PAGE TOP

2016年 鍼灸学会(北海道 札幌市にて) ―鍼灸師がうつ病患者を診るために― その2.どのようにしてうつ病患者さんに向き合うのか

2016年7月21日9:46 AM カテゴリー:うつ病,学会・勉強会
1.臨床心理士の立場から「うつ病患者さんを見るにあたり欠かせない医療面接(問診)のポイント   目白大学教授 奈良 雅之先生 次席はうつ病患者さんとの医療面接いわゆる「問診」についてのお話でした。   演者の先生は、臨床心理士でもあり鍼灸師でもあるというユニークな先生でした。   うつ病といいますと患者さんとのコミュニケーションを
▼続きを読む

2016年 鍼灸学会(北海道札幌市にて) ―鍼灸師がうつ病患者を診るために― その1、精神科医の立場から

2016年6月13日3:32 PM カテゴリー:うつ病,学会・勉強会
今年の全日本鍼灸学会は、北海道の札幌市にて、開催されました。 蒸し暑い大阪から向かい、新千歳空港に降りたとたんに「寒い」と感じるくらいの気温差がありました。 今年は、弟子が新たに2名増え、5人で参加しました。 予習はしていたようですが、「難しい」というコメントでした。 早く理解できるように、これからも研修に励んでもらいたいところです。 来年は8名程度で、参加できればと
▼続きを読む

片頭痛は、どのような頭痛なのか?

2016年5月5日11:29 AM カテゴリー:片頭痛,頭痛
頭痛=片頭痛?   頭痛といえば、片頭痛というほど、片頭痛はポピュラーですが、実はよく分かっていません。   大阪 心斎橋の鍼灸院 天空にも頭痛を訴える患者さんの大部分の方が、「私の片頭痛は~」という感じで、お話をされます。   しかし、そのお話をよくうかがいますと、片頭痛の方は少なく、いわゆる緊張型頭痛の方がほとんどです。 &n
▼続きを読む

【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース

2016年4月6日4:44 PM カテゴリー:不眠症,症例
不眠症への鍼灸治療:患者さまの感想「すっかり良くなり、よく眠れるようになりました。」   ストレス社会といわれる現在、不眠症は年々増加しています。 厚生労働省の疫学調査で、5人に1人が、慢性の不眠症ということが推定されています。 大阪 心斎橋の鍼灸院 天空にも何らかの形で不眠症を訴えられ通院される方が、増えてきています。 不眠症は、不眠だけで止まらず、肩こり・腰
▼続きを読む

理解されない長引く痛み -頑固な慢性の痛みが鍼灸でなぜ治るのか-

2016年1月3日5:14 PM カテゴリー:線維筋痛症,難治疼痛
理解されない長引く痛みで代表的な病気と言えば、線維筋痛症や慢性広範囲疼痛症候群などがあります。 大阪 心斎橋の鍼灸院 天空にも、これらのことで悩んでおられ方が、多く通院されています。 あなたは、なぜ、鍼灸治療で難治性疼痛である線維筋痛症や慢性広範囲性疼痛症候群が改善すのか、疑問を感じていることでしょう。 今回は、頑固な慢性の痛みが、なぜ鍼灸治療で解消するのかについて紹介していきま
▼続きを読む

2015年度、鍼灸学会(福島県郡山市にて) ―うつ病の解説:福島県立医科大学 丹羽真一教授―

2015年11月3日11:17 AM カテゴリー:うつ病,学会・勉強会
近年、うつ病は増加傾向にあります。 今大会の全日本鍼灸学会におきましても、うつ病の講演がありましたので、ご紹介します。 演者は、福島県立医科大学の精神医学講座の教授、丹羽 真一先生です。 うつを訴え医療機関を受診される方は増えていますが、それ以上に、うつと気が付かずにからだの症状を訴えて、医療機関だけでなく、鍼灸院、整骨院などさまざまな医療保健施設で治療を受けておられる方は、もっ
▼続きを読む

【再燃性うつ病】 大阪市、40代、男性、鍼灸治療のケース

2015年8月13日11:32 AM カテゴリー:うつ病,症例
再燃性うつ病への鍼灸治療:患者さまの感想「うつ病を克服でき、事業を立ち上げることができました。」   朝日新聞が発行している雑誌アエラにもありましたが、好景気なのにうつ病が増えている傾向にあります。 これはタイトな期日、忙しくなっても人員が増えず、負担が増加するなどにあります。 働く人にかかるストレスが増え、また、長期にに渡りストレスがかかっていくことにより、うつ病が
▼続きを読む

2015年度、鍼灸学会(福島県郡山市にて) ―しびれの基礎と臨床―

2015年7月21日1:02 PM カテゴリー:しびれ,学会・勉強会
今年の全日本鍼灸学会は、福島県の郡山市にて開催されました。 会場は東日本大震災の際に避難所となった、ビックパレットでした。 今年は、弟子が2名なり、3人での参加となりました。2人とも初めての参加で、若干、緊張した様子でした。 来年度は5名で参加できればと思っています。 今回の「基礎と臨床の対話」は、「シビレ」がテーマでした。 しびれはなかなか厄介な症状です。 痛
▼続きを読む

【慢性広範囲疼痛症候群】大阪市在住、20代男性、鍼灸治療のケース

2015年1月11日10:04 AM カテゴリー:症例,線維筋痛症,難治疼痛
慢性広範囲疼痛症候群への鍼灸治療:患者さまの感想「2年間苦しんだ体中の痛みが意外に早く治りうれしかった。」 慢性広範囲疼痛症候群は聞きなれない病名ですが、近年、増えている病気にうちの一つです。 線維筋痛症という病気がありますが、これとよく似た病気で、この慢性広範囲疼痛症候群から、線維筋痛症に進むといわれています。 からだのあちらこちらに痛みが生じ、痛み止めなどが効きにくく、痛みが長引
▼続きを読む

2014年度、鍼灸学会(愛媛県松山市)にて 2日目の様子 -心とからだ-

2014年7月23日6:51 AM カテゴリー:学会・勉強会
前日に引き続き、学会2日目の様子を何回に分けて、ご紹介します。 1日目の様子→2014年度、鍼灸学会(愛媛県松山市)にて 1.心と遺伝子/筑波大学名誉教授/村上和雄先生 村上先生は、遺伝子研究の大家で、特にイネの遺伝子ゲノムの解読をされ有名です。 また、遺伝子にスイッチがあり、ON,OFFを繰り返しながら、調和を保ち働いていることも解明されています。 過去に、吉本興業と共同研究を
▼続きを読む

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。