳴る痛みは強くなればなるほど耐えられなくなります。 今回は女性の学生さんが緊張型頭痛により悩まされているケースです。 今までの経過大学の定期テスト前に夜遅くまで勉強をし
▼続きを読む

検査で異常のない病気、自律神経失調症

2018年11月19日5:26 PM カテゴリー:自律神経失調症
自律神経失調症は便利な病名 「自律神経失調症」は、いまだにはっきりと定義づけられていません。病名として扱ってよいのかどうか分からないほど、曖昧なものです。   例えば、胃の痛みや動悸などで、検査を受けたが、どこも悪いところが見つからなかった場合などに、よく用いられます。このように原因がはっきりしないのに症状がある場合に、「自律神経失調症」といわれますと、患者さまも妙に納得さ
▼続きを読む

自律神経失調症とうつ病の違い

2018年11月10日3:12 PM カテゴリー:うつ病,自律神経失調症
自律神経失調症とうつ病を混合してはいけません。   自律神経失調症とうつ病は、混同されることがよくありますが、全く異なる病気です。   簡単に言いますと、自律神経失調症は神経の働きの異常で、うつ病は脳内のホルモンの不足や、信号が上手く伝わらないことによります。   脳内のホルモンにはいろいろありますが、その中にセロトニンという物資があり
▼続きを読む

鍼を刺す数を増やせば治りが早くなるのでしょうか?

2018年11月8日12:40 PM カテゴリー:未分類
鍼数が増えるとからだは混乱します   鍼や灸の数は、多ければ多い方が、よく治りそうだと考える人がいるかもしれませんが、実際には、そうではありません。 鍼灸治療は、皮膚や筋肉などに鍼や灸で、微細な刺激を加えることで、からだの反応を引き出す刺激療法です。 そのため、刺激はできるだけシンプルに与える方が、受け取る側(脳)は、はっきりとしたメッセージとして受け取ります。
▼続きを読む

【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース

2018年11月5日9:37 AM カテゴリー:うつ病,症例
抑うつ症になり、毎日、楽しくないのが、鍼灸治療で改善され、結 婚もできました。 抑うつ症は、うつ病とは異なりますが、よく似た症状で、憂鬱感が生じます。 抑うつ症から、うつ病へと進むこともあります。 抑うつ症では、薬が効きにくいことがよくあり、患者さまもどうすればよいか、悩まれることがよくあります。 鍼灸治療が、どのように抑うつ症を改善できるかを、患者さまの症例を通じてご紹介し
▼続きを読む

理解されない長引く痛み ―痛みが長引くのはコリが原因―

2018年10月31日4:58 PM カテゴリー:線維筋痛症,難治疼痛
意外に厄介なからだのコリ   理解されない長引く痛みで代表的な病気と言えば、線維筋痛症や慢性広範囲疼痛症候群などです。 これらの病気に特徴的なことがあります。 約半数以上の患者さんが、筋肉の極端なコリを訴えるという疫学調査があります。 実際、大阪 心斎橋の鍼灸院 天空にも、多くの慢性広範囲疼痛症候群や線維筋痛症の患者さんが来られていますが、そのほとんどが、しつこ
▼続きを読む
2 / 2512345...1020...最後 »

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。